« 07年5月25日 大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』 | トップページ | 大阪へ。 »

『メタボラ』桐野夏生

Photo_2今週は、火水木で、桐野夏生の新刊『メタボラ』を読んだ。朝日新聞で連載していたのだが、新聞は一度読み損ねるとなかなか続かなく、新刊の発行を待っていた。

以前、週刊文春に連載していた『グロテスク』があまりにおもしろく、一気に好きな作家になってからもう6年。『メタボラ』は、『魂萌え!』に続いて、新たな作風を示したように思う。

事件をモチーフにして、人間の深層心理を抉り出した『グロテスク』、『リアルワールド』。それが極限まで行き過ぎて、自分としては後味の悪い『残虐記』『アイム ソーリー、ママ』。ミステリーを超えて極上のエンタテインメントにまで達している『OUT』『柔らかな頬』。

『魂萌え!』『メタボラ』は、そんな流れとはやや趣を異にし、昨今の社会問題を背景に、そこを生きる現代人の姿を映し出した作品だ。相変わらずその状況描写と心理描写は、凄まじいばかりだ。

『メタボラ』の舞台は、沖縄のやんばる、本部、名護、恩納村、那覇、宮古などなど。沖縄は過去10回の滞在でかなり隅々まで行き尽くしているので、そのどれも光景がありありと浮かぶ。

主人公のギンジは、家庭崩壊から過酷な人生を歩むことになる。なのに、この話しはなぜか重く暗い感じがしないのはなぜだろうか

それは、亜熱帯の気候のイメージが何もかもをポジティブに彩るのと、ギンジとジェイクの若い2人のバックパッカーのような日々が、ぎりぎりの貧窮生活ながらも夢を感じさせるからなのだろうか。(作者にその意図があったかどうかは疑問だが)。

しかし他でも書かれているが、5月27日付朝日新聞の本書書評は、全文にわたって的をはずしていないだろうか

とくにラスト、「謎めいたタイトル『メタボラ』がその意味を開示するクライマックスは、まさに圧巻だ」とあるが、クライマックスは、桐野作品のなかでも極めて淡々としたものだ。このように特筆して評を締めくくる要素は、ないと思いますが。。

|

« 07年5月25日 大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』 | トップページ | 大阪へ。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/6559432

この記事へのトラックバック一覧です: 『メタボラ』桐野夏生:

» 「やんばるブランドづくりワークショップ」始まる/沖縄県 [地域ブランド・イントロダクション]
「今帰仁村は名前だけでも十分インパクトがある場所だ。違う観点から地域資源についてあらためて考えてみよう」地域資源を見直そう やんばるワークショップ始まる6月13日10時27分配信 琉球新報http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000011-ryu-oki締めさばブランド化狙え 捕獲地限定9商品開発河北新報 (会員登録)同社は業界全体に働きかけ、地域ブランドを構築したい考えだ。 丸竹八�... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 01時02分

« 07年5月25日 大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』 | トップページ | 大阪へ。 »