カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

SAGA 佐賀

3日ほど佐賀に行ってきた。22年ぶりだ

佐賀の諸富には、叔母2人が住んでいる築130年の家がある。写真を見て「トトロの家、いつか行ってみたい」と言っていた小さかった娘も大学進学が決まり、いい機会なので訪ねてみることにしたのだ。

佐賀の田舎ぶりは、歌に歌われるほど。駅前や県庁辺りから少し離れただけで広がる田園風景は、あいも変わらずだ。というか、ますます過疎な感じが進行しているような気がしないでもない。

諸富の家は相変わらずだった。ますます風格を増していたというか。中に入るとすっかり異空間だ。なんだか、(意味合いが逆転しているが)テーマパークに入ったようだ^^;

ここからほど近い筑後川まで車を走らせる。川の反対側は、のだめの最終回のクライマックスシーンで使われた、大川だ。中学生のときに、蒸気機関車の写真を撮影するためにここに訪れた。当時の佐賀線の可動橋は、今は鉄道が廃線となったため、長い長い歩道橋になっているのだ。

見慣れぬ鳥が集団で川岸を歩いている。飛んで初めてわかったのだが、かもめの集団だった。羽を広げると大きく見えるのだが、普通にしているとこんなに小さかったのか。

夕食をどうしようかと、叔母に繁華街はどのへんか聞いたのだが、「ない」とのこと。実際に駅前通りを散策してみたが、確かにその通りだ。そんななか、今働いている会社の看板が突如目の前に現れて、おぉっと驚く^^;

翌日は佐賀の銘菓、まるぼうろを買いに、「北島」のお店に寄った。北島のまるぼうろを食べるのも何十年ぶりだろうか。最近人に説明するときは、「クッキーとカステラの真ん中ぐらいのお菓子」と表現する。その絶妙な食感に、幼少時代これをよくおやつにしていた時分を思い出す。

佐賀空港への道は、これまたとてつもなく何もなく、一面に畑とたんぼが広がる。視界が広過ぎて、オアフ島のノースへの道をふっと思い出しました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009謹賀新年 ~元旦からありえない。。

あけましておめでとうございます。しかし、元旦からありえないことが。。

昼前にマンションの郵便受けに行くと、年賀状が来ていない。こんな時間なのに? と思って周囲を見ると、他のボックスには入っている。それでもしかしてと思い、周囲のボックスをのぞくと、なんと2つ隣りの知人のところに自分宛の年賀状が束で入っているではないか

やる気も使命感もない配達員が、よく確かめもせず何の疑問も持たずに適当に投げ込んだのだろう。不幸中の幸い、この知人が在宅だったので、一緒に取り出してもらい、受け取ることができた。しかし、これが1つ隣りのボックスだったら、この部屋は事務所で使用しているようなので、来週になるまで回収することができなかったのだ。

元旦からクレームもどうかと思ったが、言うべきことは言わないと、と郵便局に電話して、事実関係と遺憾の意を伝える

それでやれやれと思って気がついたが、なんと新聞も来ていない。こちらも配達所に連絡し、早々に届けてもらう。

まったく、恙無く年始を終えた年でも、ダメだった年はダメだったわけで、これで自分の今年を占うつもりもない。それよりむしろ、日本人の労働に対するモチベーションが、下がっていると結論付けざるをえないほうが問題だろう。昨今の社会情勢を鑑みるに、今後このようなことが普通に起こっても、仕方ないと思わざるを得ないのだろうか。

自分の運勢よりも、日本の今後を憂いたくなる元旦の出来事だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月③ 「刑事コロンボ完全版」を購入、校了と仕事納め

12月23日:

「刑事コロンボ完全版コンプリートDVD-BOX(全23枚・45話)」をヤフオクで落札^^。2、3年前に有料チャンネルでやっていて、中学生以来で観て懐かしく・・・で、このコンプリートが最近気になっていたのだが、ヤフオクをのぞいてみたら、定価\26,250のところ、希望落札価格が\17,000~18,000で出品されており・・・いきなり希望落札で大人買い^^; 出品者から2日間連絡がなかったものの、26日に発送完了の連絡が入り、正月休みになんとか間に合うか・・・というタイミングです^^

12月24日:

1月刊行『論文試験の秘伝』をようやく校了。8月からマラソンのような感じで作ってきたので、かなりの達成感だ。フィニッシュで年をまたぐと非常に気になるので、年内に決着するのはなんともいい感じです^^

12月25日:

先月IT企業I社の幹部の方に連れていってもらった、骨董通りの「真鴨堂」にて、歓迎会&プチ忘年会。前回は先方持ちでお値段がわからなかったのだが、今日は1割引き入って、一人あたり¥6,000強。店の雰囲気と料理の質にしては、けっこうリーズナブルで満足でした

12月26日:

仕事納め。年に一度のこのクロージング感は、格別です。今年は、編集部のマネジメントをしながら、自分でも新刊15冊つくって、中でも11月刊「あの映画は何人みれば儲かるのか?」ではかなりプロモーションにも動き、また春には簿記3級を取得したりと、仕事したな~という1年でした。

会社の同僚から、芦原妃名子「砂時計」の続き、3~10巻を借りてきて読破。せっかくの絶妙な展開だったが、ラストだけいま二つぐらいな感じ。。、10巻が番外編と知らずに読んでたことも大きく起因して、ちょっと拍子抜けでした^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月② 訃報、バレエ『くるみ割り人形』全幕

12月19日:

11月刊行『あの映画は何人みれば儲かるのか?』の著者・税理士の松尾里央さんこの本を大々的にプロモーションしてくれた前職エンタメ系O社の面々。両者初顔合わせで六本木で打上げ。自分のキャリアは、音楽・エンタメ系と、資格・ビジネス系、と、かなり対極なのだが、それぞれの知己が一堂に会するのはなんだか感慨深い。

2次会は久々のカラオケ。1次会の後は必ずカラオケだった90年代を思い出して、懐かしい。24時過ぎ、かつての通勤路だった六本木交差点から乃木坂までを歩き、街の変遷とともに時代の流れを感じる。。

12月20日:

成城学園のフレンチ「アシエット」でランチ。ここは本当に優雅な気分にひたれる隠れ家のような店。その足で、知人のお見舞いに宮崎台の病院へ。家に戻ると、小学校時代の友人母の訃報のハガキが

代々木の大きなご自宅には、数え切れないほど遊びに行った。快活で行動的で昭和のあの時代の中では一際モダンなお母さんで、東京から車でスキーに連れていってもらったりもした。高校3年になってまで、なかなか受験勉強をしない自分は、電話で怒られたものだった。。

12月21日:

すでにご親族だけで葬儀を済まされているということで、新大久保のご自宅まで遺影にお別れに。想い出を語る。

その足で、五反田ゆうぽうとにて、松山バレエ団『くるみ割り人形』全幕。

バレエ自体、今年久々に「火の鳥」「春の祭典」を観に行ったのだが、くるみ全幕を生で観るのは、さらにいつ以来なのかも記憶にないぐらい。

コアなバレエファンから、松山は高齢化していますよ! と言われていたのだが。ふだん音楽だけで聴いているくるみをバレエで付きで全幕観て(この捉え方自体が逆なのだが)、そのたたみかけるようなめくるめく豪華絢爛さには、すっかりテンションが上がる

くるみは音楽だけでも色彩感豊かでドラマティックなのに、色とりどりの衣装、舞台、そしてバレエとあいまって、チャイコの描いたくるみの全体像を堪能し尽くし、満足でした。

オケは二線級、音もデッド、高齢化松山、それでもこれだけ圧巻なのだから、世界の一流どころで観たらどんなにかすごいのだろう。来年はオケばかりでなく、バレエもメインどころをいくつか観てみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月① ベームの第九、ドゥダメル&シモン・ボリバル、飲みの日々

12月6日:

気持ち的に年末モードになってきたので、今年もカール・ベーム指揮、ウィーンフィルの、70年録音のほうの第九を聴く。派手さや奇をてらうことのない整然とした展開なのだが、だからこそ精神的な内なる迸りが感動を産むこの録音は、後にも先にも第九のマイベストだ。

12月11、12日:

社内の委員会、社外の取引先との忘年会。今年の12月は、例年になく飲みの機会が多い。かなりのコアオケファンの取引先のS氏と話していると、来週チケットを買っているドゥダメルの同じ日の公演に行くとのこと。全世界が注目するドゥダメルとシモン・ボリバルにますます期待が高まる。

12月13日:

娘と幼稚園から高校まで一緒の友達のお母さんが今週、急逝。同じ年齢の知人の死はかなりこたえる。葬儀に出られなかったので、お別れにご自宅を訪問。。

夜は、真央&キムヨナの、ハチャトゥリアン&リムスキー = コルサコフ対決に心酔^^;

12月15日:

1月刊行『論文対策の秘伝』の著者Y先生から、再校著者校を受け取り。先生の作業はこれでフィニッシュなので、忘年会兼ねて新宿で軽く打上げ。呼吸が合った著者先生と本をつくっていく仕事は趣味以上に楽しく、それは先生も同じなようで、話は第3作めの企画案に。

帰宅して、4月のルイジ指揮ドレスデン国立歌劇場管のチケットをネットで購入。指揮者違いで、再びドレスデンのブラ4が聴ける

12月16日:

帰りの小田急線で、友人と飲みの予定をメールで調整。していたら、なんと対面にすわっていた。というドラマなら「ありえねぇ~」と突っ込むようなことが現実に^^; せっかくなのでそのまま軽く飲み^^

12月17日:

グスターボ・ドゥダメル指揮、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ、東京芸術劇場公演を聴く。

しかし、これまで自分はこのオケのことを「エンタテインメント性も併せ持つ、コアオケ」と思っていたのだが、今日の演奏を聴く限りは、「コアな曲もなかなかやる、エンタテインメントオケ」と認識を改めるべきなのかなと思った。

なので、全体的な音色とか、ダフニスの木管の分散和音がどうのとか、チャイ5の2楽章のアゴーギクがとか、そういうことを論っても意味がないのだ。

そう思うと、チャイ5のチューバ2、トランペット4、トロンボーン6、ホルン8、ぎゅうぎゅう詰めの弦、なんかも、大いに楽しめる。聴いたことない音量のチャイ5だ。静かなところで譜面台を倒すのもご愛嬌^^ 翌日国際フォーラムAでやる理由が、やっとわかった。CDを聴いて思っていた、人類の明るい未来への希望を感じるところは変わらない夏フェスとかで、ビール飲んで芝生で寝ながら聴いてみたい

終わって、友人Mと先の取引先Sさんと、コア話ししながら飲み。久々の飲みの毎日^^;

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月~12月 「仮面舞踏会」、「『あの映画は~』本『AneCan』に掲載」、「砂時計」

11月30日:

今年の女子フィギュア、浅田真央のフリーの演技には、ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」から「ワルツ」が使用されている。たいていの場合、フィギュアの音楽はツギハギなのだが、このハチャトゥリアンは1曲が堂々そのまま使用されているのだ。これまでそれほど聴いてこなかった曲だが、真央ちゃんのフランス杯からNHK杯への復活劇のBGMとして聴いているうちに、劇的な雰囲気が増幅され、すっかり魅了される。しかし自宅にあるCD、ラザレフ指揮ボリショイ交響楽団の演奏は、なんとも緊張感がなく、真央ちゃんバージョンの録音が何か、気になる^^;

12月1日:

11月1日に刊行した『あの映画は何人みれば儲かるのか?』の雑誌取材に著者と同席。ふと考えると、取材側編集、インタビュアー、取材対象者、になったことはあるが、取材される側のスタッフの立場は初めてかも^^; これで4役すべて経験だ(だからなんだ)。 終了後、著者をお連れして社内と編集部にあいさつまわりしてから、ご執筆お疲れさまの飲み。引き続きの連載企画と書き下ろし企画について、ブレストする。

12月3日:

ITソリューション会社I社のO部長に本のプロモーションに行った流れで、Y本部長も加わり青山の骨董通りから少し入った「真鴨堂」で飲み。お二人とは、前の会社でちょっと間違ってITや経営企画をやっていた時代の知り合いなので、初めて出版・編集という本来の自分に戻った立場でお会いする。いっぽう現在O氏は、モバイルでデジタル&リアルの出版コンテンツのコマースサイトを展開しており、なんだか強い縁を感じることしきり。

12月4日:

「君に届け」(椎名軽穂)7巻、「砂時計」(芦原妃名子)1、2巻を会社で借りてきて読むオヤジの乙女心を直撃。とくに「砂時計」はいいかも^^;

12月5日:

『あの映画は何人みれば儲かるのか?』のパブの一環で、土曜の『スマステーション』OAが決まり著者取材まで終了していたのだが、局上層部が某事務所に気を遣い?これがボツ>< 意気消沈していたのだが、いっぽう7日発売の『AneCan』には無事掲載され、編集部より見本誌が届く。調子のいい雑誌は、表紙から勢いをびしびしと感じるものだが、エビちゃん移籍で絶好調の『AneCan』は、まさにそんな感じ。『スマステ』のボツを補って余りある元気をもらう^^

12月6日:

来年3月の、トリフォニーでのハーディング指揮、新日フィルの幻想を購入。また勢いで、同じく3月の東京交響楽団演奏、「冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン」(オペラシティ)も購入^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 「ミョンフン氏懇親会に参加」、「X'mas『くるみ』を購入」、「祖師ヶ谷『鈴木』が閉店」

11月21日:

東フィルオペラシティ定期から早めに帰って来ると、生で聴いた08年9月23日のウィーン・フィル公演をテレビで放映中。チャイ5には間に合い、録画。自分が生で聴いた演奏だと、テレビの音質でも記憶で上書きされ、本物を聴いたときの感動がよみがえる^^ その後、休みのたびに繰り返し観ている状態。それぐらいこの演奏は素晴らしかった。

11月22日:

チョン・ミョンフン氏オフィシャルFC主催で、ご本人を囲む懇親会が開催され、初参加。なんと、参加者全員と1対1で話す機会も設けられる。せっかくの機会なので、通訳の方を介さずに英語で話し始めるが、しばらく英語で会話をしていないので氏の話が7割がたしか理解できないことに気付く^^; そんななかでも、氏の音楽と曲に対する深い尊敬の想いを感じ取ることができ、貴重な体験だった。

11月25日:

今年は編集者の中途採用を推進しているが、先週金曜にSさんが入社、今日ランチでゆっくり話す。多様なキャリアを持つ編集がこの半年で4人入ってくれて、ますますの戦力アップが心強い。

11月26日:

1月新刊『論文試験の秘伝』の著者Y先生と、打合せのあと、神保町の「レストラン七條」でランチ。この店はいつも行列ができる人気の店だそうで、実際13時少し前に到着したのだが、この時間でも10人ほど並んでいた。大きくまっすぐなエビフライ定食を食べてから、喫茶店に移動。Y先生とはここ1年半ぐらいのお付き合いなのだが、年齢も近く出身大学も同じ、オーケストラとかつての鉄道の趣味まで合っており。。^^; いつものようにまったりとお茶しつつ、販売戦略などを話す。

11月28日:

今年こそは年末に行こうと思っていたバレエ「くるみ割り人形」を、松山バレエ団で購入。「松山は高齢化してますよ!」との声もあったけれど、今年はとにかく行ければいいかと^^;

11月30日:

祖師ヶ谷大蔵の名店、肉の「鈴木」が今日で閉店。ここの松坂牛を使ったコロッケが、昔懐かしい味の逸品だったのだが、もう二度と食べられないのはなんとも残念。閉店のニュースは、mixiの祖師ヶ谷大蔵コミュで知り、大いに助かったのだが、いっぽう情報が周知されることで、ここのところ大行列が続く。最終日になんとかタイミングが合い、かみしめながら、最後の3個を食了。。後継者がいなく、貴重な財産が伝承されないのは、こんな都会の街でも同じ。気付くと、商店街はチェーン店だらけなのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月~11月② 「ローマの松」、「首里天」、テニス、祝賀会、東フィル定期継続

11月1日:

家のなかのいろんなものが、壊れていたまま放置されていたので、車を売る前はよく行った用賀のコジマへバスで^^; エアコン、プリンター、デジカメなどを一気に買って、全部で20万超。まとめて買うと高くつく。。

11月2日:

アイスランド響4日連続演奏会中止につき、それで控えてた日フィル演奏会のチケットを購入、「ローマの松」を堪能(→記事参照

11月5日:

一連のバタバタでご無沙汰してしまっていた横浜のY先生を訪ね、写真集企画の詳細打ち合わせ

11月6日:

急遽お誘い頂き、オペラシティにてインチョン市立合唱団。なかなか仕事がフィニッシュせず、休憩前に到着。ロビーで聴いたウ・ヒョウウォンの「8つの笑い声」に圧倒される。後半は日本の童謡、韓流などややポピュラーな曲目ながらもその引き締まった声の集合体の圧力は相当なものがあり、前半を聴けなかったのが残念

11月7日:

1日発売の新刊『あの映画は何人みれば儲かるのか?』が、夕方に増刷決定^^ 嬉しい緊急対応に追われる。

夜は、恵比寿の「首里天」で沖縄料理。ここは初めてだったが、これがなかなか上品なテイストで美味。

11月8日:

久々の定例テニスに参加。いきなりそこそこのレベル4人でのダブルスになる。試合は1-4からねばって、6-5で勝利。スポーツでしか味わえないこの快感は、とにかく格別だ。けれど、そのあと胃痛に見舞われ、終了。。

11月13日:

最初の会社のOBOGが集合した、「音盤考現学」吉田秀和賞の祝賀会で幹事を担当。この出版社を辞めて15年になるので、勤務時代は記憶の彼方なのだが。。久々に近い世代の人たちが11人も集まると、すっかり当時の感覚がよみがえる。

会自体はよかったのだが、何回か行って感じがいいと思ってた渋谷の店「U」、着いたらそこで初めて2時間で終了してくれと。「そんな話聞いてないし、いきなり言われても困る」とプチ切れし続けながら飲み、久々に飲み過ぎ。。

11月15日:

東フィルの定期会員の継続手続き。今期2008年度はオペラシティに鞍替えしていたが、2009年度はサントリーに復帰。いい具合のB席、A席がなかったので、今回はLCにして、東フィル定期初のS席にする

11月16日:

オグシオの最終戦をテレビ観戦。2セットとも競ったなかで、ラストの連続ポイントによる逆転は圧巻。2-0で有終の美を飾る。「スポーツ美人」はたいてい少しゲタをはかせて語られるが、潮田さんは本当に別格とあらためて思う^^;

11月21日:

東フィルオペラシティ定期。チョン・ミョンフン指揮、ルトスワフスキのピアノ協奏曲はツィメルマン、マーラーの4番は森麻季さんと、豪華アーティストの共演・饗宴^^

ツィメルマンは初めて生で聴くのだが、ラフマニノフのピアノ協奏曲の録音で聴ける、ダイヤモンドの粒がガラスに弾けて煌くような音はそのままで、高音の美しさは絶品。森麻季さんは産後まもないという話だが、なんだか顔がまんまるで、もっと美人の別人かと思いながら聴いておりました^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月~11月① 『時をかける少女』、『20世紀少年』、『あの映画は何人みれば儲かるのか?』

夏がデフォルトの体質な自分にとって毎年11月は、寒くなって陽が短くなるにつれ気が滅入る季節なのですが、今年はなんだか非常にバタバタしており・・・そんなことも感じる間もなく、日々がすごいスピードで流れています。

10月14日:

企画・編集に携わっていた書籍『あの映画は何人みれば儲かるのか?』の見本がようやくあがる。発売日の11月1日にあわせ、前に勤めてたエンタメ会社O社を中心にパブリシティを企画。当時のO社幹部仲間たちに会い、パブ仕込みのあと飲みの日々。久々にCEOにも面会^^;

10月16日:

東フィルオペラシティ定期。プレトニョフ指揮。「ダフニスとクロエ」第2組曲は、独特過ぎてすでに印象にないぐらい。フレーズをねばっこく持っていくタイプの演奏が好きな自分の好みとは対極だった覚えが。冒頭は、楽譜とも違って聞こえた。。上記の新刊の緊急な電話連絡などあり、休憩で出て、後半のショスタコは聴かずじまい。。

10月17日:

最初の会社の同期と後輩が独立して立ち上げた出版社、アルテスパブリッシング。そのデビュー作「音盤考現学」が吉田秀和賞を獲得、その祝賀会をやろうと、その会社の大先輩と、2人では初めて?飲み、プランニング開始。

10月19日:

誕生日の夕方は家に一人だったので、HDDに入れてあった確か2006年、アニメ版「時をかける少女」を観る。最初のタイムリープに至るシーンに、バッハのゴルドベルク変奏曲が使われており、このテンポ感はたぶんグールドの1981年録音の感じ! 

原作とは大きく離れた展開とこのゴルトベルクが非常に印象的で、これ以来今日に到るまでほぼ毎日、グールドの1955年録音と1981年録音のものを交互に聴いています^^

10月22日:

例の新刊の仕込みにちょこっと余裕ができ、映画通のOさんのお誘いで、「20世紀少年」を観にいく。Oさんとは確か歳が2つ違いだが、この作品の主人公はそのちょうど間の1959年生まれにあたる。まさに同世代感あふれる設定はいろいろなことがなつかしく、また多くのマンガやテレビなどのオマージュになっている箇所も多く、もちろん映画自体もおもしろく、あっというまの2時間だった。

10月26日:

早稲田大学の卒業25周年ホームカミングデイに参加(→記事参照

11月1日:

前述の『あの映画は何人みれば儲かるのか?』が発売。パブリシティ予定の、oriconstyle、yahoo!ニュース、mixiニュース、シネマカフェ、エンタMEナビなどが、いっせいにオープン。久々の書籍の仕掛けだったが、あらためて世の中ネット時代だな~と痛感。新宿紀伊國屋本店では、先行発売から1階ワゴン、1階新刊、3階会計、6階映画、のコーナーで展開していただく。

おかげさまで、初速好調。あらためて、メディア展開でお世話になった皆様、口コミで広めたり買ってくださった皆様にお礼を申し上げます

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田大学ホームカミングデイ

Archives1_3卒業から25年、なんと四半世紀。。08年10月26日の日曜、早稲田大学のホームカミングデイに参加してきました

対象者は、卒業25周年から50周年までの卒業生。47歳前後から72歳前後までの人が、5年刻みで一堂に会するわけだ

久々のキャンパスだが、ほとんど変わっていないのには安心。しかし、このキャンパスが中高年で埋まっている光景は初めて見るかも知れない^^;

待ち合せた友人たちだけでなく、クラスの同窓や辞めた会社の同僚など偶然逢えた人たちもいて、なかなか懐かしい1日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧