« よく見る夢 | トップページ | 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(2) »

2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(1)

井上道義指揮のオールシベリウスプロに行って来ました! 

マイナーな4つの歌曲については、プログラムと別に歌詞が配布されており、さらに井上氏がマイクを持って解説してくれる、というサービスの良さ。

フィンランドの風土においてこの歌詞がどういう意味を持つか、という視点でのとつとつとした説明は、なるほど、と思うことばかりでした。

例えば、「5つの歌」より「海辺のバルコニーで」

シベリウスには、「3月の雪の上のダイヤモンド」という曲もあって、なんだか、 「渚のバルコニー」や「瞳はダイアモンド」や「雪のファンタジー」を思い起こしてしまうけれど、実際はかなり重い感じの曲想。

というのも、フィンランドにおける海とは、湖のような池のようなしかも生活のすぐ身近にあるものであって、波があったりきらめいたりしている日本の海とは、想起させるものが異質なんだそう。

そんな解説付きの4つの歌曲は、家でCDを聴いているよりも、シベリウスとフィンランドについて、より深い理解を促してくれました。(あとの3曲は、「夜に」「クモの歌」「逢引きから戻った娘」)

さてさて、「カレリア組曲」は、会心の演奏だった。

ゆっくりめのテンポでかつ充分な緊張感を保ち、一音一音をたっぷりテヌートに大切に響かせながら、奇をてらうことなく正統的に繰り広げた展開は、実に聴き応えがあった。

「花咲く墓地での踊り」(オリジナル版より)とは何かと思っていたら、第2曲の終盤、弦のピチカートのあと、通常は木管(イングリッシュホルンだっけか)が奏でるメロディのところが、男声になっているものだった

しかも、長めだったかな。ちょっと意表をつかれたけど、ほかに4曲の男声の声楽曲を聴いてから振り返ると、これも1つのシベリウスらしさなのかと、改めて思ったしだいでした。

「6月24日日フィル横浜定期演奏会(2)」に続きます。

|

« よく見る夢 | トップページ | 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(2) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/2365396

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(1):

« よく見る夢 | トップページ | 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(2) »