カテゴリー「音楽(クラシック以外)」の記事

サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ

まさかまたこんな日を迎えられるとは思ってもみなかった。1941年生まれ、67歳のサイモンとガーファンクルの二人が16年ぶり3度目の日本公演を敢行、今日11日のドームにて二人のハーモニーを聴くことができた。

1960、70年代に活躍した往年のビッグアーティストを日本公演で見て、かつての面影が全くなく完全な中年のオヤジと化した姿に、愕然とすることがよくある

ところがポールとアートの佇まいを見ると、もちろんそれなりに歳を重ねた外見ではあるものの、その醸し出す雰囲気がかつての二人そのままなのには驚いてしまう

開始時間を10分ほど過ぎて、場内が暗転。オープニングでビジョンに映る映像は、二人の幼い頃からの写真に、時代を揺るがした歴史的な出来事も相俟う。

そして映像のバックに流れるのは、ボーカルレスの「America」だ。これだけですでに涙ぐむ。この曲は、私の最も好きなS&Gの曲なのだ。

「America」は、A面で人の一生を描いた組曲的アルバム『BOOKENDS』において、その若者時代を担う曲だ。

「僕」はキャシーに、「恋人になって財産を1つにしよう」と持ちかけて、「アメリカを探しに」いく。バスの中を描いた箇所は、映画を見ているようにその情景が伝わってくる

曲の展開もドラマティックで、最後たたみ掛けるように訴えかけておいて、すっと涼しい風が吹くように引いていく。

「僕」とキャシーは、自分を、真実を、探すのだが、結局見つからない。ここには、アメリカ60年代の挫折のなかで、アイデンティティ喪失に苦しむ若者が描かれていると言われる。

そして登場する二人。アートがポールを「古い友人です」と紹介する。そのまま第1曲は、「Old Friends」。

中学生のときにアルバム『BOOKENDS』の中のこの曲を聴いたときは、震撼させられたものだった。公園のベンチにすわる二人の老人。人生あとわずかとなった老人の孤独と絶望が切々と深く伝わってくる。まだ見ることを許されていない、知らない世界の扉が開いてしまったような感覚を覚えたものだ。

いっぽう歌詞に出てくる「70歳」まであとわずかのポールとアートを見ていると、そんな負の諸々も受け入れて、なお輝いていることに、逆に勇気をもらえる気がしてくる

2曲目は、「A Hazy Shade of Winter」。ドラマ「人間・失格」の主題歌として、日本の若い世代にもS&Gを知らしめた曲だ。日本の若い聴衆向けのサービスなのだろう。

3曲目は、「I Am a Rock」。「僕は岩、だから苦痛なんか感じない」というこの曲を聴いて自分を守ることに必死だった、中学時代に思いを馳せる。

そして4曲目は、前述の「America」。原曲とはアレンジを大きく変えている。

通常、自分の個人的な記憶と一体化した曲は、アレンジを変えずに聴きたいもの。ライヴで表情を変えて演奏されると、落胆することがほとんどだ。

しかし、今日のライヴは、多かれ少なかれどの曲もアレンジを変えていたものの、残念な気持ちは一切起こらなかった。それは、原盤の音楽を超えた次元で、二人の声と楽曲に大いなる普遍性があるからなのだろう

それにしても、なんという純度の高さ。二人のボーカルとポールのギター、という本当にシンプルなサウンドが、広い東京ドームをスピリチュアルな空間に変える。それは、数万人の観衆を浄化し、時代も空間も超えてどこまでも拡がっていきそうな気がしてくる。

そしてその後もS&G時代のヒット曲を続け、中間に二人のソロ曲を経て、「Bridge Over Troubled Water」で本編を終了。アンコールも「The Sounds of Silence」「The Boxer」などS&G時代のヒット曲で、ラストは陽気な「Cecilia」でクロージング。

もちろん、全盛期の声質と比較するのは酷というものだ。しかし、70歳近い年齢で数万人を感動させるパフォーマンスを繰り広げられるというのは、奇跡の為せる技だとしか言いようがない。

この日ここに立ち会えたことは、一生の宝となることだろう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

C221ついに全壊

愛用していたルボックスのCDプレイヤー、C221がついに全壊した

1994年末から、ハーベスのスピーカー、HL-COMPACT7、エレクトロコンパニエのアンプ、ECI-1の組み合わせで聴いてきて(→購入までの経緯はこちら)、すでに14年半。さすがにヨーロッパ製はなかなか壊れなかった。

これが国産だと、(回転系はすぐ壊れると昔から定評のあるS社製のものを除き)、たいてい6、7年程度でどこかおかしくなってきたものだ

それを考えると、14年半とは立派なもの。このCDプレイヤーは定価30万だったが、悠悠国産の半額のものを2台買ったと考えてもモトが取れる^^;

年始頃から、まずトレイが開けたあとに少し戻って止まるようになった。そのうち、輸入盤や古い盤が途中で停止するようになった。そして10日ほど前、純正国内盤の新譜も開始後10秒で止まってしまうようになった。

とりあえずラジカセを自室に搬入して凌いでいるが、このクオリティでオーディオを聴けなくなるのは、なかなか喪失感が大きい

ということで、さて次は何を買おうか思案に入っているが、常時新製品をチェックしているわけではないので、全く情報がない。が、久々のオーディオ購入の機会は、それもまた楽しみの1つだ。

秋葉原の輸入オーディオ店で、寡黙なベテラン店員に値踏みされながら試聴するのも一興。今から楽しみにしております^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

08年7月11日 松田聖子武道館LIVE

2000年8月1日の横浜アリーナ以来、8年ぶりに聖子さんのライヴに行ってきた。

【8年ぶりの訳は。。】

その前は確か1983年あたりから17年ほど、80年代後半は取材で関係者で入っていた時期も含め、ツアーには必ず足を運んでいた。

それがどうしてここ8年行っていなかったかと言うと、90年代後半は明らかにユーザー不在のライヴだなと思うことが続いていたからだ

ユーザーが望んでいるとは思えないような歌手やダンサーに、不必要なほどの時間を割く。初めての「アルバム・オリエンテッド」なアイドル歌手として、驚異的なアルバム曲のクォリティを誇っていたにもかかわらず、そんな佳曲の数々を扱わない毎度同じ通り一遍な選曲。また今年もか、というほど続いた企画コーナー。。

それでさすがにしばらく足が遠のいていたのだ

ところが21世紀に入ってから最近は、そこはすっかり改善されて良くなってきていると言う。だったら、久々に行ってみたいと思っていたところ、8年ぶりに行く展開となった。

【すっかりいいライヴでした^^】

確かにその通りだった。ニューアルバムから5曲ほど歌ったあとは、数曲ずつ、テーマでまとめていく。デビュー当時の曲を続けたかと思うと、バラードを新旧取り混ぜて扱う。そして、この時代だからこそ改めてその意義が深い「瑠璃色の地球」。

また最近は恒例になっているらしい、会場からのリクエスト。 「密林少女(ジャングル・ガール)」などはもう少し会場の反応を読んで欲しかったものの、本当にぶっつけでやっているようだから、すご過ぎるほどのユーザーオリエンテッドな企画。

そして、定番の「夏の扉」に、新定番の「涙がただこぼれるだけ」と、こちらも新旧織り交ぜての進化が見てとれる。

それにしても、ステージさばき、会場さばきの堂に入ってること。この年輪と風格はたいしたものだ。まあ客側も、28年前からずっと聴いている人も多いだろうから、だからこそのコミュニティ感覚なのでしょう。

また今回の席は1階西だったのだが、このよりステージに近い角度から見ると、武道館は本当にライヴハウスに見える。かつては巨大会場だった武道館。だが、平板に広いスタジアムやアリーナがこれだけ増えてくると、近さを保って座席が上方に拡がるこの会場は、ステージからの一体感も、より強烈なのだろう

自分も、いろんな時代の様々な局面で、その曲を聴いていた「自分と自分の気持ち」が懐かしい。これこそが、ポップス&ロックのライヴの醍醐味なことを、最近クラシックばかり行っているので、久々に体感できた一夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオの耐震対策

Photo部屋のスペースの都合で、保有のオーディオ機器をすべて縦置きにしている。

主に使用しているのは、いちばん下のエレクトロコンパニエのアンプとその上のルボックスのCDプレーヤー。

その上の、(上から)アナログプレーヤー、アナログプレイヤー接続用のアンプ、チューナー、カセットデッキ、MDプレーヤーは、現状、ほとんど使っていない。

ところで耐震という観点からすると、そもそも二段重ねにしているWAKATSUKIのオーディオラックじたいが非常に危険。

それで先日、設置後7年もたって、ようやく耐震ゲルを4枚はさんだ。

そうすると、今度は上のほうのパーツが気になってくる。そこで今回は、転落防止用に、チェーンを購入した。

新宿髙島屋併設の東急ハンズには、かなりの種類のチェーンを取り揃えてある。ここで、2メートル30センチ分の金色のものを2本購入した。

これは、8キロの重さにまで耐えられるという。しかし、そんな程度で大震災の際に、持ちこたえられるのだろうか。店員の人いわく、

「本当にすごいことになったら、それこそ壁から何から倒壊するわけだから、そこまでのことを考えても仕方ない」

ということだった。かなり納得。というわけで、さっそく上下のラックと4つのパーツを巻くかたちでのセッティングを完了した。

確かにこんなことをしても、すべてがまるごと倒れてきたら、どうしようもない。対面には先日購入した1,000枚入りのCD棚もある。

この間で寝ていて、大震災でオーディオとCDの下敷きになって死んだら、それこそ葬式のトークも「本望だろう」でまとめやすいのかも知れません^^;

| | コメント (11) | トラックバック (0)

オルトフォンのケーブル、7.8N-SPK7800を再セット

Ort78今日は、オーディオラックの掃除をした流れで、愛用しているスピーカーケーブル、オルトフォンの7.8N-SPK7800をスピーカーとアンプに設定し直した

このスピーカーケーブル、今のオーディオを買い揃えたときに(その話しはこちら→「ニコレのウェーバーとオーディオ」)、同時に購入したもの。

なんと、1メートル\19,000。3メートル買ったので、\57,000。ややめまいがする価格だったが、老舗のオーディオメーカー、デンマークのオルトフォンが誇る製品だけあって、価格以上の満足感がある逸品だ。

さて、まずはアンプとスピーカーから、ケーブルをはずす。このケーブル、直径が1センチ強もあり、まるで一見ゴムホースのようだ

003_2その厚い外側のゴムの部分を切ると、紙と糸に包まれた赤白のケーブルが登場する。これをさらに剥くと、ようやく赤白につき各5種類の銅線が出てくるのだ。

スピーカー側は5センチ、アンプ側は1センチ程度カットし、新しい部分を露出させる。

ところで所有のアンプ、エレクトロコンパニエのほうは、銅線を通すホールに充分な大きさを確している。

いっぽうスピーカーのハーベスのほうは、ややホールが小さい。苦慮していたところ、オーディオ評論家の石田善之氏に「stereo」誌の取材でクリニックに来てもらったときに、ベストなやり方を教えてもらった

銅線を7つに分けて細く撚り、1本ずつホールに通していくのだ。ベストといっても、それでもなお、かなりしんどい作業。。。

005約1時間ほどかけて、ようやくアンプとスピーカーへのリ・セットが完了する。

最初に聴いてみたのは、内田光子のピアノによる、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「ハンマークラヴィーア」。

いきなりの、思い切りクリアでシャープな音。知らず知らずのうちに劣化していた音質が改めて復活した感じで、毎度の苦労のし甲斐がありました^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「スミ商会」07年10月20日閉店(4)

祖師ヶ谷大蔵のレコード店「スミ商会」07年10月20日閉店」 「「スミ商会」の閉店割引セール(1)」 「「スミ商会」の閉店割引セール(2)」 とこのテーマで3回にわたって書いたきたが、先週10月20日、5週間の割引きセールを経て、「スミ商会」が閉店した。

010もちろんそれまでもときどきお店に顔を出していたが、この5週間は、それまでにないペースでお店をのぞきに行った

それは他の人たちも同じだったようで、この5週間、いつになく店はにぎわっていた淡々と最後の仕事をこなすご夫婦の姿が印象的だった

自分は、3割引き週に3枚、4割引き週に8枚のCDを購入したことは前回書いたが、結局それ以降はシングルを1枚買ったのみだった

というのも、2割引きから始まって6割引きで終わるこのセール、3割引きから4割引きに移行するあたりに、狙いどころのCDが一気に売れたしまったのだ

なぜこのあたりに集中したのかの真相は、もちろん不明だ。が、実は自分もこのあたりに買っているのだから、つまりは「定価では買わないCD」の値頃感がそのあたりだった、ということなのだろう。

LPでは持っているがCDで買い直すのは躊躇していたものアルバムを全部揃えるほどファンではないがいくつか気になるヒット曲があるJ-POPアーティスト新譜のタイミングで買い損なって時間が経ってしまったものいつかは買いたいものだがそのタイミングがなかなかないもの。。。

そんな「定価では買わないCD」は、3~4割引きがぴったりだったのだ。

とくに、クラシックの売れ方は興味深かった。4割引き週に、一気にはけていった。先ほどの区分けでいくと「いつかは買いたいものだが~」のパターンなのだろう。そのあとは、ジャズが一気に減った。

そして最終日まで残っていたのは、旬を過ぎたJ-POPものが中心だった。音楽の時代性と普遍性が、くっきりと消費動向に現われたかたちだった。きちんと分析すれば、かなり貴重なマーケティング資料になるだろう。

しかし、商品のない店内はさびしいものだ。ご夫妻に、お疲れ様で小さい花束をプレゼントし、店を後にした。

一つの時代には当然のように存在したものが、無くなっていく。それもまた時の流れの必然なのだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

CD1000枚収容棚を設置

004_3CDが増えてくる。でも、そうそうは処分できない。そこで、有限のスペースのなかでの、収納の工夫が必要となる

これまで、自室では2500枚収納の3段スライド棚(写真左)と、600枚収納の棚(ここには写っていませんがこの右側にあります)の2つでなんとかやりくりしていた

が、すでに数百枚がはみ出しており、先週新たに1000枚収納の棚(写真右)を購入、本日、搬入された

はみ出しているCDを、新たなカテゴリー分けをしながら新しく買った棚に収納していくのは、かなり楽しい作業だ。

今回左の3段スライド棚前面にあるクラシックものは、すべて新しい棚に移した

そのあいた前面のスペースは、右に洋楽系(ジャズ、ブラジル、ワールド、ロック&ポップス)、左に邦楽系(J-POP、純邦楽、沖縄音楽)で、固めることができた。クラシックのメインどころは、写真に写っていない600枚棚と、新しい棚で展開することにした。

005_2ところでクラシックは、分類が非常に難しい。なにしろ大型ショップでも、作曲家別、ジャンル別、アーティスト別が混在する。

自分の場合は、この3つの分類に加え、自分のベスト、新着、全集もの、コンピレーション系、あまり聴かないもの、などもカテゴリーにしているから、さらに収拾がつかなくなっている。

とりあえず今回の新しい棚には、80枚近くあるシベリウスのCDを1列に置いた。それからその下に、150枚程度にしぼっているオールジャンルのマイベストを2列分並べた。壮観で少し嬉しい^^

しかし、なんだかんだであっといういう間にスペースが埋まってしまった。すでにこのオーディオルームは、部屋というより物置に近くなってきているし、これ以上の棚の設置は無理なのだ。

今後はこの4000枚のスペースでやりくりしていかないと、と思いつつ、またしばらくすると一気にはみ出していくのが、容易に予想されます^^; 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソルボセイン2枚敷きで音質が激変!

003_3僕が今のオーディオを購入したいきさつについては、06年9月22日の記事、「ニコレのウェーバーとオーディオ」に書いた。

それ以来約12年、この、ルボックスのCDプレーヤー、エレクトロコンパニエのアンプ、ハーベスのスピーカーという、ヨーロッパ製品の組み合わせによる響きを堪能しているのだが、さすがに同じ音を聴いていると、変化が欲しくなる。

そんななか、先月は娘の友達のお父様が元音響メーカーの技術者ということがわかり、娘たち2人と4人でランチをしたあと、家に音を試聴しにきてもらった

エンジニア氏いわく、一般家庭でここまでの音はなかなか聴いたことはないが、このセットの能力はまだまだ出ていない。もっといろいろ工夫はできるはずだ、とのこと。

いくつかのアドバイスをいただいたが、例えば「今のコンクリートブロックを大理石のブロックに変えて、ビロードを巻く」などは、すぐにできそうもない。

そんななか、以前「stereo」誌にクリニックに来てもらったときの、オーディオ評論家石田善之氏のアドバイスを急に思い出した。それは、「ソルボセインの1枚敷き、2枚敷きは、好みですね」というものだった。

002そこで、さっそくそれまでのソルボセイン1枚敷きを2枚敷きに変更

するとびっくり! 音質が劇的にまろやかになり、艶が出るようになった

なかでも、ここのところの愛聴盤、ヒラリー・ハーンのバッハのCDで、ヴァイオリンの音が格段に艶やかに響くようになったのだ。

一度劇的に音が変わると、手持ちのCDを全部試してみたくなり、一気に自宅でCDを聴く楽しみが拡がるのだ

ここのところ、CDの大人買いに走っている理由の一端は、ここにもあったのでした^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「スミ商会」の閉店割引セール(2)

001_3祖師ヶ谷大蔵のレコード店「スミ商会」07年10月20日閉店」「「スミ商会」の閉店割引セール(1)」の記事で書いたように、「スミ商会」の閉店セールが継続中だ。

さて、これまで、下記のCDを購入した。

<3割引き週>

○エンヤ:「アマランタイン」

 →なぜか買いそびれていた05年新譜

○NAMIE AMURO:「LOVE ENHANCED」

 →前期のベストだけ持っていた

○浜崎あゆみ:「BEST」

 →こういうものはこういうときでないとなかなか買わないので^^

<4割引き週>

○カラヤン指揮ベルリンフィル、ツィマーマン(ピアノ):シューマン&グリーグピアノ協奏曲

 →ツィマーマンの作品は全部集めようと思っているのですが、なかなか。。

○ベーム指揮ベルリンドイツオペラ管弦楽団:「フィガロの結婚」

 →こないだ「ショーシャンクの空に」を見て自宅のCDを探したのだが、CDを持っていなかった!

○ブーレーズ指揮クリーヴランド管NYフィル:ストラヴィンスキー「春の祭典」

 →グラモフォン盤はCDがあるが、これはLPでしか持っていなかった。

○山下達郎:「ON THE STREET CORNER 1」

 →ご存知不朽の名作。LPのみ所有。

○山下達郎:「ON THE STREET CORNER 2」

 →同上。リリース時、競合他社の雑誌に取材を持っていかれて悔しい思いをした。

○チェリッシュ:「ベスト」

 →3rdシングル「ひまわりの小径」は、今聴いても絶品中の絶品です!

○「ワールドミュージックベスト」

 →へんな国のものが多くてつい^^;

○「グレンミラー物語」オリジナルサウンドトラック

 →こういうのもこういう機会でないと。。

しかし4割引きだと、8枚買って10,000円でお釣りが来るのには感動^^ ついに買えば買うほど得するモードに突入。。

ところで、3割引き週から4割引き週にかけて、あたりをつけていたものが、どっとなくなっていた。キース・ジャレット、ジョン・コルトレーン、ビル・エバンスのややマイナーな盤、レッド・ツェッペリン、エンヤ、大塚愛のDVD、ピンクレディーのベスト、あゆのベスト2、などなど。

それからこの間にタワーレコードで下記を買ったのだが、ツィマーマンは、スミ商会にもあって、失敗^^;

○デイヴィス指揮ロンドン響、キーシン(ピアノ):モーツァルト(24番)&シューマンピアノ協奏曲

 →気になっていた新譜。

○ツィマーマン:ショパン「4つのバラード、舟歌、幻想曲」

 →これがスミ商会にもあった><

○ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ:ベートーヴェン交響曲5番&7番

 →これも気になっていた新譜。

○リパッティ(ピアノ):モーツァルト(21番)&ショパン(1番)ピアノ協奏曲

 →往年の赤いジャケでの再発。

しばらく演奏会の比重が大きかったのだが、久々にCDの大人買いモード。しかしいったい、いつ聴くんだ

「「スミ商会」07年10月20日閉店(4)」に続く。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「スミ商会」の閉店割引セール(1)

先日、「祖師ヶ谷大蔵のレコード店「スミ商会」10月20日閉店」と題する記事をアップし、閉店に関する残念な思い、街のレコード店を取り巻く状況などについて書いた。

いっぽう気になるのは閉店セールで、23日日曜から2週め、3割引きセールに入った。

これまでの経験でも、毎週割引き率が上がっていく売り尽くしセールというのは、なかなかない。今週が3割引き、来週が4割引き、再来週が5割引き、そして最後の週が6割引きなのだ。

つまり、待てば待つほど、安くなる。しかし、欲しい商品はいつ売れてしまうか、わからない。まさに、「逆オークション」。

そこで、戦略(と言うほど大袈裟ではありませんが)を立てた。

まずは全店を見渡し、だいたいのアタリをつける。J-POP、洋楽などの売れ筋はすぐに、それほどでもないものは翌週ぐらいに買う。その次は、コアジャンルのなかではライト層ユーザーに拡がりがあるクラシックそれからジャズ。最後に、たぶん需要が最も低そうな沖縄、ブラジル、など各国系

ところが、困ったことに気付いた。そもそも、これまで保有したり処分したりしてきたディスクのタイトルが膨大過ぎて、いちいちCDを持っているか否かが、わからないのだ。とくに、古いものはLPで持っていたことは記憶していても、それをCDで買い直したかどうかの記憶がない。

そんなときは、ダブりなど気にせず買ってしまえばいいのだが、さすがに自宅も近いので、今回は一度冷静になって自宅に戻り、気になっているアーティスト中心に調べてみた。すると、当然保有すべきものを持っていなかったりもする。

ということで、24日は、「買えば買うほど得だ」モードに陥らないようにつとめて冷静に、メジャーなJ-POPもののベスト盤と、買い損ねていたここ2年以内リリースの洋楽の新譜を数枚買ってきた。

しかし、これまでずっとオールジャンルで音楽を聴いてきた自分にとって、街のショップ1店分と自分のレパートリーを比べるという大掛かりな作業は、自分の音楽嗜好の変遷を俯瞰するようで、なかなか滅多にない機会になった。

スミ商会のご夫妻とも話をしたが、もう40年以上やってきて歳も歳なので、今までできなかったことをいろいろやりたいそうだ

そういう意味では、レコード店という1つの小売り形態を通して大きな時代のうねりを見つめ続け、そして急速なIT化が既存の産業を破壊するなかで老後を迎えられる、というのは少々うらやましいことなのかも知れない。

「スミ商会」の閉店割引セール(2)に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)