« 「ブロードキャスター」08年9月末で打ち切り!? | トップページ | 08年7月5日 東響 サントリー 定期公演 »

最近買った本、読んだ本17冊 ~08年6月

最近買った本、読んだ本を、時系列的に遡ってみます。

『さまよう刃』東野圭吾著(角川文庫)

・あまりに酷い事件から始まるが、展開自体は比較的シンプル。少年犯罪者が幾重に守られるいっぽう、被害者家族が蔑ろにされる現実を凄まじく世に問うのが印象的。

Photo『黒笑小説』東野圭吾著(角川文庫)

・東野圭吾の長編はかなり読んでいるが、この手の「ガス抜き」的短編は、初めて読む。冒頭四篇は、文筆業の厳しい現実が自虐的だが非常に嗤える^^;

『毒笑小説』『怪笑小説』東野圭吾著(角川文庫)

・上記の後この2冊も買って、今は『毒笑』の途中まで読んだ。この雰囲気、誰かの作品を彷彿させると思っていたが、それは筒井康隆の70年代の作品かも。

『シェーの時代~「おそ松くん」と昭和こども社会』泉麻人著(文春新書)

・「おそ松くん」は曙出版版の初版全24巻(各巻色違い版)のほとんどを持っていたが、現在手元にあるのは、5、14、18、19、21巻の5冊のみ。ヤフオクで揃え直したいと思いつつ、なかなか動けず。。本書は、一昨日の昼に神保町で買って、喫茶店で引用のマンガのカットだけざっと見たものの、本文はなかなか進まず。。

『失格社員』江上剛著(新潮文庫)

・現実はもう少し先を行って混沌としている企業社会。その一歩手前の普遍的なテーマをよく描いているのかなと。

Photo_2『母が重くてたまらない~墓守娘の嘆き』信田さよ子著(春秋社)

・やや学者系の書き口なのだが、タイトル、装丁などは一般書ふうの仕上げ。作戦勝ちの一冊。

『B型男と幸せになる方法』田中ひろみ著(東洋経済新報社)

・年初に、書籍のカバーイラストをご依頼した田中さん。最近また血液型本がブームだが、本書は田中さんの4コマ、3コママンガが楽しい。

『プロレス「暗黒」の10年』井上譲二著(宝島社)

・60年代から90年頃までずっと見続けていたプロレスの、その後の展開を知る意味で購入。しかし時代は変わった。。

『不機嫌な職場』高橋克徳 他著(講談社現代新書)

・本書を読むと、高度成長時代、終身雇用の日本企業の職場環境にはいい面も多く、現代の病理の解決方法は、そこにヒントがあることがよくわかる。鋭い内容だ。いっぽう解決のヒントも、なかなか現実には難しい部分も。。

『はじめての課長の教科書』酒井譲著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

・自分の書籍企画の参考として。外資と日本的経営の双方からの視点がユニーク。上の『不機嫌な職場』にも観点が通じる。

『「婚活」時代』山田昌弘、白河桃子著(ディスカヴァー携書)

・最近、買ってみたらディスカヴァー・トゥエンティワン刊だったということが続く。ここにも昭和のシステムが崩壊し混沌とする社会が映し出される。データや総論だけでなく、リアリティあるマーケティングによる分析は、納得感が高い。

Photo_3『年収崩壊』森永卓郎著(角川SSC新書)

・昨今、「日本人は預貯金だけでなく分散投資を!」という論調が主流だ。しかし本書は、「預貯金は、3年ぐらい無収入で暮らせる額を確保。その残りでリスク系商品を」と説く。やっぱり自分には預貯金だよな、と全くもって説得力がある。庶民の視線が共感を呼ぶ一冊^^

『いつから、中年?』酒井順子著(講談社)

・ここのところ、新刊は発売日に購入している酒井順子さん。『その人、独身?』『駆け込み、セーフ?』に続き、タイトルも装丁も踏襲した2月刊。内容もますます同時代感があふれて、筆がすべりにすべっている感じ。

『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』城繁幸著(ちくま新書)

・今後、仕事とキャリアはどこへ向かうのか。いっぽう昭和の職場環境が見直されているが、それを実現できるのもまた一部の企業に限られる。あ~生きていくのは大変だし^^;

『35歳で独身で』秋月りす著(講談社)

・秋月さんの描く女性は、けっこう好きです。『OL進化論』の頃の一般職系OLが、今の時代ではこんなふうに逞しく生きているというこの現実感は、タダモノではないかもです。

『東京島』桐野夏生(新潮社)

・→ 『東京島』をご参照^^

|

« 「ブロードキャスター」08年9月末で打ち切り!? | トップページ | 08年7月5日 東響 サントリー 定期公演 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近、本は全然読めません。寝ながら読もうとすると、2ページ位で眠くなってしまいますし。

「おそ松くん全集」は、本当に今更ながら古本屋に売ってしまった事を度々後悔します。全巻色違いカバーの初期新書版を揃えようとすると、結構お値段が張りそうですね。勿体無い事をしました。

「B型のオッサンが日本で幸せになる方法」という本があれば読んでみたいですcoldsweats01 

投稿: アオシィ | 2008年6月30日 (月) 09時44分

おそ松くんは、昨日も20巻が500円で出てたのですが、誰も入札しないまま延長になってました。

わりと安くは買えるのですが、何しろ汚過ぎて躊躇してしまいます。。

ところで、宇宙人が来ておそ松とチョロ松に化けたのをイヤミが発見して、「チミたちどろろざんすね」と言って脅迫する話って、何巻の何ていう回が覚えてますか?(って前も聞きましたっけ^^;)

投稿: paienne | 2008年6月30日 (月) 21時07分

何とな~く覚えているその話・・
なので、何巻だったのかは全く覚えていません。すいません。24巻の「オメガのジョーを消せ」位ですね、はっきり覚えてる話happy01

いつか「おそ松くん全集」古本屋巡りをしたいですね。

投稿: アオシィ | 2008年7月 1日 (火) 16時59分

僕はその巻は所有してなくて、どこか誰かの家で読んだ記憶しかないんです。

もしかしたら、アオシィさん宅だったかも??

いいですね。古本屋巡り。落ち着いたら、軽く飲みましょうよ^^

投稿: paienne | 2008年7月 1日 (火) 22時36分

そうですね(^_^)

今度また一泊して頂く予定で、三女がバイトをしている秋津の焼き鳥屋で軽く飲んで、こちら地元で飲み直して多々歓談したいと思います。

投稿: アオシィ | 2008年7月 3日 (木) 14時36分

>三女がバイトをしている秋津の焼き鳥屋

う~ん。。かなり行ってみたいっす^^;
夏の暑い夜に、ビール飲みましょう!
あ、でも8月下旬までは忙しいですよね?

投稿: paienne | 2008年7月 4日 (金) 21時11分

ぼくの部屋にある唯一の東野圭吾の本が、デビュー作『放課後』の単行本。奥付をみると昭和六十年九月三十日第二刷発行とありました。
なぜ当時、この本を購入したのかは殆ど覚えていません。それから、その本を面白いとは思ったはずなのですが、その後彼の本を読むことは一度もありませんでした。
映画化された『g@me.』(ゲームの名は誘拐)、『レイクサイド マーダーケース』(レイクサイド)、『手紙』は観ましたが、どれももう一つ。ただ今年公開予定の『ガリレオ』には期待しています。

投稿: alcoa01 | 2008年7月 9日 (水) 23時29分

忙中閑有り、な感じです。
8月上旬は公私共に一息つけそうなので
もしお互い都合がつけば一度参りましょう。

おふくろがDVDレコーダーでノイローゼ気味
になっておりますので、こちらも一度宜しく
お願い致します^^;

投稿: アオシィ | 2008年7月10日 (木) 18時31分

alcoa01さん

「放課後」は、まだまだミステリー色の強い作品ですよね。
その後、ミステリミステリした作品を書きつつも、より純文学に近い作品も極めた感じがします。
僕のなかでは、「白夜行」「秘密」「容疑者Xの献身」あたりがベスト作です。

投稿: paienne | 2008年7月10日 (木) 23時19分

アオシィさん

>DVDレコーダーでノイローゼ気味

そうなんですか?
最近はかなり頻繁にメールしているのですが、DVDの話題からは少しはなれてしまっていました^^;
そのあたり、また聞いてみますね。
夏場にぜひ^^

投稿: paienne | 2008年7月10日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/21964513

この記事へのトラックバック一覧です: 最近買った本、読んだ本17冊 ~08年6月:

« 「ブロードキャスター」08年9月末で打ち切り!? | トップページ | 08年7月5日 東響 サントリー 定期公演 »