« 2010年9月 | トップページ | 2013年5月 »

当ブログから書籍『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』が生まれました!

『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』
(青山通・著、アルテスパブリッシング・刊、本体価格1,600円)

Photo_2 2013年4月25日発売!(全国主要書店・CD店・楽器店、ネット書店にて)

●発売日に増刷、すぐ3刷!

●同5/15、Amazon総合69位、音楽書1位!

●「日経新聞」(6/19夕刊)、「朝日新聞」(7/28朝刊)、「サンデー毎日」(7/21号)、「AERA」(7/29号)など書評で多数絶賛!

5/15「日経ビジネスオンライン」で紹介!

●11/27、キング・レコードよりタイアップCD「ウルトラセブン・クラシック」発売! 監修・選曲・解説執筆を担当。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬木透氏にも取材。最終回になぜあの曲、あの演奏が使われたのか? ついに核心が明らかに!

・著者による最終回+ベスト8話の内容と音楽を、冬木氏のコメントも交えながら詳述! ウルトラセブンを音楽の切り口で語り尽くした、初めての書!

・合計18種類のシューマンのピアノ協奏曲に言及。

⇒掲載以来、多くのアクセスをいただいてきた当ブログのウルトラセブンカテゴリーが、大幅加筆を経て本になりました! ぜひよろしくお願いいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Amazonでも発売中!

★出版社「アルテスパブリッシング」のHPに、その他、青山通のラジオ出演、トークショーなどの各種露出情報が掲載されています!

★2013年5月25日(土)冬木透×青山通 トークショー (原宿・ビブリオテックにて)大盛況でした!

__★特別製作 セブンしおり付き!

7●シューマンのピアノ協奏曲の総譜にダンとアンヌのセリフを加えて、迫真のシーンを解説!(本書31ページ)

<本文まえがき>

 今から7年前の2006 年、当時の業務で各種I T ツールを体感する必要があり、個人的にブログを始めた。

 当初は、音楽、本、映画、テレビなど、エンターテインメント系全般にかんする所感を日常雑記ふうに綴ろうと思っていた。ところがいつのまにか記事の中心となっていたのは、オーケストラの演奏会などのクラシック音楽の話題と、「ウルトラセブン」各回の話だった。自分がもっとも語りたかったテーマは、この二つだということに自然と気づかされた。「ウルトラセブン」は、当時東京MXテレビで毎週再放送されていたので、これをペースメーカーとして全49話の記事を書き上げた

 クラシック音楽とウルトラセブン。 この二つを語るにおいては、どうしても書き残しておきたいテーマがあった。自分のなかでこの二つのルーツは、ひとつなのだ。1968年9月8日、「ウルトラセブン」の最終回で流れたヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ディヌ・リパッティのピアノによるシューマンのピアノ協奏曲は、僕の7 歳のときの鮮烈な原体験である。そしてこの体験は、その後の人生にも影響を与えるにいたった。あれから45年が経った今でも、最終回の感動は色褪あせるどころか、高まるばかりだ

 本書の第1章では、「ウルトラセブン」最終回の内容と音楽を詳述するとともに、初回放送後7 年をかけて、最終回に使われたシューマンの録音がカラヤン/ リパッティ盤であることを突きとめるまでを振り返る。また、「ウルトラセブン」の作曲家であり音楽監督である冬木透先生への取材をとおして、この録音が使われた背景を初めて詳細に明らかにする。同時に、カラヤン/ リパッティ盤という歴史的名演が生まれた背景も探ってみた。

 第2章では、「ウルトラセブン」の音楽・内容ともにオススメの8つのストーリーをピックアップ。各回において、音楽がいかに高い次元で効果的に使われているかを、冬木透先生のコメントもまじえながら分析した。

 また巻末では、本文で取り上げた8種類のシューマンのピアノ協奏曲に加えて、さらに10種類の演奏についてふれ、その合計18種類の録音をとおして、同じ曲を違う演奏で聴く」というクラシック音楽の楽しみ方をまとめてみた。

 本書をウルトラセブンやクラシック音楽に興味ある方にご一読いただけたら、これ以上の喜びはない。

<目次>

第1章 衝撃の最終回とシューマンのピアノ協奏曲
    
1.1960年代後半という時代    
2.異なる種族同士の共生は、はたして可能なのか
3.最終回、そしてその劇的な音楽
4.最終回の「音楽」を探して
5.最終回の「演奏」を探して
6.カラヤン/リパッティ盤の録音が生まれた背景
7.なぜ最終回にカラヤン/リパッティ盤が選ばれたのか
8.そして現在へ

第2章 ウルトラセブン 音楽から見たオススメ作品

1.音楽と物語が密接に関連した3作
第43話「第四惑星の悪夢」
第6話「ダークゾーン」
第8話「狙われた街」

2.音楽が突出して印象的な5作
第29話「ひとりぼっちの地球人」
第31話「悪魔の住む花」
第25話「零下1 4 0 度の対決」
第42話「ノンマルトの使者」
第39、40話「セブン暗殺計画 前篇・後編」

Appendix ウルトラセブンから広がる音楽の楽しみ
 シューマンのピアノ協奏曲
  ・
アルゲリッチのピアノ
  ・アバドの指揮
  ・ギーゼキングのピアノ
 同じ曲を違う演奏で聴く楽しみ方

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2013年5月 »