« 「HOMEWARD BOUND」&「AMERICA」 - simon&garfunkel | トップページ | 東京オペラシティが好きでない理由 »

2007年12月13日 東フィルオペラシティ 定期公演

指揮:若杉弘

シューベルト:交響曲第8番「未完成」

ブルックナー:交響曲第9番

12月定期は、サントリーを振り替えて、オペラシティに行って来た。

未完成を定期でやる。これにはかなり興味があった。未完成は、定番中の定番なので、名曲コンサートでよく取り上げられる。それをあえて定期で取り上げるのだから、何らかの「思想」、個性的な「解釈」があってしかるべきだ

今回の若杉の未完成は、極めてスローテンポで展開された。もともと凡庸な演奏だと間延びしてしまうこの曲を、さらに遅いスピードで展開する。これは、ある意味での「挑戦」だろう。

これ以上遅いと曲が成り立たないまでの遅さ。しかし張り詰めたテンションにより緊張感は保たれ、この曲の新たな側面を見せてくれる。弦の圧力がしっかりと裏支えする。

評価は分かれるかもしれないが、自分にとっては満足いく内容だった

そしてブルックナーの9番。先日の「ブルックナー交響曲第9番のこと」の記事に書いた通り、この曲は吉松隆氏が「人類史上でもっとも純粋にして深遠なる音響の大伽藍」と評した、究極の音響が聴ける作品だ。

未完成とはうって変わって、テンポも解釈も基本的にオーソドックス。曲自体の魅力をたっぷり味わってくださいとばかりに、あえて未完成のような独特の切り口をとらずに、聴きどころや楽しみどころを聴衆に任せているかのようだ。

しかし、2楽章、3楽章の全奏のクライマックスは、こちらも無我の境地にもっていかれる。まさに人類はここまで到達したのかという、宇宙の響きだ。

東フィルもこの世界観を描くのに充分な圧力をみなぎらせることに成功していた。さすがに、金管は日本人の限界を感じさせる場面もあったが、それでも十分な出来だったように思う。

3楽章の後半は、まさにブルックナーが「生からの決別」と呼んだだけあって、生から死へ向かう澄んだ川を渡ってしまったかのような感覚だ。

ということで、なかなか満足度の高い演奏会だった。

アフターは、いつも東フィルを同行している友人と、最初の会社の同期で現在クラシックレーベルの要職にある友人と3人で軽く飲み。

レーベルの友人は、相変わらず超弩級のブルックナーヲタクぶりを見せ、やや辛口な評価。圧倒されぎみな展開となりました^^;

|

« 「HOMEWARD BOUND」&「AMERICA」 - simon&garfunkel | トップページ | 東京オペラシティが好きでない理由 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

そういえば、きのうブル9ばっかりでシューベルトについて話すの忘れたね(笑)
聞いてて気づいたんだが、昨日の未完成、最近人気のベーレンライター版でもブライトコプフ(新旧)版でもなく、珍しいオイレンブルク版(Teresa Reichenberger編)を使ってたのに気づいた? 実演で聞いたのは初めて!

投稿: ジ・O | 2007年12月15日 (土) 00時05分

確かに、ところどころであれっ? と違和感があったんだが、そういうことだったんだね~。

さすがジ・Oさんは、すごい!

投稿: paienne | 2007年12月15日 (土) 00時22分

「未完成」マニアなんですよ(笑)
スコア、たぶん7冊くらい持ってます!
けっこう細かいところ違ってんだよねー。
こういう重箱の隅的な作業が楽しいのです(笑)

ブル9はね、ちゃんと未完成の4楽章と、コールス他による完成版のスコアも買いました。

投稿: ジ・O | 2007年12月15日 (土) 07時57分

僕もマニアのシベリウス7番とかは6,000円のスコア買ったりしてるけど、そんなレベルには到達してないなあ。

さすが、ジ・Oさん! 出世頭!^^;

投稿: paienne | 2007年12月15日 (土) 10時43分

そういえば先日、「クレルヴォ交響曲」のスコアがやっとポケットスコアになったので買ったよ。確か今月、アマのアイノラ交響楽団がこれやるらしいね。行こうかと思ってます。そんなに聞くチャンスがあるもんじゃないしね。

投稿: ジ・O | 2007年12月15日 (土) 22時00分

新田ユリ指揮、12月22日すみだトリフォニーだね。
シベリウス協会の、シベリウスやる演奏会を全部掲載してるページはブックマークしてるんだけど、しばらくご無沙汰してしまってるうちにそんなものが!

4月13日の杉並は行こうかな。。

投稿: paienne | 2007年12月16日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/9404463

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年12月13日 東フィルオペラシティ 定期公演:

« 「HOMEWARD BOUND」&「AMERICA」 - simon&garfunkel | トップページ | 東京オペラシティが好きでない理由 »