« ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! | トップページ | LUXMAN D-05を購入(1) »

サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ

まさかまたこんな日を迎えられるとは思ってもみなかった。1941年生まれ、67歳のサイモンとガーファンクルの二人が16年ぶり3度目の日本公演を敢行、今日11日のドームにて二人のハーモニーを聴くことができた。

1960、70年代に活躍した往年のビッグアーティストを日本公演で見て、かつての面影が全くなく完全な中年のオヤジと化した姿に、愕然とすることがよくある

ところがポールとアートの佇まいを見ると、もちろんそれなりに歳を重ねた外見ではあるものの、その醸し出す雰囲気がかつての二人そのままなのには驚いてしまう

開始時間を10分ほど過ぎて、場内が暗転。オープニングでビジョンに映る映像は、二人の幼い頃からの写真に、時代を揺るがした歴史的な出来事も相俟う。

そして映像のバックに流れるのは、ボーカルレスの「America」だ。これだけですでに涙ぐむ。この曲は、私の最も好きなS&Gの曲なのだ。

「America」は、A面で人の一生を描いた組曲的アルバム『BOOKENDS』において、その若者時代を担う曲だ。

「僕」はキャシーに、「恋人になって財産を1つにしよう」と持ちかけて、「アメリカを探しに」いく。バスの中を描いた箇所は、映画を見ているようにその情景が伝わってくる

曲の展開もドラマティックで、最後たたみ掛けるように訴えかけておいて、すっと涼しい風が吹くように引いていく。

「僕」とキャシーは、自分を、真実を、探すのだが、結局見つからない。ここには、アメリカ60年代の挫折のなかで、アイデンティティ喪失に苦しむ若者が描かれていると言われる。

そして登場する二人。アートがポールを「古い友人です」と紹介する。そのまま第1曲は、「Old Friends」。

中学生のときにアルバム『BOOKENDS』の中のこの曲を聴いたときは、震撼させられたものだった。公園のベンチにすわる二人の老人。人生あとわずかとなった老人の孤独と絶望が切々と深く伝わってくる。まだ見ることを許されていない、知らない世界の扉が開いてしまったような感覚を覚えたものだ。

いっぽう歌詞に出てくる「70歳」まであとわずかのポールとアートを見ていると、そんな負の諸々も受け入れて、なお輝いていることに、逆に勇気をもらえる気がしてくる

2曲目は、「A Hazy Shade of Winter」。ドラマ「人間・失格」の主題歌として、日本の若い世代にもS&Gを知らしめた曲だ。日本の若い聴衆向けのサービスなのだろう。

3曲目は、「I Am a Rock」。「僕は岩、だから苦痛なんか感じない」というこの曲を聴いて自分を守ることに必死だった、中学時代に思いを馳せる。

そして4曲目は、前述の「America」。原曲とはアレンジを大きく変えている。

通常、自分の個人的な記憶と一体化した曲は、アレンジを変えずに聴きたいもの。ライヴで表情を変えて演奏されると、落胆することがほとんどだ。

しかし、今日のライヴは、多かれ少なかれどの曲もアレンジを変えていたものの、残念な気持ちは一切起こらなかった。それは、原盤の音楽を超えた次元で、二人の声と楽曲に大いなる普遍性があるからなのだろう

それにしても、なんという純度の高さ。二人のボーカルとポールのギター、という本当にシンプルなサウンドが、広い東京ドームをスピリチュアルな空間に変える。それは、数万人の観衆を浄化し、時代も空間も超えてどこまでも拡がっていきそうな気がしてくる。

そしてその後もS&G時代のヒット曲を続け、中間に二人のソロ曲を経て、「Bridge Over Troubled Water」で本編を終了。アンコールも「The Sounds of Silence」「The Boxer」などS&G時代のヒット曲で、ラストは陽気な「Cecilia」でクロージング。

もちろん、全盛期の声質と比較するのは酷というものだ。しかし、70歳近い年齢で数万人を感動させるパフォーマンスを繰り広げられるというのは、奇跡の為せる技だとしか言いようがない。

この日ここに立ち会えたことは、一生の宝となることだろう

|

« ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! | トップページ | LUXMAN D-05を購入(1) »

「音楽(クラシック以外)」カテゴリの記事

コメント

おお、行かれたのですな。
ぼくも明日の武道館に行きます!

正直、ぼくはそんなにS&Gを聞き込んだわけじゃないんだけど、最近出たライヴ盤を聴いてると、意外なほど曲を知ってることにちょっと驚いたり。

投稿: ジ・O | 2009年7月14日 (火) 10時48分

武道館、いいっすね~。感想教えてください。

ジ・OさんにS&Gはメジャー過ぎ笑だったでしたか?

投稿: paienne | 2009年7月15日 (水) 07時58分

今回は残念ながら行けませんでした。
ということは、ひょっとしたら最後のチャンスを逸したということになるのかも知れません。
彼らを観たのは82年の初来日時。後楽園球場の最前列でした。

投稿: alcoa01 | 2009年7月15日 (水) 22時59分

たぶん最後なのでしょう。

でも一度でも聴けたなら、それは一生の宝物ですね。

投稿: paienne | 2009年7月16日 (木) 22時24分

武道館

投稿: | 2011年5月28日 (土) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/30506990

この記事へのトラックバック一覧です: サイモン&ガーファンクル 09年7月11日 東京ドームライヴ:

« ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! | トップページ | LUXMAN D-05を購入(1) »