« 「僕等がいた」と乙女チック体質? | トップページ | 自宅で堪能 多摩川花火大会@二子玉川 »

完璧なフレンチレストラン、成城学園の「アシエット」

19日の日曜は、ミューザ川崎での演奏会のあと、成城学園のフレンチレストラン「アシエット」でディナーを食べた。

成城学園の北口にあるこのフレンチ、以前から気になってはいたのだが、今回が初めて

外観からは、こぢんまりとしたイメージがある店なのだが、実は、4階から地下1階まで、5フロアを擁する。地下はワインバー、3階、4階がパーティールームと個室、1階がエントランス&キッチンで2階がメインダイニングだ。

店に入ると、いきなり優雅な空間のエントランス。ここにいるだけでも、気分がいい

そして2階のメインダイニングに通される。これがまた非常に落ち着いた、大人の空間だ

どの席の傍にも小さめの絵画があるのもいい。また、すべての席がたっぷりとした空間を確保しているから、周囲が気にならない

もともと成城は都内の喧騒と一線を画した街なのだが、この店内にいると、ますますそんな気分が増幅される

ギャルソンの対応も完璧。初めて訪れる一見の客にもかかわらず、上客のような扱いをしてくれる

価格もリーズナブル軽いおつまみ、前菜、シャーベット、メイン、デザート2品、コーヒーのコースで、なんと5300円。今回は、さらにチーズを食べ、ビールとグラスシャンパンを飲んだが、それでも8800円と、1万円でお釣りが来た。

しかし、鴨胸肉とソースはとろけそうに美味だったし、青かびのヤギのチーズもこってりと絶品。自家製のパンが、これがまた究極だ。

何もかもが満足で、通常の時間の流れからそこだけ切り取られたようなひとときを過ごすことができた

マーラーの5番交響曲を聴いていたような時間。。とでも形容してみます^^

|

« 「僕等がいた」と乙女チック体質? | トップページ | 自宅で堪能 多摩川花火大会@二子玉川 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お気に入りを発見したときは嬉しいものです。
宝物が新たに増えたみたいに。
もっと嬉しいのは、その宝物がずっとそのままであってくれること。
今回のお店も、そうだといいですね。

投稿: alcoa01 | 2007年8月19日 (日) 00時36分

お気に入りの店がある日なくなっていると、本当にがっかりしますよね。
同時に生きていたものが、「自分のある時期の記憶」と化してしまうからでしょうか。

投稿: paienne | 2007年8月19日 (日) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/7562555

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧なフレンチレストラン、成城学園の「アシエット」:

« 「僕等がいた」と乙女チック体質? | トップページ | 自宅で堪能 多摩川花火大会@二子玉川 »