« ドラマ「のだめカンタービレ」第8回 とバーバー『弦楽のためのアダージョ』 | トップページ | 年末と第九 »

2006年12月14日 N響 サントリー定期公演

今日は、急遽友人より招待券を譲ってもらい、ローター・ツァグロゼク指揮N響サントリー定期のモーツァルトプログラムへ行ってきました。

クラリネット協奏曲のソロはザビーネ・マイヤー。マイヤーは、生で見るのも聴くのも初めて。余計な話ですが、その雰囲気は、青池保子作「エロイカより愛をこめて」ドイツ人NATO将校「鉄のクラウス」に絡む美人ドイツ人女性を彷彿させる^^;

早めのテンポで始まるオケ。それにも増してさらに早いスピードで始まるマイヤーのソロ。オケとのバランスとかは考えずに、ひたすら自分のイメージを繰り出してゆく

ソロ楽器とピアノのデュオにおいては、このようにソロ楽器が挑発し、ピアノもこれを受け、それが相俟って互いに高みに達していくことはある。が、協奏曲では、なかなかそこまでオケは絡んで来れないのかと思う。あくまで自分の思うがまま、さすが世界のマイヤー

また、マイヤーのソロ。自分はかつてクラリネットを吹いていたので、この曲のソロパートはほぼ暗譜している状態だが、初めて聴くメロディラインがいっぱい

相当なマイヤーバージョン、というか、あれあれ、これ、モーツァルトだったっけ? というレベルまでの改変だ。(最近は、こういう新しい版での演奏も見られるとか、私の不勉強でしたら謝罪します)。

もちろん、相当に上手いのだが、アルフレート・プリンツ、カール・ライスター、ハロルド・ライト、ジャック・ランスロ。。。そんなあたりを生で聴いて育った自分としては、う~ん。。。

そしてメインは交響曲第41番ジュピター。ダイナミクス的に弱音の味付けやあえてのテンポの「緩」もところどころあったものの、基本的にジュピターらしい堂々とがっしりとした造形。気のせいか、のびのびとした快演だった。

ジュピターは、モーツァルトの中では編成も大きく、いわゆるモーツァルトらしい独特の少し粘り気ある甘さが前面に出て来なく、自分はかえって好きだったりする。今の余韻は、そんなジュピターのマニッシュな味わいです。

|

« ドラマ「のだめカンタービレ」第8回 とバーバー『弦楽のためのアダージョ』 | トップページ | 年末と第九 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/4548260

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年12月14日 N響 サントリー定期公演:

« ドラマ「のだめカンタービレ」第8回 とバーバー『弦楽のためのアダージョ』 | トップページ | 年末と第九 »