« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

09年2月24日 ポール・メイエ リサイタル~こんなプーランク聴いたことない!

ホールはオペラシティ、ピアノはエリック・ル・サージュ

メンデルスゾーンとマルティヌーは、若干音色が不安だった。が、クラリネットを知り尽くしたウェーバーの旋律の影響もあってか、また時間の経過からか、ここから音のヌケと鳴り、が格段によくなる。音色も。

ベルク(4つの小品)は一筆書きのように侘びて寂びて、ブラームス(ソナタ1番)はドイツの骨格を保ちながらもフレーズの描き方は独創的。

そしてプーランクのソナタが始まったとき、それまでの演奏が「前奏」だったことを知る。

自分の国の音楽を、自分の言葉で話しているかのような、圧倒的な説得力。2楽章の静謐と孤独と死のモノローグ・・・ 3楽章の縦横無尽なキレとオリジナリティ! 

CD録音では絶対にありえないこんなプーランクは初めてで唯一無二。ライヴならではの一期一会に立ち会う感動に、身体が震え切る

そして、ドビュッシーあたりをイメージしたアンコールは見事に裏をかかれ?なんとシューマンの「幻想小曲集」から! プーランクの尖鋭とはうってかわった和みにたゆたっているうちに、幸せな時間も終了に至った。

また1つ、自分の中に伝説が積まれた一夜だった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの演奏会

しばらく2夜のヒラリー・ハーンの余韻にひたっていました^^; 定期会員の東フィル以外で、チケットを購入している今後の演奏会の予定はこんな感じです。

●ポール・メイエ リサイタル(2月)

エリック・ル・サージュとのデュオで、プーランク、ブラームスの1番ソナタを含む垂涎のプログラム。ハーンのとき同様、オケではありえない、先行予約で前から9列めの席を確保^^ 指揮に完全転向してしまわないうちに、堪能したいところです。

●ハーディング指揮、新日フィル:幻想ほか(3月)

常に斬新なサプライズをもたらしてくれるハーディングが、幻想をどう斬ってみせるか、期待です。

●冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン(3月)

なんとオケは東京交響楽団、ハコはオペラシティ。本気だ。セブンなら金管の比重を大幅に増やしてほしいものだ。ゲストに森次晃嗣、ひし美ゆり子、満田かずほ、飯島敏弘! 合唱団も入るとは、炎バックのポール星人のテーマ全曲が聴けるかも! オペラシティに奇跡が降臨するか凡庸に終わるか、現時点で全く読めまへん^^;

●ルイジ指揮、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(4月)

サントリーはR.シュトラウスづくしのなか、ブラ4を聴きにミューザ川崎まで遠征。ドレスデンのブラ4は、2006年にチョン・ミョンフンで最高の演奏を聴いた記憶も新しいので、ルイジがまた楽しみです。

●デンマーク・ロイヤル・バレエ団「ロミオとジュリエット」(5月)

バレエ通の友人から実力お墨付きのデンマーク・ロイヤル。昨年末のくるみに続き、定番バレエを押さえていこうと思うこの頃です^^

●クリスチャン・ツィメルマン リサイタル(6月)

発売から時間をおいて購入にかかったにもかかわらず、いい席がかなりあいていたのは、価格設定が強気なためか。昨年東フィルで聴いたルトスワフスキのピアノ協奏曲では、なかなかその真価がわからず、あらためてリサイタルで聴いてみたいと思ったしだいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »