« M先輩の朝顔 | トップページ | 9月5日新日フィル サントリー定期公演 »

ウルトラセブン第8話「狙われた街」(メトロン星人)

●幻想的な映像の美しさが光る実相寺監督渾身の作

名作の誉れ高い「狙われた街」は、実相寺昭雄監督4作品のうちの1つである。欠番となっている第12話「遊星より愛をこめて」も実相寺監督作品で、雰囲気がそっくり。姉妹作と言っていいだろう。

「ちゃぶ台の前であぐらをかく宇宙人、メトロン星人」のネタも有名だが、まず、フルートをフィーチュアした弦楽アンサンブルによるオリジナルの室内楽風BGM、M51「フルートとピアノのための協奏曲」が、印象的だ。そして何よりの美しさと斬新さは、シリーズ49話の中でも、白眉である。

画面いっぱいに回り不安を掻き立てるサイレンの赤・・・葬儀の帰りにダンの背中あたりから断続的にすれ違う人の噂話をとらえるアングル・・・地球防衛軍の会議で隊員をシルエットに映す大きな白いライト・・・混入されたタバコを吸って赤味を帯びるフルハシとソガ・・・自動販売機の側からダンとアンヌを写す構図・・・

そして、ダンが隠れ家に踏み込むといきなり声を上げ走り出すネコ・・・下町ふうの家々の狭間で見張るアンヌを照らす夕日・・・メトロン星人の円盤が飛び立ったときの夕焼けのグラデーション・・・夕日に向けて発進するホーク・・・川に写って対峙する「」セブンとメトロン星人・・・ジャンプし交差して止まり、また動き出す両者のシルエット・・・

見事過ぎです!

<その他に・・・>

茶色のタートルネックの私服姿のアンヌはショートカットになっています。

自動販売機を見張っているシーンのロケは、小田急線向ヶ丘遊園駅前です。小田急線は再開発が進んでいますが、向ヶ丘遊園駅は、今も当時の雰囲気を残しています。

「まるで<基地外>病院だ!」(キリヤマ)・・・今じゃありえませんが、60年代はマンガにもたくさん出てきますね(^^;

→よろしければ、第12話の記事『ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」(スペル星人)【欠番】』もご覧下さい。

→第12話も含め、他の作品は、当ブログのウルトラセブンカテゴリーでどうぞ!

(写真:「怪獣wiki特撮大百科事典」より)

Photo_5

|

« M先輩の朝顔 | トップページ | 9月5日新日フィル サントリー定期公演 »

「ウルトラセブン」カテゴリの記事

コメント

チョッと前、CDサントラ全集をカセットテープに編集して名作の回のオリジナルBGM集を作った事があります。娘達からは「わぁっ! オタク!! キモッ!!!」と言われました(^o^)丿 狙われた街の巻、ノンマルトの使者の巻。史上最大の侵略の巻も編集して作りたかったんですけど、最終回はクラシック音源無しでは話にならず諦めております。

投稿: モロダシ ボン | 2006年9月 7日 (木) 10時05分

最終回もぜひ! 以下、音源データです。

シューマン ピアノ協奏曲イ短調作品54
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
フィルハーモニア管弦楽団
ディヌ・リパッティ(ピアノ)
1948年10月録音(EMI)

投稿: paienne | 2006年9月 7日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/3297928

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第8話「狙われた街」(メトロン星人):

« M先輩の朝顔 | トップページ | 9月5日新日フィル サントリー定期公演 »