« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ

まさかまたこんな日を迎えられるとは思ってもみなかった。1941年生まれ、67歳のサイモンとガーファンクルの二人が16年ぶり3度目の日本公演を敢行、今日11日のドームにて二人のハーモニーを聴くことができた。

1960、70年代に活躍した往年のビッグアーティストを日本公演で見て、かつての面影が全くなく完全な中年のオヤジと化した姿に、愕然とすることがよくある

ところがポールとアートの佇まいを見ると、もちろんそれなりに歳を重ねた外見ではあるものの、その醸し出す雰囲気がかつての二人そのままなのには驚いてしまう

開始時間を10分ほど過ぎて、場内が暗転。オープニングでビジョンに映る映像は、二人の幼い頃からの写真に、時代を揺るがした歴史的な出来事も相俟う。

そして映像のバックに流れるのは、ボーカルレスの「America」だ。これだけですでに涙ぐむ。この曲は、私の最も好きなS&Gの曲なのだ。

「America」は、A面で人の一生を描いた組曲的アルバム『BOOKENDS』において、その若者時代を担う曲だ。

「僕」はキャシーに、「恋人になって財産を1つにしよう」と持ちかけて、「アメリカを探しに」いく。バスの中を描いた箇所は、映画を見ているようにその情景が伝わってくる

曲の展開もドラマティックで、最後たたみ掛けるように訴えかけておいて、すっと涼しい風が吹くように引いていく。

「僕」とキャシーは、自分を、真実を、探すのだが、結局見つからない。ここには、アメリカ60年代の挫折のなかで、アイデンティティ喪失に苦しむ若者が描かれていると言われる。

そして登場する二人。アートがポールを「古い友人です」と紹介する。そのまま第1曲は、「Old Friends」。

中学生のときにアルバム『BOOKENDS』の中のこの曲を聴いたときは、震撼させられたものだった。公園のベンチにすわる二人の老人。人生あとわずかとなった老人の孤独と絶望が切々と深く伝わってくる。まだ見ることを許されていない、知らない世界の扉が開いてしまったような感覚を覚えたものだ。

いっぽう歌詞に出てくる「70歳」まであとわずかのポールとアートを見ていると、そんな負の諸々も受け入れて、なお輝いていることに、逆に勇気をもらえる気がしてくる

2曲目は、「A Hazy Shade of Winter」。ドラマ「人間・失格」の主題歌として、日本の若い世代にもS&Gを知らしめた曲だ。日本の若い聴衆向けのサービスなのだろう。

3曲目は、「I Am a Rock」。「僕は岩、だから苦痛なんか感じない」というこの曲を聴いて自分を守ることに必死だった、中学時代に思いを馳せる。

そして4曲目は、前述の「America」。原曲とはアレンジを大きく変えている。

通常、自分の個人的な記憶と一体化した曲は、アレンジを変えずに聴きたいもの。ライヴで表情を変えて演奏されると、落胆することがほとんどだ。

しかし、今日のライヴは、多かれ少なかれどの曲もアレンジを変えていたものの、残念な気持ちは一切起こらなかった。それは、原盤の音楽を超えた次元で、二人の声と楽曲に大いなる普遍性があるからなのだろう

それにしても、なんという純度の高さ。二人のボーカルとポールのギター、という本当にシンプルなサウンドが、広い東京ドームをスピリチュアルな空間に変える。それは、数万人の観衆を浄化し、時代も空間も超えてどこまでも拡がっていきそうな気がしてくる。

そしてその後もS&G時代のヒット曲を続け、中間に二人のソロ曲を経て、「Bridge Over Troubled Water」で本編を終了。アンコールも「The Sounds of Silence」「The Boxer」などS&G時代のヒット曲で、ラストは陽気な「Cecilia」でクロージング。

もちろん、全盛期の声質と比較するのは酷というものだ。しかし、70歳近い年齢で数万人を感動させるパフォーマンスを繰り広げられるというのは、奇跡の為せる技だとしか言いようがない。

この日ここに立ち会えたことは、一生の宝となることだろう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊!

1980年代後半以来、長らく絶版状態にあったマンガ『オバケのQ太郎』の封印が解かれるようだ

2009年7月3日付朝日新聞夕刊によると、24日から刊行される「藤子・F・不二雄大全集」に、オバQが収録されるのだそうだ。あの名作の数々が、およそ20年ぶりに陽の目を見ることとなる。いつかこんな日が来ることを期待していたのだが、まさか実現するとは思ってもみなかった。

封印の原因については諸説紛々ではあるのだが、大きく、(1)黒人差別問題、(2)藤本氏と安孫子氏の著作権問題という説がある。

(1)については、「国際オバケ連合」に登場するウラネシヤ(国名)代表のオバケ、ボンガの描写や、ボンガに対するアラスカのオバケ、アマンガの発言が最も取り沙汰されている。確かに、ボンガのキバのような歯であったり、アマンガの「バケ食いオバケ・・・人間でいえば人食い人種にあたる」などの箇所は、問題視される要素がないとは言えないだろう。

(2)については、安藤健二著『封印作品の謎 2』(太田出版)で、著者渾身の取材が試みられている。氏によると、原因はこの(2)によるものであるようだが、詳細は深い闇に包まれよくわからないと、結論付けられている。関係者の口の重さ、タブー感は、相当のものだったとのことだ

ということで、ここ20年、『オバケのQ太郎』は古本市場でしか入手することができなく、かなりの高値が付けられていた。主要な版は、下記の3つである。

<1> 虫コミックス版 全12巻 虫プロ商事株式会社刊 (最終巻初版 1970年6月30日)

<2> てんとう虫コミックス版 全6巻 小学館刊 (最終巻初版 1977年4月25日)

<3> 藤子不二雄ランド版 全20巻 中央公論社刊  (最終巻初版 1987年7月17日)

ヤフーオークションにおいての相場で言うと、それぞれ1巻あたり、<2>が数百円、<3>が数千円、<1>は1万円以上、といったところだろうか。

私は小学生時分に、緑色の表紙の<1>を所有していた。だが、「大人になったらマンガは卒業するものだ」という時代と親の圧力に負け、中学生のときに最終巻12巻のみ残して処分してしまった。多感な中学生時代は、子ども扱いされることだけは避けたかった。この微妙な時期の心理を、狙い打たれてしまった格好だ。

その後、とはいえまたオバQの数々の作品を読み返してみたくなる。さらに、実は自分たちの世代にマンガは欠かせないものだという共通認識による、マンガの市民権も広がってくる。そんななかで、高校、大学生になって<2>を購入する。しかしこれは、<1>の半分の6巻本だ。物足りない。

その後、1990年代になって、オバQが絶版状態になっていることを知る。そうすると、自分を構成する要素の一部分が欠落したかのような気になり、手遅れにならないうちに全巻を集め直したくなる。そんななかで、<3>の存在を知る。

そうこうしているうちに、様々なインターネットのサービスが世の中に普及してくる。ヤフーオークションにも登録すると、垂涎の作品たちが値段を付けて落札を待っている。ある日、<3>の全巻が2万円という格安価格で出品された。これを、12万円までという上限を自分で設定し、最後2名のバトルの末、84000円で落札したのが4年前の2005年だった

「藤子不二雄 at RANDOM」というサイトによると、オバQの単行本収録作品全279話のうち、<3>は277話をカバーしているという。残りの2話のうち1話はてんとう虫版で保有しており、この時点で、保有していないのは残るは1話のみとなったのだ。

余談だが、この<3>については、やたらとオリジナルの改変が見られる。その改変の方向性が首を傾げざるを得ない。

例えば、私がオバQの最高傑作の1つだと思っている、「おしうり入門」での改変だ。

オバQが一般ご家庭に押売りに行くと、「押売りお断わり」という手書きの看板が出ている。オバQはこれを見て、(振り仮名が振ってあるにもかかわらず)、

「リ、オ・・・ワ、リ。ほかの字はわからない。」

と言ってずうずうしく家に上がる、というのが原作であろう<1>の内容だ。

ところが<3>は、あろうことか「断わる」を「断る」と表記統一をしたようで、「押売りお断わり」の「わ」を取って「押売りお断り」と改変し、(手書きの看板は活字になり、)さらにこの流れで、オバQの台詞からも、

「り、お、・・・・・・り」

と「わ」を取ってしまったのだ。(しかもひらがなに改変されている。)

もちろんこれは著者の承諾がなければ、著作者人格権の重大な侵害にあたる。百歩譲って、著者に包括的な承諾を得ていたとしても、この、「リ、オ・・・ワ、リ。」というリズム感によるオバQのマヌケさを愛しく感じていた私のような愛読者に対して、失礼極まりない。

また、「もしもぼくが○○だったら」においては、こんな改変がある。

オバQが、自分が誰々だったらと夢想しているうちに、その人に成りきってしまう、という話だ。オバQは空に浮かんでいると、歌が聞こえてくる。

<1>「あれは坂本九の歌だな」「かれは人気ものだなあ」

<3>「あれはだれの歌だっけなあ」「最近人気があるなあ」

<3>が刊行される数年前、坂本九は、航空機事故で惜しまれながら亡くなった。<3>の編集者、編集責任者は、オバQが空に浮かんでいるシーンに坂本九の名前が出てくるのはまずいとでも思ったのだろうか。この改変の意図は、そうとしか考えられない。当時、抗議団体の声が強く、それによりメディアに「言葉狩り」が横行していたという世情を鑑みても、この改変が妥当かと言えば妥当でないと言うしかないだろう。

ということで、今回の復刊は、<2>を出版した小学館からだ。この<2>についても、<1>から<2>にかけての物価の上昇に合わせる意図だろうか、<1>に登場する料金を改変している箇所が存在する。

ぜひとも「原作に忠実に」、ファンの期待を裏切らないかたちでの刊行を強く望む。(とは言っても、もう校了後でしょうが・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »