« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

09年1月15日 ヒラリー・ハーン リサイタル

09年1月7日ヒラリー・ハーン&リッターのアンコールはなんとパガニーニのカンタービレ! 、1月7日ヒラリー・ハーン&リッター(続き) もどうぞ^^)

Hahnということで1月7日に続き、15日のオペラシティにも行ってきました

7日は、シンガーソングライターのジョシュ・リッターとのコラボレーションだったが、15日は、オーソドックスにピアノのヴァレンティーナ・リシッツァとのリサイタルだ。

プログラムの中心は、アイヴズのソナタ3曲と、イザイの無伴奏2曲。もちろんどちらも素晴らしいのだが、この両方を聴くと、やはりイザイの無伴奏のほうが印象が強い

それは、曲自体の持つ情感に訴えるエネルギーもさることながら、ハーンのヴァイオリンのみですべて完結している小宇宙に吸い込まれるような気持ちになることに起因するのだろうか。

オープニングの4番も相当なものだったが、休憩後の6番はどこまでの高みにまで達するのか、怖ろしい気分になるほどだった。今日もハーンを見ていると、女神様が降臨してきているようにしか見えなかった。

その音楽の女神様が、1曲終えるたびに軽くお辞儀して観客ににこっと微笑みかける。あぁ、「地球に生まれてよかったーーー」ってやつかも^^;

【ところで観客は・・・】

ところでその観客のことを言うと、7日は演奏中は水を打ったように静かだったが曲の最終音の余韻をかき消すような拍手が残念。いっぽう15日は逆で、演奏中のセキや雑音は多かったのものの拍手は一呼吸おいてからで上出来。 どうしてこういう違いが生じるのか、不思議なものだ。

そして今回も出ました迷惑野郎。6列め、30代ふうバカップル! 演奏中ベタベタくっつき手と手をからめあい、女は男の肩に何度ももたれかかり、座高の高い男の頭が左右に揺れてステージが見にくいこと極まりない。いい歳して脂っこいデートなら場末の飲み屋にでも行け

【サイン会、そして家に帰り・・・】

そして、恒例のサイン会。長蛇の列だったのですが、ハイスピードの展開でほとんど待った気もしないうちに終わりました。地方ではもう少しゆったり感じで、直接書いてもらったり、本人がにこっとしてくれたり、だったそうで、こういう場合は地方のほうがいいのかと思ったりもしました。

それにしても、全国すべての演奏会後にファンのための時間を割くなんて・・音楽も容姿も人格も素晴らしく、もはや人間の域を超えています・・・

家に帰って、プログラムの曲を反芻して余韻を楽しもうと思ったのだが、今回の2日間のプログラムで、ハーンの録音によるCDは全くなし

せめて、イザイとかエルンストぐらいは同時にCD発売してほしいところです。最大の希望は、バッハのソナタとパルティータの残りの3曲なんですが^^; 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09年1月7日ヒラリー・ハーン&リッター(続き)

(前の記事から続く)

とびきりの演奏を聴くと、その後しばらく、音楽そのものと自分の感動の感触が五感に残って、至福感に満たされ続けることがある。7日のハーンの演奏会がまさにそんな感じだ。4日経ってもまだその状態^^ その間別件で不愉快きわまりないことがあったのに、たいしたものだ^^;

前回書いたことに加えて印象深かったのが、リッターが主役のときのハーンの「伴奏」だ。

世界的なヴァイオリニストが、弓いっぱいを使って同じ音を奏でる(管楽器みたいに「ロングトーン」って言うのかな?)など、滅多に聴けるものではない。それが少し発展した、ミ~ソ~ド~みたいな簡単な分散和音についても同様だ。

ハーンの手にかかると、初心者用の教則本の冒頭に出てくるようなただのシンプルなフレーズが、こんなにも表現力を持つものなのか。

エルンスト、イザイ、バッハの曲にはもちろん感銘したが、超絶技巧や深い芸術性の側面から表現のしがいがある曲だけでなく、こんなシンプルな音だからこそ、その素晴らしさがいっそう際立つことも、あらためて新鮮な驚きだった

15日のリサイタルが、ますます楽しみだ。

今年は年頭からこのハーンの演奏会や、同じ歳の従姉妹に孫が生まれたり、青山セランでの旧友との再会ランチ、著者との打上げでのことなど、感動的なことが続くいっぽうで、非常に不愉快なこともすでに冒頭に書いたことだけではなく・・・なんだか波乱含みの年になりそうな感じが・・・

(→「09年1月15日 ヒラリー・ハーン リサイタル」もどうぞ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

09年1月7日ヒラリー・ハーン&リッターのアンコールはなんとパガニーニのカンタービレ!

Hahn_2とりあえず2009年ヒラリー・ハーンのジャパンツアー、初日のオペラシティの速です。

とにかくハーンの、デジタル機器のように正確なのに、情熱とあたたかさが豊潤に迸る、最高のパフォーマンスを満喫できました!

エルンストの超絶技巧、バッハの静謐な宇宙観の官能、そしてそして、どうして想像つかなかったのか、アンコールにはなんと、ギル・シャハムのヴァイオリンとイェラン・セルシェルのギターで、一頃毎日聴いていたパガニーニのカンタービレM.S.109

最高のコラボレーションで、楽しく深い、あっという間の2時間半でした^^

(→次の記事に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009謹賀新年 ~元旦からありえない。。

あけましておめでとうございます。しかし、元旦からありえないことが。。

昼前にマンションの郵便受けに行くと、年賀状が来ていない。こんな時間なのに? と思って周囲を見ると、他のボックスには入っている。それでもしかしてと思い、周囲のボックスをのぞくと、なんと2つ隣りの知人のところに自分宛の年賀状が束で入っているではないか

やる気も使命感もない配達員が、よく確かめもせず何の疑問も持たずに適当に投げ込んだのだろう。不幸中の幸い、この知人が在宅だったので、一緒に取り出してもらい、受け取ることができた。しかし、これが1つ隣りのボックスだったら、この部屋は事務所で使用しているようなので、来週になるまで回収することができなかったのだ。

元旦からクレームもどうかと思ったが、言うべきことは言わないと、と郵便局に電話して、事実関係と遺憾の意を伝える

それでやれやれと思って気がついたが、なんと新聞も来ていない。こちらも配達所に連絡し、早々に届けてもらう。

まったく、恙無く年始を終えた年でも、ダメだった年はダメだったわけで、これで自分の今年を占うつもりもない。それよりむしろ、日本人の労働に対するモチベーションが、下がっていると結論付けざるをえないほうが問題だろう。昨今の社会情勢を鑑みるに、今後このようなことが普通に起こっても、仕方ないと思わざるを得ないのだろうか。

自分の運勢よりも、日本の今後を憂いたくなる元旦の出来事だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »