« ひな祭り | トップページ | ウルトラセブン第33話「侵略する死者たち」(シャドウマン) »

世田谷線(玉電)の記憶

3日の「アド街ック天国」(テレビ東京)で、世田谷線沿線が特集された。

世田谷線(当時玉電)は、自分の原風景だ。玉電松原駅から徒歩5分(大人の足だと2分)の家で、10歳までを過ごした。ものごころ着く前から、近くには玉電の存在があった。記憶はおぼろげだが、当時の写真を見ると、母や祖母にだっこされて、玉電を見に行っていたようだ

また、渋谷からタクシーで家に帰ったときのものだと思われる、夕暮れの246の風景が、鮮明に脳裏に焼き付いている。右半分に白いライトの群、左半分に赤いライトの群が、夕闇に光っている。(たくさんの車の、白いヘッドライトと赤いテールライトだ)。

そしてその中央、路面を走る、玉電。渋谷から三軒茶屋の間のはずだ。首都高速道路はまだなく、空が広かった気がする。これが、自分の最も古い、街の光景の記憶となっている。

その後、小学生になって電車通学を始め、憧れの玉電に毎日1駅だけ乗るようになった。松原、下高井戸間だけだったが、かなり嬉しかった。イモムシと呼ばれた、楕円形の車両がとくにお気に入りだった。(親が、「ダボハゼ号」と呼んでいたが、これは一般的な通称としてあったものなのか、未だに不明である。。)。

娘が昨春高校に入って、世田谷線の山下、三軒茶屋間を利用するようになった。そして、久々に自分もこの区間を乗車した。車両はすっかり新しくなっているものの、のどかな風景は変わらず、なんだかやんわりとした気分になった。

番組では、昔の映像もふんだんに放映され、かなり懐かしい気持ちに浸っておりました。。

|

« ひな祭り | トップページ | ウルトラセブン第33話「侵略する死者たち」(シャドウマン) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

自分もテレビを観ながら、「懐かしいなぁ」と思いました。

投稿: T.A | 2007年3月 4日 (日) 18時54分

懐かしいですよね。T.Aさん、松原界隈はあれ以来ですか? そしたらもう35年とかですね~^^;

投稿: paienne | 2007年3月 4日 (日) 20時56分

あれ以来です。遠い昔のお正月が懐かしいですねぇ。

投稿: T.A | 2007年3月 4日 (日) 21時32分

ちょうど、押入れからのひな壇の出し入れで、昔のアルバムを見ていたところでした^^ ほんと懐かしいっす。。

投稿: paienne | 2007年3月 4日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/5561183

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷線(玉電)の記憶:

« ひな祭り | トップページ | ウルトラセブン第33話「侵略する死者たち」(シャドウマン) »