« 09年6月26日 東フィルサントリー定期 『椿姫』 コンサートスタイル・オペラ | トップページ | サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ »

ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊!

1980年代後半以来、長らく絶版状態にあったマンガ『オバケのQ太郎』の封印が解かれるようだ

2009年7月3日付朝日新聞夕刊によると、24日から刊行される「藤子・F・不二雄大全集」に、オバQが収録されるのだそうだ。あの名作の数々が、およそ20年ぶりに陽の目を見ることとなる。いつかこんな日が来ることを期待していたのだが、まさか実現するとは思ってもみなかった。

封印の原因については諸説紛々ではあるのだが、大きく、(1)黒人差別問題、(2)藤本氏と安孫子氏の著作権問題という説がある。

(1)については、「国際オバケ連合」に登場するウラネシヤ(国名)代表のオバケ、ボンガの描写や、ボンガに対するアラスカのオバケ、アマンガの発言が最も取り沙汰されている。確かに、ボンガのキバのような歯であったり、アマンガの「バケ食いオバケ・・・人間でいえば人食い人種にあたる」などの箇所は、問題視される要素がないとは言えないだろう。

(2)については、安藤健二著『封印作品の謎 2』(太田出版)で、著者渾身の取材が試みられている。氏によると、原因はこの(2)によるものであるようだが、詳細は深い闇に包まれよくわからないと、結論付けられている。関係者の口の重さ、タブー感は、相当のものだったとのことだ

ということで、ここ20年、『オバケのQ太郎』は古本市場でしか入手することができなく、かなりの高値が付けられていた。主要な版は、下記の3つである。

<1> 虫コミックス版 全12巻 虫プロ商事株式会社刊 (最終巻初版 1970年6月30日)

<2> てんとう虫コミックス版 全6巻 小学館刊 (最終巻初版 1977年4月25日)

<3> 藤子不二雄ランド版 全20巻 中央公論社刊  (最終巻初版 1987年7月17日)

ヤフーオークションにおいての相場で言うと、それぞれ1巻あたり、<2>が数百円、<3>が数千円、<1>は1万円以上、といったところだろうか。

私は小学生時分に、緑色の表紙の<1>を所有していた。だが、「大人になったらマンガは卒業するものだ」という時代と親の圧力に負け、中学生のときに最終巻12巻のみ残して処分してしまった。多感な中学生時代は、子ども扱いされることだけは避けたかった。この微妙な時期の心理を、狙い打たれてしまった格好だ。

その後、とはいえまたオバQの数々の作品を読み返してみたくなる。さらに、実は自分たちの世代にマンガは欠かせないものだという共通認識による、マンガの市民権も広がってくる。そんななかで、高校、大学生になって<2>を購入する。しかしこれは、<1>の半分の6巻本だ。物足りない。

その後、1990年代になって、オバQが絶版状態になっていることを知る。そうすると、自分を構成する要素の一部分が欠落したかのような気になり、手遅れにならないうちに全巻を集め直したくなる。そんななかで、<3>の存在を知る。

そうこうしているうちに、様々なインターネットのサービスが世の中に普及してくる。ヤフーオークションにも登録すると、垂涎の作品たちが値段を付けて落札を待っている。ある日、<3>の全巻が2万円という格安価格で出品された。これを、12万円までという上限を自分で設定し、最後2名のバトルの末、84000円で落札したのが4年前の2005年だった

「藤子不二雄 at RANDOM」というサイトによると、オバQの単行本収録作品全279話のうち、<3>は277話をカバーしているという。残りの2話のうち1話はてんとう虫版で保有しており、この時点で、保有していないのは残るは1話のみとなったのだ。

余談だが、この<3>については、やたらとオリジナルの改変が見られる。その改変の方向性が首を傾げざるを得ない。

例えば、私がオバQの最高傑作の1つだと思っている、「おしうり入門」での改変だ。

オバQが一般ご家庭に押売りに行くと、「押売りお断わり」という手書きの看板が出ている。オバQはこれを見て、(振り仮名が振ってあるにもかかわらず)、

「リ、オ・・・ワ、リ。ほかの字はわからない。」

と言ってずうずうしく家に上がる、というのが原作であろう<1>の内容だ。

ところが<3>は、あろうことか「断わる」を「断る」と表記統一をしたようで、「押売りお断わり」の「わ」を取って「押売りお断り」と改変し、(手書きの看板は活字になり、)さらにこの流れで、オバQの台詞からも、

「り、お、・・・・・・り」

と「わ」を取ってしまったのだ。(しかもひらがなに改変されている。)

もちろんこれは著者の承諾がなければ、著作者人格権の重大な侵害にあたる。百歩譲って、著者に包括的な承諾を得ていたとしても、この、「リ、オ・・・ワ、リ。」というリズム感によるオバQのマヌケさを愛しく感じていた私のような愛読者に対して、失礼極まりない。

また、「もしもぼくが○○だったら」においては、こんな改変がある。

オバQが、自分が誰々だったらと夢想しているうちに、その人に成りきってしまう、という話だ。オバQは空に浮かんでいると、歌が聞こえてくる。

<1>「あれは坂本九の歌だな」「かれは人気ものだなあ」

<3>「あれはだれの歌だっけなあ」「最近人気があるなあ」

<3>が刊行される数年前、坂本九は、航空機事故で惜しまれながら亡くなった。<3>の編集者、編集責任者は、オバQが空に浮かんでいるシーンに坂本九の名前が出てくるのはまずいとでも思ったのだろうか。この改変の意図は、そうとしか考えられない。当時、抗議団体の声が強く、それによりメディアに「言葉狩り」が横行していたという世情を鑑みても、この改変が妥当かと言えば妥当でないと言うしかないだろう。

ということで、今回の復刊は、<2>を出版した小学館からだ。この<2>についても、<1>から<2>にかけての物価の上昇に合わせる意図だろうか、<1>に登場する料金を改変している箇所が存在する。

ぜひとも「原作に忠実に」、ファンの期待を裏切らないかたちでの刊行を強く望む。(とは言っても、もう校了後でしょうが・・・)

|

« 09年6月26日 東フィルサントリー定期 『椿姫』 コンサートスタイル・オペラ | トップページ | サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

おっ!
「こりゃこりゃと言ってる」が
読めますな(笑)

俺も昔は虫コミックス版全部持ってたんだけどなあ。

投稿: ジ・O | 2009年7月 6日 (月) 19時38分

「あれっ、ばかに大きくなった。」ですな^^


ちなみに、この台詞は<2>から<3>で、「、」と「。」が削除されてしまってます。。

投稿: paienne | 2009年7月 6日 (月) 21時27分

中1の時に虫プロ版「オバケのQ太郎」第4巻を中古で5000円で買いました ページの糊がもろく
ページが落ちますね 藤子大全集はオリジナルを
尊重しているので大丈夫(作者がそうしたなら別で
第三者の改変は基本元通り)かと藤子大全集は完全収録なので問題回も収録されるかもドラえもんなら
ガチャ子 封印最終回 分かいドライバーなどです

投稿: | 2012年7月30日 (月) 00時52分

コメントありがとうございます。
新全集が出たあとでも、虫プロ版は貴重ですね。

投稿: paienne | 2012年7月31日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/30415392

この記事へのトラックバック一覧です: ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊!:

« 09年6月26日 東フィルサントリー定期 『椿姫』 コンサートスタイル・オペラ | トップページ | サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ »