« ウルトラセブン第6話「ダーク・ゾーン」(ペガッサ星人) | トップページ | 「ハレンチ学園」を30数年ぶりに読む »

ウルトラセブン第7話「宇宙囚人303」(キュラソ星人)

●かなり怖い宇宙の凶悪犯、キュラソ303

ウルトラセブンの初回放送は、昭和42年10月1日~昭和43年9月8日。私が小学校1~2年生のときだ。その後、幾度も再放送されている。

基本的にほとんどの作品は、初回に見たときの印象がある。強烈にインプットされたものもあるし、なんとなく印象に残っている程度のものもある。

しかし、このキュラソ星人は、初回に見た印象が全くない。一般家庭が襲われるシーンはかなり怖い。ダダの夢をずっと見続けたように、これを7歳のときに見てたら、かなりトラウマになったはずである。放映日、昭和42年11月12日に何をしていたか、とても気になる。

この作品も、怪獣・宇宙人vs地球人・ウルトラヒーロー、という子供だましの単純な図式ではない。キュラソ星の凶悪犯303の脱走を、全宇宙にアナウンスし、地球で無事303は自滅し。その後キュラソ星と地球には友好関係が生まれた、というのが主題。さすがだ。

以下、本筋とは関係ありません。

・V3など宇宙の音を表す効果音・・・オクターブに渡るポルタメントから、調性感のない幾つかの単音に飛ぶ電子的なサウンド・・・は、7歳だった私に、神秘の音として焼き付きました。

・あやつられたアンヌがまたいいかも(^^ そんなことは7歳のときは思いませんでしたが。。でも確実に萌えてたような気がします(^^;

↓他の作品は、当ブログのウルトラセブンカテゴリーでどうぞ!(更新中です)

http://paienne.cocolog-nifty.com/blog/cat2841666/index.html

|

« ウルトラセブン第6話「ダーク・ゾーン」(ペガッサ星人) | トップページ | 「ハレンチ学園」を30数年ぶりに読む »

「ウルトラセブン」カテゴリの記事

コメント

再放送を繰り返し観て印象を深くした話も
多いんでしょうね。欠番があったというの
も、20代後半に初めて知りましたよ。
リアルタイムではきっと観ていた筈なんです
けど。実相寺監督作品ですからねぇ、
生きてる間に是非もう一回観てみたい。
「ダーク・ゾーン」はリメイクして欲しい
作品の一つです。2時間位の映画になって
もおかしくない出来だと昔から思ってまし
た。キュラソ星人は怖いのと何だかモノ哀
しい印象が強いです。ダンさんが「きゅ~ら
そ星人」って変なのばし方をして言ってるの
も印象深い・・・(^o^)

投稿: モロダシ ボン | 2006年8月30日 (水) 18時35分

小学生のときに持ってた、「ウルトラ怪獣○○図鑑」みたいなのをとっておけば、たぶん再放送時に欠番は気付いたんでしょうね。
私も便利に使えて愛読してた「ウルトラ怪獣○○図鑑」があったのですが、当然のように捨ててしまい・・・。
その後、改めて20代で「ウルトラ怪獣○○図鑑」的なものを買って、欠番を知りました。この本は今でも基本テキストです(笑)

投稿: paienne | 2006年8月31日 (木) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/3247772

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン第7話「宇宙囚人303」(キュラソ星人):

» ガッソリンくっださ〜い! [日子のさらさら日記]
{/star/}{/star/} ウルトラセブン第7話「宇宙囚人303」に登場した、火炎怪人キュラソ星人です{/face_en/}  このキュラソ星人は、タイトルの通り宇宙囚人でキュラソ星から地球へ逃亡してきたやつです{/kaeru_ang2/}         ガソリンがエネルギー源らしいのですが、もしかしてキュラソ星人の方々はみなさんガソリンを食べるの{/face_sup/}{/eq_2/} 最後に「キュラソ星と地�... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 02時14分

« ウルトラセブン第6話「ダーク・ゾーン」(ペガッサ星人) | トップページ | 「ハレンチ学園」を30数年ぶりに読む »