« 09年6月3日 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団 演奏会 | トップページ | 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 »

09年6月10日 クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル

サントリーホール

バッハ:パルティータ2番、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ32番、バツェヴィチ:ソナタ2番、シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲

この価格設定は強気だなと思っていたところ、さすがに空席が目立つ。1階席の通路後方R側は、7割方あいていた。

全体を通して、耳に馴染んでいるバッハとベートーヴェンの2曲は、あまり印象に残らなかった。いっぽう、ともに初めて聴くバツェヴィチとシマノフスキには、心を動かされた

前者では、大作曲家と大ピアニストが対峙していた様相であったが、後者ではそれが一体となっていたとでも言えばいいのだろうか。

ポーランドの作曲家の曲をポーランドのピアニストが弾いているから、という安易な結論に帰結するのはいかがなものかなとは思うものの、この2曲を通して描かれる心の葛藤は、時代や国を超越してひしひしと伝わってきた

シマノフスキの中盤以降、近現代的な『展覧会の絵』とでも思わせるスケール感が、圧巻だった

|

« 09年6月3日 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団 演奏会 | トップページ | 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/30102198

この記事へのトラックバック一覧です: 09年6月10日 クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル:

« 09年6月3日 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団 演奏会 | トップページ | 09年6月11日 トリオ・ディ・クラローネ 演奏会 »