« 08年5月31日、6月15日の日フィル公演を購入 | トップページ | 「世界最低の国、日本」 »

久々の二重夢金縛り

昨夜久々に、二重夢で金縛りにあった

金縛り自体は、かなり多くの経験があるが、普通の金縛りに加えてさらに異常な状態になったことも数度ある

中野に住んでいたときは、金縛りが解けた瞬間に、自分の身体を覆っていた「液体空気」のようなものがびゅびゅっと圧縮して、ガラス窓を突き抜けて外に逃げていくのを目撃した。

今の家では、娘が相当怖がっていた「魔界」をテーマにしたライトノベルス系の小説を読んで、「オレの歳だと怖いうちに入らんよ」と笑い飛ばして枕元に抛って寝たら、眠った瞬間に、やはり「液体空気」が足元からじわじわと波打って身体全体に乗っかってきた。本当に身体も波打っていた。

親元に住んでいたときには、ピアノ版「クープランの墓」を聴きながら寝たら、金縛り状態で幽体離脱を起こし、自分が天上まで浮いて、部屋のドアの近くまで強制的に移動させられた。

そして、この二重夢金縛り。これは、夢の中でさらに眠りにつき、夢の中の睡眠中に金縛りになるというもの。

これのやっかいなのは、通常なら金縛りが解けた瞬間に、完全に現実に戻ってほっとするのに、金縛りが解けてもまだ眠っていて不安定な状態が続くので、ここから永遠に抜け出せないのではないかという恐怖に陥る点だ。

金縛りにならない最大のポイントは横向きで寝ること、というのはわかっているのだが。でも、ついつい喉元過ぎるとなんとやらで、上向きで寝てしまうんですよねこれが。。

|

« 08年5月31日、6月15日の日フィル公演を購入 | トップページ | 「世界最低の国、日本」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/20572118

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の二重夢金縛り:

« 08年5月31日、6月15日の日フィル公演を購入 | トップページ | 「世界最低の国、日本」 »