« 東フィル定期継続とサントリーホールの座席・音響考 | トップページ | 1月23日 東フィル サントリー定期公演 »

ウルトラセブン第25話「零下140度の対決」(ポール星人)

●あまりに印象的なポール星人登場シーンと、アンヌの母性がいい

基地周辺が原因不明の異常寒波。零下112度だそうだ。これでは、人間もたまらない。さらに、「光の国から来たウルトラセブンは普通の人間以上に寒さに弱かった」という趣旨のナレーションが入る。

セブン全作品のなかでも、最大級の危機だ。存亡の危機に見舞われる地球防衛軍。ヤマオカ長官は、使命と人命との板ばさみになるが、最終的に人命を尊重する決断を下すまでに至る

ダンはエンストしたポインターを乗り捨て、吹雪の中を歩き出す。「あったかい珈琲があるわよ。早く帰ってらっしゃいよ」というアンヌ。まるで、同棲中のカップルみたいである。

しかし寒さに苦しむダン。いっぽう基地の地下で、凍死しそうな隊員に向かってアンヌが叫ぶ。「眠ったらおしまいよ。身体を動かすの! 起きて! 起きなさい!! 」この声がこだまして、ダンにも届いてくる。アンヌの母性を感じさせ、なかなかいい

そして女声ハーモニーとともに、オレンジ色の炎をバックに現われるポール星人。頭と手と足だけで胴体がなく、操り人形のように空中で揺れている。ダンがオレンジ色のネガになってゆがむ。ポール星人の独特な甲高い声と、ハッハッハッハという笑い声

その後ポール星人は、2度このパターンで登場する。当時の小学生は、みんなポール星人の台詞を暗唱して、この声を真似て遊んでいた。セブンを代表する、非常に印象的なシーンだ。

Photo_7太陽に向かって飛び、エネルギーを補充して戻ってくるセブン。また例の女声。これは、ポール星人ではなく、炎と太陽の象徴だということがわかる。

ホーク4機でガンダーを攻撃する防衛軍は、なかなか見ものだ。アンヌもしっかり編隊飛行の一翼を担わせてもらっています^^

(写真:「怪獣wiki特撮大百科事典」より)

↓他の作品は、当ブログのウルトラセブンカテゴリーでどうぞ!(更新中です)

http://paienne.cocolog-nifty.com/blog/cat2841666/index.html

|

« 東フィル定期継続とサントリーホールの座席・音響考 | トップページ | 1月23日 東フィル サントリー定期公演 »

「ウルトラセブン」カテゴリの記事

コメント

メガネ、メガネ、という感じで雪の中に落としてしまったウルトラアイを探すのはこの回でしたっけ? 見つかる訳が無いという状況でしたね。落とし易い変身アイテムは怖いです。

投稿: T.A | 2007年1月23日 (火) 09時27分

そうそう、ダン、やっさん状態^^; あれだけ雪降ってて時間経ってるのに、なぜかウルトラアイ埋もれてないし。。ユートムの時の念力を使えば、自然に出てくるのにね。

投稿: paienne | 2007年1月24日 (水) 00時50分

そうか、そういう技がある筈なのに、何でこういう時に使わないの?という場面が少なからずありますよね、あはは。成る程。

しかし何十年振りに観せて貰った「スペル星人」、感動致しました。今またYOU TUBEでもアップされてますね。拙宅はパソコン環境が不十分なので画像・音声ともに途切れ途切れでイライラします。

あと以前にどなたかが紹介されていた「ウルトラQ」を作るを含むサイト、面白かったです。昔のCM、懐かしくもあり気恥ずかしくもありで楽しみました。

投稿: T.A | 2007年1月24日 (水) 09時06分

ほんと、極めている人はたくさんいますね。セブンのロケ地のサイトにも感動したし、例のフルハシ母が見ていた柏戸戦の対戦相手について議論しているBBSもなかなかなものでした^^;

投稿: paienne | 2007年1月24日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/5022976

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第25話「零下140度の対決」(ポール星人):

« 東フィル定期継続とサントリーホールの座席・音響考 | トップページ | 1月23日 東フィル サントリー定期公演 »