« 2006年11月3日 エマニュエル・パユ インテグラルⅡ | トップページ | 遂に入手!ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」(スペル星人)【欠番】 »

2006年11月4日 ジョアン・ジルベルト 東京公演

昨日に続いての世界最高峰のアーティスト、ボサノヴァの神様ジョアン・ジルベルトの東京国際フォーラムでのコンサートに行ってきました!

開演は17時の予定。だが、数度に渡る遅延のアナウンス。客も慣れたもので、都度笑いが起きる。そして「いま、ホテルを出ました」とのアナウンスがあると拍手が沸く。定刻より1時間10分遅れで、ジルベルト、3度目の来日公演がスタートした。

来日すること自体が奇跡と言われていたのに、2003年に実現した初来日で日本の聴衆をいたく気に入り、翌2004年に再来日。しかし、2年とも都合で行けなかった自分は、これが初めて聴く生のジルベルトだ。

非常口の緑の灯りも落とし、ステージ以外は真っ暗な会場のなか、ジルベルトの声とギターがマイクを通じて静かにそしてしっかりと拡がってゆく。

これまでさんざんディスクで聴いてきて、この夏も毎日のように聴いていた最高の音楽を、本人が目の前で演奏しているのを聴けるのは、にわかには信じられない気分だ。

聴き慣れた曲の数々が、今日だけの新しい姿になって繰り広げられる。それは、2人の優れたジャズメンが、最高のインプロビゼーションを共演しているかのようだ。ジルベルトは、それを自ら演奏するギターと歌のコンビネーションで、当たり前のようにやってのける。というかジルベルトは、きっと今日のこの場の気持ちの通り、奏で慣れた曲をシンプルに演奏しているだけなのだろう

終演は20時。5000人の静まりかえったテンションの高さに、気が遠くなっていた瞬間もあったが、人類の奇跡の仕事をありがたく拝聴した、もったいない2時間だった。

|

« 2006年11月3日 エマニュエル・パユ インテグラルⅡ | トップページ | 遂に入手!ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」(スペル星人)【欠番】 »

「音楽(クラシック以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/4067608

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年11月4日 ジョアン・ジルベルト 東京公演:

» 涅槃 [ナポリを見てから死ね!]
ジョアン・ジルベルトが今年も日本にやってきます。 ボサノバは日本でもブームになってジョアンのことを知ってる人も多いと思うんですが、もうやっぱボサノバとえばジョアン・ジルベルトなのです。 ジョアンの... [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 08時14分

« 2006年11月3日 エマニュエル・パユ インテグラルⅡ | トップページ | 遂に入手!ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」(スペル星人)【欠番】 »