« 冬木透CONDUCTSウルトラセブン | トップページ | 09年度東フィルサントリー定期開幕 »

SAGA 佐賀

3日ほど佐賀に行ってきた。22年ぶりだ

佐賀の諸富には、叔母2人が住んでいる築130年の家がある。写真を見て「トトロの家、いつか行ってみたい」と言っていた小さかった娘も大学進学が決まり、いい機会なので訪ねてみることにしたのだ。

佐賀の田舎ぶりは、歌に歌われるほど。駅前や県庁辺りから少し離れただけで広がる田園風景は、あいも変わらずだ。というか、ますます過疎な感じが進行しているような気がしないでもない。

諸富の家は相変わらずだった。ますます風格を増していたというか。中に入るとすっかり異空間だ。なんだか、(意味合いが逆転しているが)テーマパークに入ったようだ^^;

ここからほど近い筑後川まで車を走らせる。川の反対側は、のだめの最終回のクライマックスシーンで使われた、大川だ。中学生のときに、蒸気機関車の写真を撮影するためにここに訪れた。当時の佐賀線の可動橋は、今は鉄道が廃線となったため、長い長い歩道橋になっているのだ。

見慣れぬ鳥が集団で川岸を歩いている。飛んで初めてわかったのだが、かもめの集団だった。羽を広げると大きく見えるのだが、普通にしているとこんなに小さかったのか。

夕食をどうしようかと、叔母に繁華街はどのへんか聞いたのだが、「ない」とのこと。実際に駅前通りを散策してみたが、確かにその通りだ。そんななか、今働いている会社の看板が突如目の前に現れて、おぉっと驚く^^;

翌日は佐賀の銘菓、まるぼうろを買いに、「北島」のお店に寄った。北島のまるぼうろを食べるのも何十年ぶりだろうか。最近人に説明するときは、「クッキーとカステラの真ん中ぐらいのお菓子」と表現する。その絶妙な食感に、幼少時代これをよくおやつにしていた時分を思い出す。

佐賀空港への道は、これまたとてつもなく何もなく、一面に畑とたんぼが広がる。視界が広過ぎて、オアフ島のノースへの道をふっと思い出しました

|

« 冬木透CONDUCTSウルトラセブン | トップページ | 09年度東フィルサントリー定期開幕 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たまにそういう、ザ・ど田舎なところに行くと、モーレツに感動するんですが、一方、スグに飽きが来ちゃう時もありますよね。
オイラはどうしても、ネオンがないと生きていけないみたいです。
でも、田舎もたまには好きです。

投稿: クラブ次郎 | 2009年3月28日 (土) 14時27分

タイトルを見て
あの「佐賀さん」
のことかと思ったYO(笑)

YUIちゃん、大学受かったのね。おめでとう!

投稿: ジ・O | 2009年3月28日 (土) 16時45分

クラブ次郎さん

コメントもらうの、すっごい久しぶりだね~。

そうそう、お互い東京23区育ちだからね^^

最近、訳あって、ギーロッポン(笑)によく出没していますよ^^;

投稿: paienne | 2009年3月28日 (土) 21時04分

ジ・Oさん

わはは。パタリロSAGAさん、全く忘れてた^^;

ありがとう、あっという間に、娘はもう来週19歳ですよ。東工大に入って、ますます理系女道まっしぐらです^^


投稿: paienne | 2009年3月28日 (土) 21時09分

これからも、応援しています。!!

投稿: 釡こし 工藤 | 2014年3月11日 (火) 16時30分

工藤さん! コメントありがとうございます!

釜こしになかなか行けなくなり、残念です。。

水道橋に行ったら、必ず寄りますね!!

投稿: 青山通 | 2014年3月11日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/28844379

この記事へのトラックバック一覧です: SAGA 佐賀:

« 冬木透CONDUCTSウルトラセブン | トップページ | 09年度東フィルサントリー定期開幕 »