« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月6日 東フィル定期演奏会 

チョン・ミョンフン指揮 「ドイツ・レクイエム」

第1曲冒頭、チェロのF音。2小節め、新たなEs音と持続するF音が短七度の和音を構成し、そしてそのEs音が半音下降するとともに、穏やかで慰めに満ちた最初のフレーズが始まる。やや骨太な響きが、ホールに充溢する。

そしてオペラシンガーズが、seligと歌い始める。まるで木霊のようなこの声は、いったい何処から聴こえてきているのだろうかと思うほどだ。幽かな木漏れ陽に似たこの美しい声は、遥か彼岸、天から零れてきているのだ。

テキスト的にも、動機的にも、ドイツ・レクイエムはこの第1曲冒頭が、全曲の根幹となると言われる。今日の演奏も、この低弦の安定感や剛性感、合唱の全てを包み込むような柔らかさや美しさ、これに貫かれていくことを確信する

その後も、ミョンフン氏のこの曲の世界観を、場面ごとに的確に表現し、万華鏡のような多彩さをもって伝えるオペラシンガーズ。いっぽう、東フィルも時折見せる不安定感はほぼ感じられず、合唱とともに音による大伽藍を構築していく。

第2曲、ティンパニの運命の動機による葬送の嘆き、第3曲フーガ、低音の長いD音の安定感と力強さ、地球に「生」が満ちる確信、合唱の天に昇る気高さ、第4曲、早めのテンポによる際立つ美しさと安らぎ感、第6曲前半、彷徨う不安定さと「怒りの日」相当部分の圧倒的な怒涛、第7曲の穏やかな静謐さによる安息感。この第6曲と第7曲の動と静のコントラストにより、全曲は見事なまでの終焉を見せた。

心残りだったのは、ソプラノの声質が、弾力のあるしっかりしたものだったこと。表現、技術ともに申し分なかったのだが、全体の基調にはややフィットしていなかったのではないか

また、第5曲終了後の、ソプラノへのブラボーは最悪だった。しかし演奏者一同、さすがプロフェッショナル。一切のテンションへの影響がなかったのが幸いだ。

しかしあらためてこの曲は、全編にわたり「生」が漲っている。数多の人が指摘しているように、これは死者のためのレクイエムではなく、生きている人のための慰めの曲、さらに言い過ぎを恐れなければ、「生への賛歌」なのかも知れない。つまり、ミョンフン氏が音楽を通して表現する、人類への愛情、肯定、温かさ、そんな主題にぴったりな曲なのだ。というよりも、氏の演奏によって、それが一層際立つのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »