« 2007年10月19日 東フィルサントリー 定期公演 プレトニョフ疾風怒濤の4番! | トップページ | 「スミ商会」07年10月20日閉店(4) »

東フィルサントリーのアフター ・・・ バレエとオーケストラの異文化交流?

昨日19日は東フィル定期に行ってきた(「2007年10月19日 東フィルサントリー 定期公演 プレトニョフ疾風怒濤の4番!」)のだが、今回はいつものメンバーに加え、初参加の知人が同行した。

【コアなバレエファン、初めて単体のオーケストラを聴く】

彼女は、相当コアなバレエファン。海外、国内と、相当な数を聴いている。それはつまり、オーケストラはいつもオーケストラピットに入っている状態で聴いているということだ。

いっぽう、オーケストラ自体の演奏会は今回が初めてなのだそうだ。バレエをよくやる東京文化会館には数え切れないほど行っているが、サントリーホールも初めてだとか。

サントリー2階席から全体を眺める。ワインヤード型のホールも、すべて表に出ているオーケストラも初体験で新鮮なようで、こちらは逆にその新鮮な感じが新鮮だ。

演奏は、かなり満足だったようだ。なにしろ、チャイコフスキーとプロコフィエフは、バレエで言えば、王道中の王道の作曲家。「ロメオとジュリエット」や「くるみ割り人形」は、やはり原点なのだとか。

その2人の作曲家の純粋なオーケストラ作品は、バレエ作品にも通じるところがあって、思わずにやりとしたり、バレエでは抑え気味の印象があったチャイコフスキーの爆発ぶりには驚いたりしたそうだ(もっとも今回はプレトニョフとくに爆発してましたが^^;)。

【改めて気付く。「交響曲」「協奏曲」に対して「管弦楽曲」は「その他全部」の区分】

自分は、オーケストラはこれまでたぶん数百回単位で聴いているが、バレエは数回程度しか観ていない。ただの、どシロウト。

今回彼女と話していて改めて気付くのは、我々オーケストラ側の「管弦楽曲」という慣れ切った区分は、同じ土俵の区分である「交響曲」や「協奏曲」に対し、実は雑駁(ざっぱく)な「その他全部」の区分だということだ。

例えば、劇付随音楽「夏の夜の夢」、劇音楽「ペール・ギュント」などは、「今は文化としてなくなっている”劇”のために作られた付随音楽」である。が、我々は、まずオーケストラ用「組曲」から知る。そして当然、劇はもうないので、これに触れることは一生なく、ふだんは存在すら意識しない。

いっぽうバレエは現在も盛んなので、劇音楽とは少し違う。しかし、「くるみ割り人形」あたりのメジャーなものでも、オーケストラ側からすると、まずオーケストラ用「組曲」で知る。また、例えば「火の鳥」も「ダフニスとクロエ」も同様で、「管弦楽曲」「組曲」として知る

もちろんこれらは、もともと「バレエ」のための音楽だ。しかし「管弦楽曲」として聴いている限りは、「バレエ全体のある部分について、音楽だけ抜粋しているもの」としては、明確に意識しない

彼女からして見ると、バレエのことをほとんど知らないはずの僕が、「火の鳥」「ダフニス」と関連の深いディアギレフやニジンスキーやロシア・バレエ団などの名前をよく知っているのは、なんとも不思議だったりするのだった。

また彼女は、CDショップにバレエ音楽を買いに行くと、いつも困っていたそうだ。なるほど、「バレエ音楽」という区分をしているショップは、なかなかないだろう。今回、「管弦楽曲」というオーケストラ側の区分を知って、初めて謎が解けたのだそうだ^^

【そして「くるみ割り人形」。。】

話しは、「くるみ割り人形」に発展する。彼女は「くるみ」と呼んでいた。バレエ側のこういう略し方も新鮮^^

バレエ嬢「え? 「くるみ」にオーケストラ用「組曲」があるんですか?」

全曲を知り尽くしている人間が、それを知らないことが、こちらには驚きだ。

私「オケではすごく有名な組曲ですよ^^」

バ「どの曲が入ってるんですか?」

私「え~と。あし笛の躍りとか、トレパックとか。。最後が花のワルツ」

バ「それじゃ雪のシーンが○○じゃないですか!」(不明)

私「そうなんだ? 全曲盤を知らなかったときは、バレエも花のワルツで終わるのかと思ってました」

バ「え~それだと○○が○○です!!」(これも不明)

私「「パ・ド・ドゥ」っていい曲だよね」

バ「それは、単独の曲名じゃなくて、全編のクライマックスで主人公の男女が踊るシーンを指すんです」

私「オペラの”アリア”が曲名じゃないのと同じだ?」

バ「まあ、そうですね」

と、まさに異文化交流。というか、たんに自分の無知をさらけ出しているだけかも??^^;

|

« 2007年10月19日 東フィルサントリー 定期公演 プレトニョフ疾風怒濤の4番! | トップページ | 「スミ商会」07年10月20日閉店(4) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

この方はご自身では踊られないのでしょうか。
もしバレリーナの方々がこういった演奏を聴いたら、どのような感想を持たれるでしょうね。しかもプレトニョフですもの。興味津々♪

投稿: まゆゆ | 2007年10月26日 (金) 12時21分

ご自身は、ピアノはやっていたそうですが、踊りはやってなかったと思います。
プレトニョフのくるみ割りとか、どんなになるんでしょうね^^ 

投稿: paienne | 2007年10月27日 (土) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/8526495

この記事へのトラックバック一覧です: 東フィルサントリーのアフター ・・・ バレエとオーケストラの異文化交流?:

» バレエのレオタード [バレエのレオタード]
バレエのレオタード [続きを読む]

受信: 2007年10月21日 (日) 12時15分

» クロエ財布【ブランド】 [クロエ財布【ブランド】]
□トラックバック失礼いたします。クロエの財布。長財布や二つ折り財布など新作、最新情報を紹介していきたいと思います。また、通販やオークションなどでも色々とクロエ財布でてますね! [続きを読む]

受信: 2007年10月21日 (日) 14時16分

« 2007年10月19日 東フィルサントリー 定期公演 プレトニョフ疾風怒濤の4番! | トップページ | 「スミ商会」07年10月20日閉店(4) »