« 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 | トップページ | ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! »

09年6月26日 東フィルサントリー定期 『椿姫』 コンサートスタイル・オペラ

指揮:チョン・ミョンフン

コンサートスタイル・オペラ。ガラ・コンサートや、イベント的な演奏会で似た類のものは聴いたことはあるが、このような本格的なスタイルでは、初の体験だ。

今回演奏会を聴くまでは、「本物のオペラの縮小版」的な捉えかたをしていた。しかし実際に聴いてみると、そんなイメージは覆された。

オペラではピットにいるオーケストラが、ここではオケの演奏会の位置にいる。当然音を聴くにはベストポジションだ。

またオペラでは、衣装を着てその他大勢として演技をしている合唱が、合唱付きのオケ曲の位置に居並ぶ。こちらも当然、各パートがまとまって、ビシっと聴こえてくる。

もちろんソロ歌手も、演劇的表現の必要がない分、歌だけに専念することができるはずだ

つまりこのスタイルは、オペラから演劇的な要素を一切排し、音楽のみを純度高く抽出することができるものなのだと、聴いているうちにわかってきた。

「CDで聴く」オペラを生演奏で聴いている、という感覚が一番適切なのだろう。

しかし、今日もミョンフン氏は、弦を歌わせみごとに鳴らす。氏の手にかかると、それが東フィルだということを忘れてしまうことがときどきあるが、今日もそんなレベルの高さだ。

ところどころで、各パートで音が揃わないところもあったが、そんなことはトータルな表現に何も影響を及ぼさなかった。音が艶々ときれいに輝いていて品が高い。

また、ヴィオレッタ、アルフレード、ジェルモンの主役3人は、海外の歌手で固める。ここも細部を論えばいろいろあるものの、総論的にはOKと言っていいだろう。ただ、サントリーホールとの相性のせいか、音がダイレクトに鼓膜に響き過ぎのきらいもあった。

またまた最後にこんな話しで恐縮だが、LC3列目のご年配のご婦人は、冒頭のデリケートな第1音が鳴るまさにそのタイミングで、袋をガサガサガサガサ鳴らし続け、P席にいた友人によると、指揮者はそのために上げたタクトを2度下ろしたという。

音響から選んだ今期の東フィル定期のLC席は、これで開幕3ヶ月連続でこんなレベルの一見サンに見舞われた。清濁あわせのまざるを得ない仕事から解放される平日夜の楽しみに、こんな理不尽を排除できる仕組みはないものだろうか。。。

|

« 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 | トップページ | ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

pigやっぱりお祓い行ったほうがいいよ…マジで。

とはいえ、ぼくもひさしぶりにやられたけどね。
昨日、大植英次指揮ハノーファー北ドイツフィル。
アンコールはチャイコフスキーの「モーツァルティアーナ」の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」だったんだけど、最後最弱音で終わった後、指揮者が1分以上指揮棒をおろさなかったんだよ。当然会場はおそろしいほどの静寂に包まれた。が、ぼくの前に座ってた白髪の老人が、そんななかいきなりカバンのジッパーをジジーッと(駄洒落じゃなくて)。
おまえ、マジ殺す!と思ったんだけど、そのときpaienneさんの顔が浮かんだよ。
ほんと、無神経なやつには悩まされますなあ。

投稿: ジ・O | 2009年6月28日 (日) 22時23分

70代以上を相手に仕事をしている知人によると、肉体的精神的に衰えてきた一部の彼らの感覚は、現役世代の人間とは全く別物になるそうなのだ。だから本人は、こんな小さい音何も問題なく誰にも迷惑かけてないと感じているそうなのだ。どうするよいったい・・・

投稿: paienne | 2009年6月29日 (月) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/30317248

この記事へのトラックバック一覧です: 09年6月26日 東フィルサントリー定期 『椿姫』 コンサートスタイル・オペラ:

» ヴェルディ「椿姫」 [オペラの夜]
<東フィル第46回オペラシティ定期/演奏会形式> 2009年6月25日(木)19:00/東京オペラシティ 指揮/チョン・ミョンフン 東京フィルハーモニー交響楽団 新国立劇場合唱団 ヴィオレッタ/マリア・ルイジア・ボルシ アルフレード/ダニール・シュトーダ ジェルモン/ヴァシリー・ゲレッロ フローラ/渡辺玲美 ガストーネ子爵/二階谷洋介 ドゥフォール男爵/塩入功司 ドビニー侯爵/大森えいいち 女中アンニーナ/松浦麗 医師グランヴィル/ダン・ジュンボ 召使ジュゼッペ/小田修一 使者/川村章仁  ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 23時24分

« 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 | トップページ | ついに封印が解かれる ! ? 『オバケのQ太郎』が復刊! »