« マレーシア料理「馬来西亜マレー」 | トップページ | 茅ヶ崎・湘南エリアと相模線と再び予知夢 »

2007年9月30日 神奈川フィル特別演奏会

9月30日は、茅ヶ崎市民文化会館での、「茅ヶ崎市制施行60周年記念事業 神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会」に行ってきた。指揮は、上野正博。

・ビゼー:「カルメン」組曲から「トレアドール」

・プッチーニ:オペラ「トスカ」より「歌に生き、恋に生き」、オペラ「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」(ソプラノ:桐山望)

・グリーグ:ピアノ協奏曲(ピアノ:青島陽子)

・ドヴォルザーク:交響曲第9番

初めて訪れる茅ヶ崎市民文化会館は、中規模のいわゆる多目的ホールな感じ。客層は、たぶん茅ヶ崎の長い住人の方々なのだろう、50~60代の功成り名を遂げたヒトカドの人たち、という印象だ。

ホールは1階の中央通路から後方は傾斜が入るので、今回の中央やや後ろの席からは、弦、木管、金管、打楽器が段差になって重ならず見え、音質に期待が持てる

さて、「カルメン」の「トレアドール」の出だしから、その期待どおりに、明るく、くっきりした音がいい具合に届く。サントリーやオペラシティにも、この傾斜が欲しいところだ。

そして、今日の演奏会は、「茅ヶ崎市の若きアーティストを迎えて」という副題が付いている。ソリストのお二人は、ともに茅ヶ崎市出身の期待のアーティストだ。

グリーグのピアノ協奏曲を弾くのは、青島陽子さん。ご本人のブログの記事、「演奏者の目指すもの…作曲家の心を映す」において、あるべき演奏者の姿勢について書いているが、今日の演奏はまさにそれを体現したかのようだった。

情緒に流されることもなければ、ヴィルトゥオーソ的に技術を誇示することもない。一音一音、一つ一つのパッセージを大切にていねいに綴ってゆく。そんな誠実な音作りによって、まずグリーグの魂が、そしてさらに演奏者の心が伝わってくる

この気持ちが洗われるような演奏によって、これまでいい加減に流して聴いていたこの曲のいくつかのフレーズが、こんなにも美しく、思いを湛えていたのかと気付かされる

そんな演奏に会場も呼応し、1楽章の後に大きな拍手が起きた。新世界の1楽章の後にはほとんど拍手はなかったのだから、「楽章間では拍手しない」というルールを知ったうえでの、大きな喝采なのだ

青島さんは、この拍手には少々驚いた様子ながらも、会場に一礼していた。とても誠実なお人柄なのだろう。

さて、休憩後の新世界は、かなり気の抜けた演奏に思えた。弦、木管、金管の各パート間だけでなく、パート内でのアンサンブルや強弱のバランスが今一つ。また、最も緊張感を高めなくてはならない箇所で、音をはずしたり歪んだり。

まあ、今日のハイライトはソリストお二人で、正直新世界は練習不足だったのだろうと思いました。

|

« マレーシア料理「馬来西亜マレー」 | トップページ | 茅ヶ崎・湘南エリアと相模線と再び予知夢 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ブログの内容とは関係ないですが・・
いつも楽しくよませてもらってます。

ぼくのブログとあまりにも内容が違うのでなかなかコメントできず・・。

どうにか仕事もがんばってます。またそのうちあいましょう。

投稿: espressoaddshot | 2007年10月 3日 (水) 10時34分

ご無沙汰です! ほんと、僕のブログにITと釣りは無縁ですしね~。
最近のお昼は、狭いスタバじゃなくて、広々としたエクセルでゆったりしてるし^^;
僕もときどきブログにお邪魔してますよ! 
N嬢にも仕事頼んでます。
またぜひお会いしましょう!^^

投稿: paienne | 2007年10月 3日 (水) 20時52分

50~60代の方々がお客様の大半だったのですか。最近では若い方々、特に10~30代の方々が、なかなか音楽会に行かれないような感じもしますね。尤も30代だと、人によっては子育ての時期に入ってしまいますが。

投稿: まゆゆ | 2007年10月 3日 (水) 21時59分

平日夜の演奏会は40~50代男性中心、休日昼の演奏会は40~50代女性中心、というのが一般的な傾向ですが、この日はもう一回り二回り上の客層でした。

僕の印象だと、この一般的な傾向は自分が10代、20代だった頃とあまり変わらないような気がします。
(でも当時40~50代に見えていた人が、実は30~40代だった、ということはたぶんあるのかも知れませんね^^;)

投稿: paienne | 2007年10月 3日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/8213211

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年9月30日 神奈川フィル特別演奏会:

« マレーシア料理「馬来西亜マレー」 | トップページ | 茅ヶ崎・湘南エリアと相模線と再び予知夢 »