« ウルトラセブン第34話「蒸発都市」(ダンカン) | トップページ | 2007年3月14日 東フィル サントリー定期公演 »

秋葉原テレオンで輸入スピーカーを試聴

10日土曜は、秋葉原のテレオンにて、輸入スピーカーを試聴した。60万の予算で、初めて本格的なオーディオ購入を検討している友人に、同行したのだ。

僕が現在のオーディオを購入したいきさつは、9月22日の記事「ニコレのウェーバーとオーディオ」に詳細を書いた

一度、製品を購入してしまうと、なかなかショップの輸入オーディオコーナーに製品のアレンジまで頼んで試聴に行く機会はない。そんななか、購入前提の知人と同行するのは、堂々と時間と場所をとってもらえるいい機会だ

今回は、オーディオにくわしいM氏に頼んで、CDプレイヤーとアンプは、フィックスしていた。

○デノンDCD‐1650AE(\157500)
http://denon.jp/products2/dcd1650ae.html

○デノンPMA2000AE(\158000)
http://denon.jp/products2/pma2000ae.html

そして、スピーカーを、下記の2点で聴き比べた。

○エラックFS207.2(チタンシャドウで¥262500ペア)
http://www.yukimu.com/jp/elac_fs207-2.htm

○ピエガ TS5(\262500ペア)
http://www.piega.jp/20060131news/index.html

使用したディスクは、下記の2点。

●リッカルド・シャイー指揮 クリーヴランド管 ストラヴィンスキー「春の祭典」

●小澤征爾指揮 ボストン響 ツィマーマン(pf) ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

まず、一貫してアルミニウム製の美しいキャビネットを採用している、スイスのピエガから聴いた。

Ts_series_img写真では左側、のトールボーイタイプのものがTS5だ。「春の祭典」では、各楽器、とくに冒頭のファゴットや、木管のソロが解像度、音場感、ともに優れて響く

そして、ラフマニノフ。冒頭の8つの和音が、音量を増しながら響いてくるにつれ、その透明感あふれるあざやかなピアノの音色に魅了される

その後の分散和音も、非常にクリアに響き、第2主題のメロディは、なんとも甘く美しい

音楽業界誌上で、このディスクが発売されたときに、「たくさんのダイヤの粒を宝石箱から大理石の上に落として、煌いて弾けているようなピアノの音」と書いたことがある。その魅力が、みごとに再現される。

さて次は、中低域の厚みとまとまりに定評がある、ドイツのエラック、FS207.2。こちらは、ピエガほど各楽器が

Fs2072ts1_small 際立って響いてこないものの、オーケストラ、とくに弦楽器群の厚味と温もりは、十分な満足感だ。トータルなバランスがいい。

ピエガは、オーケストラを長く聴くと疲れそうだが、エラックは、そんなことは一切なさそう。安心感がある。

この2つのスピーカー、実はM氏に、「ピアノとオーケストラをよく鳴らすスピーカー」として選んでもらったものだ。

しかし、それぞれにここまで際立った特長があるのは、聴いて初めて知った。長所短所があるなかから、気に入ったものを(普通の人は)1つしか選べない、というのは、なかなか大変な選択だ。そこそこのお値段もするわけだし。

最近は、演奏会に行く機会を増やしているから、自宅で聴く音楽は、「演奏会の予習」という側面が強くなっていた。オーディオは、目的ではなく、手段となっていたのだ。

しかし、オーディオは間違いなく目的だと再認識した。パッケージ化されるほどの名演奏を、より自分の好みの音に近付けて聴く、この楽しさを改めて確認した。

さらにこんなことも思い出した。かなりなハイエンドな製品で聴くと、生の音より良い、と感じることすらあるのだ。これまで目の前で聴いてきた、演奏される楽器や歌われる歌よりも、はるかに美しく表現力豊かな音が、現実としてそこにあったりする。オーディオの世界は深くて底知れない。

自分のオーディオも、組み合わせで、ちょうどケタが1つ増えたあたりの価格なのだが、もう12年も同じもので聴いていると、そろそろ新しい出会いが欲しくなってくる

さしあたっては、50~70万ぐらいのスピーカーかな、と(たぶん無理ですが。。)。車を手放したんだからいいか、という自分が恐いかも^^;です。

|

« ウルトラセブン第34話「蒸発都市」(ダンカン) | トップページ | 2007年3月14日 東フィル サントリー定期公演 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/5653250

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原テレオンで輸入スピーカーを試聴:

« ウルトラセブン第34話「蒸発都市」(ダンカン) | トップページ | 2007年3月14日 東フィル サントリー定期公演 »