« 高見山を見た | トップページ | 2006年11月4日 ジョアン・ジルベルト »

ユーライア・ヒープ「JULY MORNING」

ちょうど1週間前、ユーライア・ヒープの「JULY MORNING」を久々に聴いて、「恥ずかしいほどの耽美系」とか書いた。

だが、その後毎日、この曲が頭の中をぐるぐるとまわり続けている。昨日、金曜は、ほぼ1日中だった。改めて、この曲の魔力のようなものを感じている。デヴィッド・バイロンの独白のようなヴォーカルから、後半はミック・ボックス(ギター)とケン・ヘンズレー(キーボード)の奏でるタロットカードのようなメロディライン。う~すっかりやられてしまった。

当時LPで持っていたはずの「ベストアルバム」がずっと見当たらず、持っているCDのベスト盤には、これも美しさを極めていて好きだった「RAIN」(邦題:「雨に寄せる抒情」)が収録されていない。そこでまたまたヤフオク。「RAIN」が収録されている「魔の響宴」を狙っております。

|

« 高見山を見た | トップページ | 2006年11月4日 ジョアン・ジルベルト »

「音楽(クラシック以外)」カテゴリの記事

コメント

ユーライア・ヒープは昔拙宅のオヤジが
何枚か見本盤を持ってきてましたけど、
いつの間にか無くなってました。
勿体無い事をしました。少しでも興味を
持って聴いていれば、きちんと保存して
おいたでしょうに。当時は井上堯之バンド
しか興味が無かったので・・・^_^;
残念。

投稿: モロダシ ボン | 2006年8月24日 (木) 15時26分

そういえば、そんなことをなんとなく記憶しています(笑)
その後、ヤフオクで落札したものの、先方から連絡がなく、先方のアドレスも不達状態。やっぱりこんなこともあるんですね。

投稿: paienne | 2006年8月26日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/3124432

この記事へのトラックバック一覧です: ユーライア・ヒープ「JULY MORNING」:

« 高見山を見た | トップページ | 2006年11月4日 ジョアン・ジルベルト »