« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近買った本、読んだ本17冊 ~08年6月

最近買った本、読んだ本を、時系列的に遡ってみます。

『さまよう刃』東野圭吾著(角川文庫)

・あまりに酷い事件から始まるが、展開自体は比較的シンプル。少年犯罪者が幾重に守られるいっぽう、被害者家族が蔑ろにされる現実を凄まじく世に問うのが印象的。

Photo『黒笑小説』東野圭吾著(角川文庫)

・東野圭吾の長編はかなり読んでいるが、この手の「ガス抜き」的短編は、初めて読む。冒頭四篇は、文筆業の厳しい現実が自虐的だが非常に嗤える^^;

『毒笑小説』『怪笑小説』東野圭吾著(角川文庫)

・上記の後この2冊も買って、今は『毒笑』の途中まで読んだ。この雰囲気、誰かの作品を彷彿させると思っていたが、それは筒井康隆の70年代の作品かも。

『シェーの時代~「おそ松くん」と昭和こども社会』泉麻人著(文春新書)

・「おそ松くん」は曙出版版の初版全24巻(各巻色違い版)のほとんどを持っていたが、現在手元にあるのは、5、14、18、19、21巻の5冊のみ。ヤフオクで揃え直したいと思いつつ、なかなか動けず。。本書は、一昨日の昼に神保町で買って、喫茶店で引用のマンガのカットだけざっと見たものの、本文はなかなか進まず。。

『失格社員』江上剛著(新潮文庫)

・現実はもう少し先を行って混沌としている企業社会。その一歩手前の普遍的なテーマをよく描いているのかなと。

Photo_2『母が重くてたまらない~墓守娘の嘆き』信田さよ子著(春秋社)

・やや学者系の書き口なのだが、タイトル、装丁などは一般書ふうの仕上げ。作戦勝ちの一冊。

『B型男と幸せになる方法』田中ひろみ著(東洋経済新報社)

・年初に、書籍のカバーイラストをご依頼した田中さん。最近また血液型本がブームだが、本書は田中さんの4コマ、3コママンガが楽しい。

『プロレス「暗黒」の10年』井上譲二著(宝島社)

・60年代から90年頃までずっと見続けていたプロレスの、その後の展開を知る意味で購入。しかし時代は変わった。。

『不機嫌な職場』高橋克徳 他著(講談社現代新書)

・本書を読むと、高度成長時代、終身雇用の日本企業の職場環境にはいい面も多く、現代の病理の解決方法は、そこにヒントがあることがよくわかる。鋭い内容だ。いっぽう解決のヒントも、なかなか現実には難しい部分も。。

『はじめての課長の教科書』酒井譲著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

・自分の書籍企画の参考として。外資と日本的経営の双方からの視点がユニーク。上の『不機嫌な職場』にも観点が通じる。

『「婚活」時代』山田昌弘、白河桃子著(ディスカヴァー携書)

・最近、買ってみたらディスカヴァー・トゥエンティワン刊だったということが続く。ここにも昭和のシステムが崩壊し混沌とする社会が映し出される。データや総論だけでなく、リアリティあるマーケティングによる分析は、納得感が高い。

Photo_3『年収崩壊』森永卓郎著(角川SSC新書)

・昨今、「日本人は預貯金だけでなく分散投資を!」という論調が主流だ。しかし本書は、「預貯金は、3年ぐらい無収入で暮らせる額を確保。その残りでリスク系商品を」と説く。やっぱり自分には預貯金だよな、と全くもって説得力がある。庶民の視線が共感を呼ぶ一冊^^

『いつから、中年?』酒井順子著(講談社)

・ここのところ、新刊は発売日に購入している酒井順子さん。『その人、独身?』『駆け込み、セーフ?』に続き、タイトルも装丁も踏襲した2月刊。内容もますます同時代感があふれて、筆がすべりにすべっている感じ。

『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』城繁幸著(ちくま新書)

・今後、仕事とキャリアはどこへ向かうのか。いっぽう昭和の職場環境が見直されているが、それを実現できるのもまた一部の企業に限られる。あ~生きていくのは大変だし^^;

『35歳で独身で』秋月りす著(講談社)

・秋月さんの描く女性は、けっこう好きです。『OL進化論』の頃の一般職系OLが、今の時代ではこんなふうに逞しく生きているというこの現実感は、タダモノではないかもです。

『東京島』桐野夏生(新潮社)

・→ 『東京島』をご参照^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「ブロードキャスター」08年9月末で打ち切り!?

「日刊スポーツ」によると、91年4月にスタートしたTBS系情報番組「ブロードキャスター」(土曜午後10時)が、08年9月末で終了するとのことだ。

この番組は始まって以来、家にいるときは必ず見ていた。連休のちょうど真ん中の土曜の夜、早めに風呂から上がり満を持して寛いでこの番組を観るのは、なんということはない日常の楽しみの一つだった。

開始以来17年。。この間、転居も転職も複数回したし、まだ歩行もできなかった娘は父親に嫌がらせで物理化学の質問をしてくる歳に成長した。いつかこんな日が来るとは思ってはいたが、ずっと続くような気もしていた。

終了の原因は、視聴率の低下、インターネットに押されぎみのTV業界全般の広告収入の頭打ち、看板キャスターのギャラによる高原価率、バラエティの人気上昇とニュースワイドの低迷、なのだとか。

硬軟取り混ぜたテーマの選び方と切り口は好きだったし、何より生活習慣の一部になっていたので、なんとも残念である。ますます必ず観るテレビ番組が減ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に立山航空切手12種落札

ヤフオクの立山航空切手については、ブックマークして常にウォッチしているのだが、おととい08年6月22日、久々に2点落札した。

写真上が銭単位6種使用済み、下が円単位6種使用済みだ。それぞれ競合とバトルして、各5,250円と1,700円で落札。なかなかリーズナブルだ。

(→「立山航空カテゴリー」もぜひ^^;)

Photo_8

 

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08年9月23日ウィーンフィルのチケット獲得できず

08年9月、ウィーンフィルのサントリーホール公演のチケット発売開始が、昨日6月21日からだった

ここのところしばらくウィーンフィルを聴いておらず、また今回は祝日23日にチャイ5をやることもあって、指揮者はともあれ、久々に行きたい気になっていた。

以前の会社の後輩など業界関係者の知人に頼む手もあったのだが、直で主催元と繋がっていると予想される人と現在それほど親しくしておらず、手間をかけさせるのも忍びないので、自分でのトライアルをすることにした。

が、案の定、どこの回線も10時からずっと話し中

その後、ローソンチケット(自動音声)→電子チケットぴあ(自動音声)→CNプレイガイド(オペレーター対応)と、つながるごとに完売のアナウンス

ある程度予想はしていたのでさほどの落胆はないが、S席\35,000にしてこの人気は、さすがウィーンフィル。ふだんオケを聴かないような層がここには殺到することを、改めて思い知りました

あとはヤフオクか。。いったい、どれぐらいのプレミアムが付くのでしょう^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリーLC席を「火の鳥」で初体験~08年6月15日 日フィルサントリー 名曲コンサート

指揮:シズオ・Z・クワハラ  ピアノ:田村響

ストラヴィンスキー:火の鳥組曲1919年版、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、ほか

【火の鳥のこと】

ここのところ、定期公演ばかり行っているが、3年ぶりに「名曲コンサート」に行った。というのも、しばらく(5月のバレエを除いて)「火の鳥」を生で聴いていなかったので、無性に聴きたくなったのだ。

自分は「火の鳥」については、子どもの頃にバーンスタイン&ニューヨークフィル盤にやられてしまって、立ち直れない口である^^;

他にチャイ5、新世界もそうなのだが、バーンスタインのきわめて感情的・主観的な演奏になじんでしまったらそれが最後。。ほかの演奏を受け付けなくなって幾星霜状態なのだ。

このように、自分のなかで理想形ができてしまった曲はやっかいなものだ。他の演奏を聴いても、「どれだけあれに近いか」という判断基準になってしまいがちだからだ

【サントリーLC席中央寄り席初体験】

さて、今回の演奏会であるが、かねてから「サントリーホールのベスト席のはず」と仮設を立てていた、LC席中央寄りを初体験してきた。

ひところは、ずっと1階センターの後方3列目以内の、A席ばかり選択していた。その後、2階のセンター、LD、LB、RBあたりを試して流浪の日々が続いた。年間数十回行くとなると、少しでも安く音と環境のいい席を探したいからだ

とはいえ、当たり前だがA席B席はそれなりの理由があって安いのだ。そして今回は逆にS席でも最も音がいいはずと考えていたLC席。これは、大当たりだった

まずこの席は、オケのバランスと迫力の両方を満たす。これより前だとバランスが悪く、後ろだと生生しさに欠ける。また1階席のように、木管の音が埋もれたり、音が上方に抜けて輪郭がぼやけることもない。

周囲の客の数が少なく、前方はステージまで空間だから、無神経な客の雑音に邪魔されるリスクが低い。視覚的にも聴覚的にも、800人規模の小ホールで音にすっぽりと包まれている感覚だ

LCは思った以上にすばらしい。もう、他の場所で聴けなくなるかも^^;

【名曲コンサート&定期の目指すものと今日の演奏】

ということで演奏なのだが、やはり名曲コンサートは名曲コンサートだということを、あらためて感じた。定期とは目指すものが根本的に違う。

定期が、「指揮者が自分の解釈をコアな客に問う」場だとすると、名曲コンサートは「名曲を無難にビギナー層に楽しんでもらう」ことを義務付けられているのだなと、当たり前なことを当たり前に痛感させられた。

ラフマニノフ、ストラヴィンスキーともに、ゆっくりなテンポで細部が細かく描かれていた。しかしいっぽう裏を返すと、そこにこだわるあまり、全体として曲をどう立体的に捉えて表現するのか、というところが薄かったように思う

まあそれは、今日の指揮者やピアニストがどうのというより、先に書いた演奏会のコンセプトによるものなのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08年6月12日 東フィルオペラシティ 定期公演~デジタルなバーバリズム! これぞ21世紀の春祭!

とりあえず速報です。エッティンガーの春祭は、非常に素晴らしかった

「春の祭典」の類型として、原初的⇔機能的、野蛮⇔理知、ゲルギエフ的⇔ブーレーズ的、という対比ができる。

ところが今日聴いた演奏は、この対極を併せ持つものだった! 一言で言うと、「デジタルなバーバリズム」。

このような演奏は、生演奏でもCDでも聴いたことがない。初演からもうすぐ100年を迎えるこの曲の、きわめて21世紀的な画期的なスタイルだった。

ところでいっぽう、今日もまた理解不能な年配の女性に遭遇した。なぜ春祭の冒頭10分間にわたって、シャカシャカとアメを剥く音を出し続け周囲に迷惑をかけるのか!!

オーケストラの演奏会はオセンにキャラメルの世界ではない。ここのところ毎回毎回ハラワタが煮えくり返っているので今日は名指しするが、1階19列4番の貴女、基本的なマナーを学習しないなら来ないで欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

広島平和記念資料館と「人影の石」

080604_2先週の3日、4日は、企画打合わせで広島・大阪に出張。3日の朝は少し時間の余裕があったので、早起きして平和記念公園に行ってきた

広島は、今回でたぶん4回目。前回は2001年、音楽業界誌の仕事の出張で、イベンターとCDショップを取材。前々回は1987年、音楽情報誌の仕事の出張で、確か広島サンプラザでの2日間に渡るイベントを取材。打上げで、尾崎豊や渡辺美里、久保田利伸、玉置浩二らと同席したのがなつかしい。。

そしてその前が遥か昔、たぶん幼稚園か小学校の頃だ。九州からの帰り、家族で広島で下車してこの公園へ寄った。もちろん総論的な親の教育的配慮もあったのだろうが、自分の場合は母が直接の被爆者なので、親としては子どもが幼いうちに連れて来たかったのだろう

しかし幼少時に見た平和記念資料館は衝撃だった。今でも当時の記憶として鮮明に残っているのは、全域が焦土と化した広島の街の模型、「人影の石」、被爆後の人々の写真だ。その中に自分の母がいて、かろうじて生き延びたことを考えると、ひとごとではないリアリティを感じた。

ところでその「人影の石」。長きにわたって自分が誤解していたことが、今回判明した

原爆投下当日の朝8:15、銀行の開店を待って入口の石段に人が座っていた。そして原爆の熱線で石が白く変色し、人が座っていた部分だけもとの色のまま残り、そこが黒い影のようになった、というのがこの「人影の石」のエピソードだ。

いっぽう自分は今回説明書きを読むまで、人がそのままそこで熱線に溶けて石に融合し、人影のように黒く変色したものだと思い込んでいた。

いずれにしても、ここは日本人だけでなく世界中の人が一度は訪れるべき場所だと、あらためて強く思った。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

一句詠んでみました

なんでかな 自分探しに カメラ入れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08年5月31日 日フィルサントリー 定期公演(第600回東京定期演奏会)

指揮:ジャンルイジ・ジェルメッティ  ソプラノ:菅恵三子  バリトン:河野克典  合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団

ブラームス:ドイツ・レクイエム

5月30、31日は、日フィルの東京定期600回にあたる演奏会が開催された。

入口で透明のA4ファイルが配布される。本日のプログラム、演奏会チラシとともに、 「日本フィル東京定期演奏会600回の軌跡」と題された中綴じ30ページの冊子が入っていた。

第1回公演は、1957年4月4日。生まれていない。渡邉暁雄指揮、メインはシベリウスの2番交響曲。なるほど、すでに日フィルの方針が明解だ

ガーシュウィンのピアノ協奏曲。斬新だ。というか、1937年没のガーシュウィン、同時代の作曲家の没後20年、という意味合いだったのだろうか。

ピアノは、伊達純。1980年代、駆け出し編集者の頃に、大家の先生として一度だけ原稿を依頼したことがある。その30年前の若かりし頃、この舞台で演奏されていたとは。

そしてページをめくっていくのだが、12回にジャン・フルネ、13回にストリックランドが振っているほかは、20回まで指揮はすべて渡邉暁雄。その後も、約10年ほどは、8~9割がた渡邉暁雄が指揮、というのが、隔世の感がある。

それにしても、園田高弘、江藤俊哉、安川加寿子。。。昭和の先達たちの名前がなつかしい。1961年、34回に小澤征爾が初登場

1962年、54回にはシャルル・ミュンシュが初登場して、ベルリオーズの幻想、ラヴェルのピアノ協奏曲とダフニスとクロエ第2組曲を振っている(聴きてぇ~^^;)。63年には、なんとリリー・クラウスのモーツァルト24番!

しかし、当時は現在のように同一オケが何本も定期ラインを持っていなかった時代だからなのか、海外から客演指揮者が来ると、2ヶ月、3ヶ月にわたって、2回、3回と振って帰っているのがおもしろい

また、渡邉暁雄はじめ、このオケがシベリウスを慈しんで演奏してきたのが、データとしてもよくわかる

65年の、パーヴォ・ベルグルンドが2公演にわたって演奏したシベリウス「7番」「タピオラ」「6番」なんてのもある。(聴きたいよぉぉ~)。81年には、渡邉暁雄による、交響曲の全曲演奏。当時、N響や海外オケばかり行ってて、なぜこれに行かなかったのだ!(と過去の自分を叱咤)。2001年のネーメ・ヤルヴィの、3会場での交響曲全曲演奏も、沖縄に行くことになってチケットをムダにしたし。。

71年には、日比谷公会堂から東京文化会館へ本拠を移す。その第1回は小澤征爾の「ファウストの劫罰」だ。

70年代後半になると、自分が足繁く文化会館に通っていた時代になってきて、ピアノのティモフェーエワ、指揮のルカーチなど、生で聴いた演奏家の名前もちらほら出てくる。

しかし、この600回の軌跡は壮観だ。昨今でこそ、在京オケはどこもレベルが飛躍的にアップし、それぞれ数本のシーズンラインを持ち、豪華な演奏家と共演するに至っており、日フィルもそのone of themになっているが、さらに特色を打ち出し、頑張ってほしいものだ。

ところで、本日の演奏会。。これが、座席選択を失敗して、惨憺たることになってしまった。大編成対応で、サントリー2階センター後方で聴いたのだが、定期と言えども土曜の昼は危険だったことを忘れていた。

演奏開始にぎりぎりで到着し、冒頭の低弦の音を掻き消すようにがさがさと上着を脱いだご高齢の女性、途中入場不可のはずなのに、なんと第5楽章から入ってきてソプラノの声より大きな音でバッグを置き2分以上かけてコートを脱いでいたご高齢の女性、第7楽章ではセキをしたついでにアメを取り出し、剥く音を見事に会場に響かせていたご高齢の女性。。。その他、2階ではあちこちで演奏への集中を乱す雑音が絶え間なく、ぐったりだった。

(そういえば前回、都響のブルックナー3番でも、ラスト直前に左隣りのご高齢の女性が、パンフの小口側を2度バラバラッとして大きな音を立てていた)

最近こういうことが多くなってきているが、休日の昼は特に要注意だ。座席選択に際しては、さらに複眼的なチェックポイントを設けないといかん。。と切に思う。

演奏自体は、合唱が多少大味な気はしたものの、まさにドイツの音、ブラームスの音が際立ち、良かったのだと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »