« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

09年4月25日 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団演奏会

ファビオ・ルイジ指揮のドレスデン。しかもメインは、前回2006年チョン・ミョンフン公演のときと同じ、ブラ4だ。

今日は雷雨に暴風、という天気予報だったが、そこまでの悪天候ではなく、ほっとする。しかし寒い。その影響か、いつもミューザに行くときにそこそこ混んでいる南武線が、ガラガラだ。

と思っていると、今日のミューザも、これまた空席が多い。たぶん、ここまでがB席だと思われるステージを囲む座席は満員なのだが、サイド後方などは、40席ほどのブロックに客が一人、なんてところもある。

昨今やたら高騰している海外オケのチケット価格からすると、今回の公演はドレスデンの格と実力からして割安だと思うのだが。しかも今日は、サントリーがオールR.シュトラウスのなか、ブラ4がメインなのに。海外ほど、ルイジの評価はまだ日本に浸透していないのだろうか。

ということで、1曲目めは、「ツァラトゥストラはかく語りき」。いきなりのトランペットの安定感とふくよかな音。8日前に東フィルではらはらしながら聴いていたものだが、今日は大船に乗っているかのようだ

そして、久々に生で聴く、この本当にドイツそのものの音。とくにホルンとヴァイオリン。ウィーンが金色とすると、ドレスデンはまさしく、渋みの効いた銀色だ。 

ブラ4の冒頭の弦は、チョン・ミョンフンのときと同じように、無から何物かが生まれ出ずるような幽玄の境地。これこれ。全身がぞくぞくとしてくる。

全体像としては、ミョンフンのブラ4が、熱い感情を縦横無尽に展開していたとすると、かなり理性的なイメージ。紳士的で、統制がとれているというか

それにしても、ドレスデンのブラームスを聴いていると、ブラームスはそもそもこういう音で演奏されることを想定していたんだろうな、と思わせるほど、その相性は当たり前だが抜群だ。重厚で馬力と迫力が漲る美しい響きが、身体に沁み入る^^

アンコールは、ウェーバーのオベロン序曲。これまたドレスデンの自家薬籠といったところか。

あ~それにしても、こんなオケが日本にいて定期公演でもやってくれたら、幸せなんだがな~とつくづく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

09年度東フィルサントリー定期開幕

4月17日は、2009年度東フィルサントリー定期の開幕、エッティンガーのシェーンベルク、R.シュトラウスを聴いてきた

東フィル定期はこれで5期め。05、06年はサントリーLDのB席、07年はサントリーRBとオーチャード、ともにA席。08年はオペラシティのA席、そして今期09年はサントリーに復帰して、初めてLCのS席を購入してみた

仕事を18時早々に切り上げ、飯田橋で乗換えメトロ六本木一丁目駅へ。久々に駅に降りたら、新たに自動改札が出来ててぐるっと遠回りしなくてすむようになっていた

サントリー定期は1年ぶりだが、やはり金曜の夜にここへ向かうのは格別な気分だ。ホールも界隈のエリアも自分の今の五感にフィットしていて、落ち着くのだ。

長年の研究(?)の末に、サントリーで最も音がいい席はRC、LCの通路内側と結論づけている。1階だと音が上に抜ける。2階のセンター、RD、LDだと距離があり過ぎて音が遠かったり雑音を出す客の影響を受けがちだったり。RA、RB、LA、LB、Pだとバランスが崩れたり一部の楽器の音が聞こえなかったり。で、それらデメリットがないのが、ここRC、LCなのだ。

しかし、定期の新しい席はリスクも伴う。迷惑客が定期で近くにいると、1シーズン嫌な気分で過ごすことになるのだ。今日も、見るからにかかわりたくないオヤジ然とした男がやってくれた。浄夜のラスト、エッティンガーがまだタクトを下ろさず最終音が響いている最中から、終った終ったとばかりにカバンのファスナーを音を立ててあけ始める。ほんとに、自分さえよけりゃいいのかよ。来んなよクラシックの演奏会に。ツァラトゥストラの冒頭だけ聴きに来たくだらないイチゲンであることを望むのみだが。

ジ・Oさん(別名E46さん)に言わせると、彼は私の数倍は演奏会に行ってるがそんな目にあったことは一度もないそうで、私は祟られているのだとか。う~ん。いい加減、御祓いに行くべきか。しかし、こういうときは何の神社に行けばいいのだろうか。

ところで今日はなかなかの大編成で、さすが元2つのオケを母体としているだけのことはある。しかしいっぽう、演奏の出来不出来から推測していつも勝手に「一軍」「二軍」と呼んでいるのだが、今日は明らかに両軍渾然一体となっているのだろう。見事なソロを聴かせたかと思いきや、雑だったりはずしたりするところもあり。まあそれも一興というところだろうか。

エッティンガーの音の作り方は、やり過ぎにならない程度に美味しいツボをきちんと突いてくるので、聴いていて心地よく気持ちも入っていく演奏だった。リングのテンションのまま此処へ臨んでいるのだろう。

そんななか休憩時に、そのジ・Oさん(別名E46さん)にお目にかかる。髪型が変わってて、ますますイケてる^^ 終演後には、なんと珍しいOT氏とのツーショットも。ちょうど25年前、初めて同期入社が集合した日に、すでに同郷で知り合いだった2人の様相を思い出す^^; 演奏会アフターのウルフギャングもまた久しぶり。久々の間にメニューが一部変わっていた。

ということで、今日聴いたツァラトゥストラは、次の土曜にドレスデンでも聴く。対比がまた楽しみだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »