« ヒラリー・ハーンと神尾真由子 | トップページ | いきなりの自宅療養生活、長引く »

ウルトラセブン第48,49話(最終回)「史上最大の侵略 前編・後編」(ゴース星人、バンドン)

★このブログが本になりました!★
2013年4月25日発売!

Photo_4  『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』
(青山通・著、アルテスパブリッシング・刊)

冬木透氏にも取材、最終回の音楽秘話も掲載!
⇒著者による最終回+ベスト8話の内容と音楽を詳述!

☆Amazonでも発売中

◎特別製作 セブンしおり付き

出版社HP(http://www.artespublishing.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●あらためてセブンに感謝。。

■ストーリー

Photo_53侵略者との戦いに疲弊したセブン(ダン)は、脈拍360、血圧400、熱が90℃という状態に陥る。そんな体調のなか、朦朧としたダンは、ミスでゴース星人の地球上陸を許してしまう

ダンは、炎に包まれた警備隊員たちを救いゴース星人操るバンドンを倒すべく、セブン上司に止められるが、セブンに変身。瀕死の状態でバンドンを倒すも、さらに重症を追う。ダンは、レントゲンで秘密がばれるのを恐れ、防衛軍から抜け出す。

ゴース星人はいつのまにか地底に基地を作っていて、空と海の守りは堅いが地底はまったくの無防備」という人類の弱点を突く。人類は降伏に応じないため、地底ミサイルで世界の主要都市を破壊されてしまう。残るは東京。。

防衛軍は、ようやくゴース星人の基地を発見。時限爆弾を積んだマグマライザーで爆破、壊滅させる

ダンは、アキオ少年の自宅や隠れ家をさまよっていたが、アンヌに見つけられる。そしてアンヌに自分の正体を明かし、別れを告げ、セブンに変身。捕らえられていたアマギを間一髪で救出したセブンは、再び現われた改造バンドンとの最後の戦いに臨む。

アンヌから事実を知らされた防衛軍のメンバーたちは、ホークで捨て身の援護を行う。セブンはかろうじて勝利し、明けの明星が輝く群青色の空の彼方、M78星雲へ帰っていった。。。

「ダンは死んで帰っていくんだろうか?」

いや、「ダンは生きている。きっと生きているんだ。遠い宇宙から俺たちの地球を見守ってくれるさ。そしてまた、元気な姿で帰ってくる!」 

■7歳の頃~その衝撃と怒り

その日は、1968年9月8日。僕は、小学2年生、8歳になる少し前だった。

あんなに強かったセブン。その強さは、視聴率低迷の一因にまでなるほどだった。すぐに赤いランプが点滅するという弱みを持つウルトラマンに比べ、セブンは、寒さとロボットに弱い程度だった。

そんなセブンが、突如力を落とし、バンドンごときに悲壮な戦いを演じてしまう

前編の戦いでは、ウルトラビームが途切れてしまい、バンドンに届かない。そのことに驚愕し、指を震わせ、がっくりと頭を垂れてうなだれるセブン。なんと切ないことか。

強さと切れ味の象徴だったアイスラッガーが、泥にまみれて踏みにじられる。地べたをのたうちまわって拾い、なんとかバンドンを倒す。

子どもの僕は、地団駄を踏んだ。セブンがいつもの強さなら、ゴース星人やバンドンなど恐るに足りない。何が「史上最大」だ、と。

■7歳の頃~恋と共生と別れ

ウルトラマンでは、ウルトラマンとハヤタが入れ替わっていた事実を、ハヤタ本人ですら認識しないまま終わる。ハヤタとフジ隊員の間には、特別な感情はなかった

しかしウルトラセブンでは、ダンとアンヌはずっといい雰囲気で、最後もダンはアンヌにだけ自分の正体を明かし、去っていく。

煎餅を食べながらサハラ・ラリーの映画を見て、向ヶ丘遊園のコーヒーカップで綿菓子も食べた(第28話)。

本部に事後報告もせずに津久井湖でモーターボートにも乗った(第41話)。

休暇に上司公認で、二人で入田浜の海に泳ぎにも行った(第42話)。  

ユキコさんにヤキモチ焼いてタンポポを吹き飛ばしたりもした(第38話)。

そんなアンヌへの告白。。

「僕は、僕はね、人間じゃないんだよ。M78星雲から来たウルトラセブンなんだ!」・・・「びっくりしただろう?」

「ううん、人間であろうと宇宙人であろうと、ダンはダンにかわりないじゃないの。たとえウルトラセブンでも!」

まさに「異なる種族との共生・共存は可能なのか」という、セブンを通貫する深いテーマの集大成だ。同時に、ダンとアンヌが心の深い部分で繋がったシーンでもある

様々な点において、子ども向け番組を超越していたセブンだが、恋愛感情の描き方とその落しどころにおいても、それは同様だった

7歳の僕はセブンを通して、女性は男を騙して利用することも、女性は男性を包み込むように愛することも知った(笑)。

■7歳の頃~クラシック音楽の原体験

アンヌへの告白と同時に鳴り響く、ディヌ・リパッティのピアノの、シューマンのピアノ協奏曲、1楽章の冒頭。それからのラスト10分間は、この演奏がセブンのオリジナル音楽と織り成すように流れ、感動的なエンディングを彩る。

この美しくも哀しく切迫した推進力を持つ感動的な音楽は、いったい何なのだろう、と探し始め、曲の判明までに4年、演奏者・録音データの判明までに、さらに3年の歳月がかかることとなった。そのことは、僕にクラシック音楽の本質を教えてくれることとなった

(この顛末は、→ 「【ブログ開設1年】リパッティのシューマンとウルトラセブン最終回 」 1~3の記事をぜひご参照ください。)

■長年の2つの疑問に仮説が

mixiのセブンのコミュにおいて、長年の2つの疑問に仮説が提示された。なかなか興味深いので、ここでも紹介したい。

まず、フック星人ではあんなに元気だったセブンが、なぜ突然瀕死の状態になったか、だ。

これは、「セブンの各話は時系列的に順不同であり、また、全49話は1年間で起きたことではなく、数年の間の話である」という仮説で説明できるというのだ。

最大の根拠を、抜粋・引用してみよう。 「月世界の戦慄」でクラタと再会したキリヤマは、「一緒に宇宙に出るのはザンパ星人を滅ぼして以来3年ぶり」と言う。となると「V3から来た男」はそれより前のこととなり、少なくとも第13話から第35話までで3年以上が経っている、というものだ。

また、アンヌの髪型も突然ショートやロングになるのも、その証左だと。

そう考えると、時系列的に最終回の前に起きた話は、大きなダメージを負った、第35話「月世界の戦慄」→第38話「勇気ある戦い」あたりだったのだろう

もう1つは、ゴース星人が、いつ地底基地を作ったのだろうか、という問題だ。

これには、実はユートムの地底基地を修復して再利用したのではないか、という仮設が提示されている。謎だらけで突っ込みどころだらけの第17話「地底GO! GO! GO!」は、最終回への伏線だった、という訳だ。

■終わりに

東京MXTVの放映をペースメーカーとして書き続けてきたセブン全49話に関する記事も、これが最後

最初の3話は、一言コメントだった。第4話から少し長い記事にした。キングジョーの前編後編を超えたあたりから、だんだんさらっと書けなくなってきた

書籍、ネット、DVD、過去の自分のノート等の資料にあたったうえで、1度通しで見て、2度目を見ながら書いて、3度目を見て書いたものを確認・修正しアップする、という数時間を擁する作業になってきた

プロテ星人からあと、自分のなかでも存在が大きい作品が目白押しになってくると、どこをどう書くか考える時間が、さらに増えた。もはや、雑誌等に署名原稿を書くときと全く変わらない状態になった。

スタートから1年。改めてセブン全話を数度ずつ見て、自分の過去と現在によって濾過したうえで文章にする作業は、1967年から2007年までの自分の40年を確認することでもあった

こんな素晴らしい作品が生まれ、放映され続け、多くのファンとともに慈しむことができることに、改めて感謝したい。

(と終わりたいですが、最初からキングジョーあたりまでは書き直したい気分なんです^^;)

(写真:「怪獣wiki特撮大百科事典」より)

→他の作品は、当ブログのウルトラセブンカテゴリーでどうぞ!

|

« ヒラリー・ハーンと神尾真由子 | トップページ | いきなりの自宅療養生活、長引く »

「ウルトラセブン」カテゴリの記事

コメント

ウルトラセブンの話は腰を据えて始めると、きっと止まるところを知らない勢いになってしまいますね。やはり唯一無二の特別・別格な作品ですね。

投稿: T.A | 2007年7月 7日 (土) 16時35分

こんどはまたファミリー劇場で毎週日曜に見てますが、飽きませんね~。
今日は、イカルス星人です^^;

投稿: paienne | 2007年7月 8日 (日) 15時29分

単なる娯楽番組ではなく、それこそ人生を変えてしまったかのよう。ウルトラセブンがそこまで力を持った存在だったとは。
気になった音楽に対する思い入れや辿り着くまでの努力も凄いと思いました。

>子どもの僕は、地団駄を踏んだ。セブンがいつもの強さなら、
ゴース星人やバンドンなど恐るに足りない。
この気持ち、よくわかります。当時のぼくも、きっとそんなことを感じたように思います。


第一話を観てみました。
過去の作品をもう一度観るということは、最初に観た以降の人生の何かと結びつくことがありますが、今回の場合は黒澤明の映画でした。

ヤマオカ長官を演じている藤田進は黒澤明のデビュー作『姿三四郎』の主役としても知られています。
そして、モロボシ・ダンが最初に名前を聞かれた時「そう、モロボシ・ダンとでもしときましょう」と答えますが、その雰囲気が藤田も出演している『用心棒』の中で、三船敏郎演じる主人公が自分の名前を伝える時と似ているような気がしたのです。
こうした予想もしないような印象を受けることが出来ただけでも何か特別なものを感じます。早めに次作に辿りつけられたらと思っています。

投稿: | 2007年7月11日 (水) 00時29分

お名前がありませんでしたが、alcoaさんですよね?
映像コンテンツにくわしいalcoaさんですから、多くの気付きがあることでしょうね。
ぜひぜひ、2話以降もご覧いただき、感想教えてください!
(ちょっと自宅療養していて、コメントが遅れて恐縮でした。。)

投稿: paienne | 2007年7月13日 (金) 20時16分

すみません。名前を入れるのを忘れていました。それにしても、次回の日記には驚きました。早く回復できるといいですね。お大事に。

投稿: alcoa01 | 2007年7月14日 (土) 01時31分

ありがとうございます。いま、ご推薦の、ハチクロの映画版を見ております。

投稿: paienne | 2007年7月14日 (土) 14時24分

最近ファミリー劇場でマン、セブンを見ていてつくづく日本に生まれたことと幼少期に原体験できたことを嬉しく思っています。
最近マンでは「人間標本5・6」をやってましたね。「ダダ時間222までに・・」とダダ上司(?)に納期を指示されてるところ懐かしいです。子供のころはそんな見方しませんけどね。(笑)

投稿: よいけん | 2007年7月20日 (金) 10時11分

よいけんさん

ほんと、大人になると別の見方ができておもしろいですよね。

私は、ダダは幼少時の最大のトラウマでした。月に一度は、自分があの回のシチュエーションに置かれ、ダダから必死で逃げている夢を見てうなされていました。
そんな夢を見なくなったのは、30歳を過ぎてからでしょうか。。

今見ると、安全な自分の星にいるダダ上司に理不尽な命令をされている、「現場のダダ」に組織の一員の悲哀を感じますよね^^;

投稿: paienne | 2007年7月20日 (金) 11時49分

>自分があの回のシチュエーションに置かれ、ダダから必死で逃げている夢を見て
それはうらやましい。ぜひ体験してみたいものです。もちろん夢で・・。(笑)

>「現場のダダ」に組織の一員の悲哀を感じますよね^^;
先ほどの投稿、実は「サラリーマンの悲哀を感じますね」と書いていたのですが長すぎでカットしてました。(笑)
ほんと良くにてますねー。(^_^)

投稿: よいけん | 2007年7月20日 (金) 17時18分

>それはうらやましい。ぜひ体験してみたいものです。もちろん夢で・・。(笑)

なんと! でもこの歳だったら、楽しめるかもですね。

>先ほどの投稿、実は「サラリーマンの悲哀を感じますね」と書いていたのですが長すぎでカットしてました。(笑)

実は私もまったくその通り書いていました^^; ですが、上司ダダと部下ダダは、日本で言えば特別国家公務員みたいな所属かと思い、書き直しました。(笑)


投稿: paienne | 2007年7月20日 (金) 21時19分

 こんばんわ^^ またまたお邪魔してます。実は昨年にファミリー劇場で「リマスター版」セブンを見ていて思った事がありましたが、これまで何十年も「具合が物凄く悪いダン」の表情に見えてましたが、リマスターは修正じゃ無くてクリアさを醸し出す画面ですから、ダンの顔が「死に顔」に見えて来て、尚更に胸に来る物がありました。半年に一回~二回はセブンの最終回を見て泣いていますが、泣きたくても泣けない日々の生活の世界で今も泣かせてくれる唯一のドラマです。

今まで色々なセブン関連のサイトを見てきましたが、年の瀬にpaienneさんの素晴らしいブログにあえて今年は良い締めくくりになりました^0^
ありがとうございます^^

良いお年をお迎え下さいませ(*^ω^*)ノ彡

投稿: マゼラン星人 | 2011年12月27日 (火) 21時16分

マゼラン星人さん

再度のご来訪とコメント、本当にありがとうございます!
リマスター版セブン、僕も見ていましたが、そこは気づきませんでした。あらためて録画を見てみます^^
僕も最終回見ていつも泣いてます^^;ただ、万が一感動が薄れると困るので、2年に一度ぐらいに抑えてます。。

ではでは、マゼラン星人さんもよいお年を。。

投稿: paienne | 2011年12月27日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/7060073

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第48,49話(最終回)「史上最大の侵略 前編・後編」(ゴース星人、バンドン):

« ヒラリー・ハーンと神尾真由子 | トップページ | いきなりの自宅療養生活、長引く »