« 「成城散歩」の新ラインナップ「まなび舎」 | トップページ | ウルトラセブン第11話「魔の山へ飛べ」(ワイルド星人) »

秋葉原の石丸電気

さきほど、石丸電気からトラックバックがついた。最近、スパムが多いから念のために行ってみたら、本当に石丸電気さんだった。個人ブログへの法人からのTB。「興味のある人に確実にヒットする」だけでなく、こういうパターンだと、なんだかありがたい気分にもなる。新時代に対応した効率的なプロモーション手法だなぁとつくづく思う^^

ということで、石丸電気。実は、数年前に音楽業界誌の記者として取材に行ったときに、こんなやりとりがあった。

私 「高校から大学時代に、よく通ってました!」

石 「そうなんですよ。<以前よく行きました>って言われることが多いのは当社としても問題でして・・・。ずっと続けて、いらして欲しいんですが・・・」

それもそうだ。記者として、しょうもない「振り」をしてしまった、と冷や汗ものだった。でもですね、私が石丸電気さんに行かなくなったのは、当時は学校からも近く秋葉原を通る通学定期券を持っていたのが、今はそれが新宿や渋谷になってしまったという、単純に物理的な事情なのです^^;

石丸電気の店員さんは、高校生だった自分たちを、大人扱いしてくれた。とくに3号館レコードセンターの5,6階のクラシックフロアはよく行くものだから、顔まで覚えてくれた。それが嬉しかった。

購入しようとしているレコード盤を店員さんが目の前で開けて、一緒に検品するという、当時どこでもやってなかった画期的なシステムをとっていた。これがまた高校生にとっては、大人な気分だった。買ったあとすぐ使える一割引きポイント券も嬉しかったし、購入金額に応じてもらえるポスターなどの特典も、お得感満載だった。

今でも時おり行ってます。地の利があれば、もっともっと行くんですが(^^;

|

« 「成城散歩」の新ラインナップ「まなび舎」 | トップページ | ウルトラセブン第11話「魔の山へ飛べ」(ワイルド星人) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ぼくも、以前は石丸電気を頻繁に利用していました。ぼくの場合は、交通事情とは関係なく、純粋に在庫の充実度や音楽ファンの視点で考えた商品の扱いといったものがその理由でした。実際に、新譜購入の際、在庫がなかったという記憶は殆どありません。

ところが、僕自身の購入傾向が変化したのと期を同じくした感じで、レコード店状況も変わってしまったことの、それぞれの理由で行く機会が殆どなくなってしまいました。これは、映画館事情と少し似ているような気がします。

投稿: alcoa01 | 2006年10月 2日 (月) 00時53分

交通事情ってありますよね。僕も昔丸の内に勤めてたころは、山手線で秋葉原を通ったので、電化製品を買うときは必ず寄りましたけど。変わってからは、休日に車で郊外とかに出ちゃいますよね~。

でも石丸からTrackBackがつくなんてうらやましい!!

投稿: espressoaddshot | 2006年10月 2日 (月) 16時01分

alcoa01さん、初めまして!
映画館事情と似ている、というのは、外資系が巨大なスペースで展開を始めて・・・という流れのことですよね。
石丸電気は、当時、たぶん日本一の在庫量も魅力の一つだったと思います。それが、今は量だったら、タワーの渋谷店ですしね。
この話は奥が深いので、また別の機会に・・・実は私も交通事情だけではなかったりもしますので(^^;

投稿: paienne | 2006年10月 2日 (月) 21時24分

espressoaddshotさん、こんにちは! 小田急線沿線での打合わせは実現しましたか?
丸の内勤務の時代もあったんですね^^
石丸のTBは、普通にRSSで拾ってるのかなあ? そのへんはきっとespressoaddshotのほうがくわしいでしょうね。ブログに書いて実験してみてくださいよ^^;

投稿: paienne | 2006年10月 2日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/3652242

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原の石丸電気:

» 山田電気 電気なら山田へ行こう!エアコン、パソコン価格情報! [山田電気 パソコン、エアコン価格]
山田電気 電気なら山田へ行こう!エアコン、パソコン情報!家電を誰よりも安く買う秘訣!店舗情報 [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 12時10分

« 「成城散歩」の新ラインナップ「まなび舎」 | トップページ | ウルトラセブン第11話「魔の山へ飛べ」(ワイルド星人) »