« のだめ+ラ・フォル・ジュルネとクラシック音楽シーンの活性化 | トップページ | 神田神保町の「鴻(オオドリー)」 »

さらに2公演のチケットを入手

新たに、2公演の予定が入った。

●5月21日 ウラディーミル・フェルツマン ピアノリサイタル

・ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」、第31番

・ムソルグスキー「展覧会の絵」

●8月12日 東京交響楽団「川崎の夏2007」

大友直人指揮 神尾真由子(ヴァイオリン)

・サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番

・ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲 ほか

5月のほうは、業界関係の友人にお誘い頂いた

ピアノソロの演奏会は、なんと6年前のブーニン以来か。このときは、一度ブーニンを聴いてみようと思って行ったのだが、オールショパンプログラムをすべて怒涛のように弾き倒した不思議な演奏会だった

ほっとくとオーケストラばかり行ってるので、非常に楽しみ。しかも曲目がコアでなく、馴染み深いものばかりだ。悲愴も展覧会も、自分でも(下手くそながら)無理やり弾き通したことがあるし^^;

8月のほうは、イベントの一環だけあって、なんとS席\3,000という格安価格。しかも一割引きで購入。サン=サーンスの3番は、10代の頃から非常に好きな作品だが、なかなか生で聴く機会がないので、嬉しい限

またダフニスは、当ブログをお読み頂いている方にはしつこいと思いますが、マイベストのうちの1曲。ここのところ、下記のとおり年2、3回ペースで聴いているが

○05年3月12日 広上淳一指揮 日フィル みなとみらい (第2組曲)

・05年6月24日 岩城宏之指揮 東フィル サントリー (全曲)    

・05年7月17日 飯守泰次郎指揮 新響 芸術劇場 (全曲)

・06年4月28日 ユベール・スダーン指揮 東響 サントリー (第2組曲)

◎06年9月5日 アルミンク指揮 新日フィル サントリー (第1、第2組曲)

・07年5月8日 チョン・ミョンフン指揮 フランス国立放送フィル オペラシティ (第2組曲)

夏フェス的なノリもある今回の演奏会で、果たしてどんな展開になるのか、楽しみです^^

|

« のだめ+ラ・フォル・ジュルネとクラシック音楽シーンの活性化 | トップページ | 神田神保町の「鴻(オオドリー)」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

フェルツマンですか。友人数人と聴きに行ったのが20年前になります。真摯なアプローチと的確な技巧、かつノーマルでない解釈にひき込まれた記憶がありますが、今はどうなられたでしょう。顔写真では髪の毛が随分と少なくなってショックでしたが…。サン=サーンスの方も楽しみですね。

投稿: まゆゆ | 2007年5月17日 (木) 02時20分

そうなんですね。お話を聞いて、ますます楽しみになりました。この日は、途中で抜けられない企画会議があるので、早めに終わるのを祈るばかりです。。

投稿: paienne | 2007年5月17日 (木) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/6443643

この記事へのトラックバック一覧です: さらに2公演のチケットを入手:

« のだめ+ラ・フォル・ジュルネとクラシック音楽シーンの活性化 | トップページ | 神田神保町の「鴻(オオドリー)」 »