« 09年2月24日 ポール・メイエ リサイタル~こんなプーランク聴いたことない! | トップページ | 冬木透CONDUCTSウルトラセブン »

09年3月7日 新日フィル トリフォニー定期

指揮:ダニエル・ハーディング

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

ラヴェル:ラ・ヴァルス

ベルリオーズ:幻想交響曲

土曜マチネの新日定期に、トリフォニーまで行ってきました。

しかし相変わらずのハーディング。どのフレーズも磨き抜かれて、新しい。というか今日は、まるで「ハーディング:新演出」とでも言うべきレベルで、楽譜にないこともたくさんあった。

全体的に、洗練されてすっきりした音色。トリフォニーの響きともあいまってか。ラ・ヴァルスも幻想も、蛮刀で豪快に切っていくような演奏も一般的だが、その対極

幻想の2楽章では、指揮者の両側にハープを2台ずつ配置し、オケの最終音が消えたあとにハープの音だけが残るという、凝った仕掛けだ。

今日のプログラムは名曲演奏会でもあるような3曲だが、さすが定期でハーディングが扱うと、これまでに聴いたことがないような音作りをしてくれる。

しかしいっぽうで、最近は慣れていない休日のマチネのせいもあってか、演奏に入り込めない。終始、「あちら側」で演っていて、自分と音楽の間に透明の壁があるような気がしたままだった。たんに自分側の問題だけだと思いますが。。 

|

« 09年2月24日 ポール・メイエ リサイタル~こんなプーランク聴いたことない! | トップページ | 冬木透CONDUCTSウルトラセブン »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/28530198

この記事へのトラックバック一覧です: 09年3月7日 新日フィル トリフォニー定期 :

« 09年2月24日 ポール・メイエ リサイタル~こんなプーランク聴いたことない! | トップページ | 冬木透CONDUCTSウルトラセブン »