« BMを手放す。。(2) | トップページ | 冬はシベリウス?  »

ウルトラセブン第26話「超兵器R1号」(ギエロン星獣)

●血を吐きながら続ける哀しいマラソン

「それは血を吐きながら続ける哀しいマラソンですよ」。セブン全編を通して有名な台詞の一つは、この回に登場する。

セガワ博士、マエノ博士をメインスタッフとして、惑星攻撃用の新兵器R1号が開発された。新型水爆の8,000個の爆発力を持つという。

実際の侵略者に対してはこれを使用すればいいし、保有していることを知らしめるだけでも、全宇宙に対する侵略の抑止力となる。そのためには、実験してアピールする必要がある。まさに、世界の大国を皮肉ったストーリーだ。

マエノ博士は、核実験の場所を、シャール星座の第七惑星ギエロン星に選ぶ。しかしマエノ博士、美人だ。田村奈巳という、東宝のアンヌの先輩だそうだ。ウルトラシリーズには、宇宙人と同じぐらい?東宝のきれいどころが次々と繰り出される。

実験は成功。ところがギエロン星には生物がいた。鳥のような風貌のギエロン星獣は、復讐のために地球に降り立つ。ティンパニを主体とした音楽(M-14,15あたり)は、なかなかに緊迫感があって、好きな曲だ。

Photo_19 ギエロン星獣は、R1号の放射能の灰を撒き散らす。セブンが登場し、黄色や赤の花が咲き乱れる地が戦場となる。セブンは右腕をやられるが、容赦なくギエロン星獣の腕をもぎ取り、投げつける。そしてアイスラッガーを直接手に持ち、首をかき切る

美しい自然のなかで、あえて核実験の犠牲となったギエロン星獣を残酷に殺すことで、戦いの悲惨さを浮き立たせているのだろう。

メッセージがストレートなので、わかりやすい話だ。でも、わかりやす過ぎるから、これがセブンでなくても、他のシリーズでも成立するような話かとも思う。

(写真:「怪獣wiki特撮大百科事典」より)

→他の作品は、当ブログのウルトラセブンカテゴリーでどうぞ!

|

« BMを手放す。。(2) | トップページ | 冬はシベリウス?  »

「ウルトラセブン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/5099585

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第26話「超兵器R1号」(ギエロン星獣):

« BMを手放す。。(2) | トップページ | 冬はシベリウス?  »