« 簿記3級無事合格^^ | トップページ | 08年4月17日 東フィルオペラシティ 定期公演 »

教皇ベネディクト16世バースデイコンサートのハーンとドゥダメル

Photo入手したまま見ていなかった、DVDを見た。

「教皇ベネディクト16世 バースデイ・コンサート ヴァチカン・ライヴ」

シュトゥットガルト放送交響楽団&ブラス 

指揮:グスターボ・ドゥダメル  ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン

このDVDは、「2007年4月16日に行なわれた、教皇ベネディクト16世の80歳の誕生日を記念するガラ・コンサート」を収録したものだ。

1しかし、このドゥダメル&ハーンという世界が注目する若手2人の組み合わせがすごい! 個人的にもハーンにはかなりはまっているし、ドゥダメルのベト5&7は最近の愛聴盤である。

曲目は、オープニングとエンディングに、ジョバンニ・ガブリエリの作品。メインが新世界で、その前のモーツァルトの3番協奏曲で、この2人が共演している

ドゥダメルとハーンの入場。3月14日文化会館演奏会で間近で観たハーン入場シーンが、フラッシュバックする。髪型が同じだし、もしかして服も同じかも

それにしても、ハーンがヴァイオリンを奏でた瞬間に、色が変わる世界が変わる。この清冽だが深さを湛えた音色と演奏には、心をあちら側に持っていかれる。

2また、ドゥダメルの演奏がいい。CDのベト5&7にしてもそうなのだが、人類の明るい未来を信じて疑わない、かといってそれが上っ面ではなく確かな根拠と自信を伴うような表現なのだ。

まさに夢の組み合わせによるこの2人の演奏は、まるでこの曲を初めて聴くように新しく聴こえてくるから、さすがだ。

【ところで。。】

なぜこんな垂涎のDVDを入手したまま見ていなかったかというと、ここ数ヶ月、土日に確保した自由な時間は簿記の学習にあてていたから。。

今の状況で資格試験の学習をするということは、CDやDVDや本を楽しんでブログを書いたりする時間をそちらにまわすということなのだ

両方できればいいのだが、これがなかなか難しい。。30代の頃にもう少しビジネスマネジメントの勉強をしておけば、と思っても時すでに遅し。

少年老い易く学成り難しってなもんですね。まあ、まだまだ若いと思って頑張らないと^^;

|

« 簿記3級無事合格^^ | トップページ | 08年4月17日 東フィルオペラシティ 定期公演 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/11976736

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇ベネディクト16世バースデイコンサートのハーンとドゥダメル:

« 簿記3級無事合格^^ | トップページ | 08年4月17日 東フィルオペラシティ 定期公演 »