« 08年4月26日 東響 オペラシティ 定期公演~際立つシューマン4番の凄み | トップページ | 08年5月19日 都響演奏会を購入 »

タワーとアマゾンでCDを5枚購入

昨日08年4月26日、東響オペラシティ定期に行く前、新宿タワーで2枚、今日アマゾンで3枚、CDを購入した。

<タワー>

Mendshost_100●ヒラリー・ハーン/パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番、シュポア:ヴァイオリン協奏曲 第8番

●ヒラリー・ハーン/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

ボックスセット等の企画ものを除くと、ヒラリー・ハーンのCDは、ソニーから5枚、グラモフォンから5枚、計10枚がリリースされている。

今回購入したこの2枚でそのうち9枚を入手。残るは、ベートーヴェンのみとなった。

昨日今日とメンデルスゾーンを聴いているが、バッハやシベリウスの3楽章などでの太く弾き込む音色は聴かれないものの、正確で清々しく豊かな表現はハーンらしくて嬉しくなってくる。

<アマゾン>

Photo●田部京子(ピアノ):吉松隆(作曲) プレイアデス舞曲集

田部さん、吉松氏ともに、好きな日本人ピアニスト、作曲家だ。

お2人の接点があるCDについては、吉松氏が解説を書いている田部さんのCHANDOSデビュー盤「シベリウス ピアノ作品集」が自分の愛聴盤。だが、その先になかなか踏み込んでおらず、今回このCDを聴くのが非常に楽しみである。

Photo_2●Frank Sinatra:Strangers in the Night 

実は恥ずかしながら、シナトラは自分の空白地帯である。もちろんあまりにメジャーな曲の数々は知っているが、アルバムは1枚も持っていない。だから今回の購買プロセスも、実にライトユーザー的です(笑)。

初回放映1988年第3クール、バブル期の徒花トレンディドラマの金字塔『抱きしめたい!』の最終回前第11話ラスト。深刻なケンカ別れをした麻子と夏子が、それぞれ夜のウォーターフロントまわりを彷徨う全編中かなりのクライマックスシーンで、この「Strangers in the Night」がかかる

これがずっと気になっていながら、何の曲だかわからないまま20年が過ぎていた。

そんななか、今年佐藤浩市が出ているANAのCMにこの曲が使われ、ようやく何だかわかったしだい。(セブンのリパッティのシューマンの7年に比べて3倍の期間だ^^;)

●宇多田ヒカル:HEART STATION 

一家に1枚、宇多田ヒカルのフルアルバム^^

|

« 08年4月26日 東響 オペラシティ 定期公演~際立つシューマン4番の凄み | トップページ | 08年5月19日 都響演奏会を購入 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

フランク・シナトラの「Strangers in the Night」は「夜のストレンジャー」というタイトルで日本でも有名な曲です。
元々は『ダイアモンド作戦』(原題はどうしたらこんなタイトルなるのだろうという気がする『A Man Could Get Killed』)という映画(未見です)の主題歌だったようです。そして彼のソロシングルの中では最後の大ヒットでした。
ちなみに当時のシングルの値段は370円でした。
『抱きしめたい!』も観たことないのですが、ビートルズみたいなタイトルなのに、シナトラっていうのが興味深いですね。

投稿: alcoa01 | 2008年4月28日 (月) 23時19分

さすがalcoa01さん、絶くわしいですね~^^;

そうだ、この曲の次に流れる曲もまだわからないのですが、alcoa01さんに聞かせて、教えてもらおう!

投稿: paienne | 2008年4月28日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/20611287

この記事へのトラックバック一覧です: タワーとアマゾンでCDを5枚購入:

« 08年4月26日 東響 オペラシティ 定期公演~際立つシューマン4番の凄み | トップページ | 08年5月19日 都響演奏会を購入 »