« ウルトラセブン第14,15話「ウルトラ警備隊西へ 前編・後編」(ぺダン星人) | トップページ | M先輩の朝顔(続き) »

時の経つのが速い。。

今年もあと2ヶ月。年々、時が経つスピードが速くなっている。

以前聞いた説は、年齢を分母としたときの分母の値が増えるのに比例して、1年の感覚的な長さが相対的に短くなっていく、というもの。

つまり、15歳の1年は、自分の人生の1/15の長さだけど、30歳の1年は1/30だから、体感速度が倍になる、ということだ。

しかし、最近のスピードは、それよりさらに加速している感じがする。

プロ野球が開幕したと思ったら、もう日本シリーズが終わっている。こないだ10代でデビューしたアイドルが、もういい感じの30代のマダムになっている。

運転免許の更新もすぐ次回が来るし、ワールドカップも気がつくともうアジア予選が始まっている。

そういうマクロな話だけかと思ってたら、最近はミクロな事例も出てきた。

昔は、50分の交響曲がすごく長く感じられた。が、最近は、50分ならあっという間だ。ブラームスやチャイコフスキーなんか楽勝。心してかかるのは、マーラーとブルックナーぐらいだ。

また、久々に総武線で新宿から水道橋まで行くのに、乗ったと思ったらもう着いてしまっていた。

このまま行くと、さらに加速がついて、気が付いたら老後の生活を送ってそうで、怖い。書いてて思い出したが、筒井康隆の小説に、そんなのがあったなあ。探してみよう。

でも、これが暇な毎日になったら、また時間が経つのがものすごく長く感じたりするんだろうな、とも思いますが。。

|

« ウルトラセブン第14,15話「ウルトラ警備隊西へ 前編・後編」(ぺダン星人) | トップページ | M先輩の朝顔(続き) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕も30歳を過ぎたあたりから、時の流れの速さには恐怖を感じています。
会社では「スピード感!スピード感!」と言われてましたが、この4年間はあっという間。こんなんじゃ、スグに死んでしまう日も来るのでは?とも思っちゃいます。

投稿: あややん | 2006年10月30日 (月) 00時07分

ほんと、こんな加速度ついてどうしよう、って感じですよね。
確か筒井康隆の小説(マンガ編のほうが印象にありますが)では、とうとう時計の長針短針が目に見えなくなるほど速くまわるにまで至ってた覚えがあります。。
きっと氏も当時そんな感覚を覚えてたんでしょうね。

投稿: paienne | 2006年10月30日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/3995734

この記事へのトラックバック一覧です: 時の経つのが速い。。:

« ウルトラセブン第14,15話「ウルトラ警備隊西へ 前編・後編」(ぺダン星人) | トップページ | M先輩の朝顔(続き) »