« 07年5月21日 ウラディーミル・フェルツマン ピアノ・リサイタル 紀尾井ホール | トップページ | 『メタボラ』桐野夏生 »

07年5月25日 大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』

20070427_0025月25日は、国際フォーラムの大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』 ~ベストなコメントにめっちゃ愛を込めんと!!! ~ に行ってきました!

噂には聞いていたが、ファン層が幅広い! 女子同士もいるし、勤めを振り切って駆けつけた系のネクタイおじさん(ネクタイしてないだけで私も同じですが^^;)もここかしこで見かけたし。

自分は『LOVE PUNCH』『LOVE JAM』『LOVE COOK』の3枚のアルバムはかなり聴き込んでいるが、実はライヴは初めて。明るくハッピーなノリノリのモードに身を委ねようと、かなりのハイテンションで会場入りする。

が、序盤から中盤にかけて、バラード系が続く。考えてみると、そういえば大塚愛、バラード系の聴かせる曲も多かった

ついつい、「Happy Days」「さくらんぼ」「SMILY」といったアップテンポ系の超メジャーヒットの印象が前面にあるけれど、3枚のアルバム、切々と歌う系もたっぷりあったなぁと今さらながら思う。

もちろんバラードも最高だし、ここまで聴かせてくれるとは思わなかった。個人的には、「ネコに風船」「甘えんぼ」は、ハートの奥にまで届いた感があった

そしてアンコール前後には、先のアップテンポ系の3曲は、しっかりと聴かせてくれて、「CHU-LIP」では、お馴染みチューリッパーズ(?)の面々もオールキャストで登場。かなり笑いも取っていた。

しかし初大塚愛ライヴ、満足度はかなり高く、6月も行きたい気分になっています。。

|

« 07年5月21日 ウラディーミル・フェルツマン ピアノ・リサイタル 紀尾井ホール | トップページ | 『メタボラ』桐野夏生 »

「音楽(クラシック以外)」カテゴリの記事

コメント

ライヴ楽しめたみたいでよかったです。
予想と異なる展開に思えたのも自然かも知れません。
それが一般的な大塚愛に対する印象なのでしょう。

だからこそ、今回の体験で大塚愛の世界観が
さらに膨らんだとしたら素晴らしいですね。

投稿: alcoa01 | 2007年5月27日 (日) 00時26分

CDではあまり意識しないで聴いている曲について、ライヴで初めて「バラード系」なのか「アップテンポ系」なのかをしっかり意識することって、僕はよくあります。今回は、まさにそんな感じでしたね~。
しかし、こんなバラード曲パートの長いライヴは珍しいです。それをしっかり聴かせるところは、さすがです。

投稿: paienne | 2007年5月27日 (日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/6552401

この記事へのトラックバック一覧です: 07年5月25日 大塚愛 『愛 am BEST Tour 2007』:

» 恋愛 小説 大塚愛 [フェロモン香水]
これにやられてしまいました!欲しいのは、あなただけ最近は、恋愛小説を積極的に読みたいとは思わなくなりました。 (もしや、恋をしていないからか?笑) たまたま読みすすめていったら恋愛がテーマになっていた、ということはあるけれど、 明らかに「ザ・恋愛小説... (続きを読む) 2007/05/28 10:36:26ロマンチック ... この本の中に、「恋するΩ病」という短い恋愛短編小説があります...... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 14時54分

» 大塚愛 [大塚愛 画像]
大塚愛シングルでは、「大好きだよ。」までのCDのみ画像盤には初回特典として書き下ろし絵本付。「黒毛和牛上塩タン焼680円」以降は初回特典としてステッカー封入や特殊パッケージ仕様など。「東京フレンズ」がやってたので、1~5話を全部見ました。最初は、無料で見れるしって感じで第2話を見たんですが、めっちゃ面白かったんで、その後、順番が変なんですけど、第1話を見て、そこから3,4,5と見ました。それで、1,2話で主人公の大塚愛が歌ってる「to me」って曲が、好きになってしまって、こ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 10時38分

« 07年5月21日 ウラディーミル・フェルツマン ピアノ・リサイタル 紀尾井ホール | トップページ | 『メタボラ』桐野夏生 »