« 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(3) | トップページ | 人は時給608円で生きられるか »

28日は「展覧会の絵」

28日の東フィル定期は、メインが「展覧会の絵」。

自分とこの曲にまつわる様々なエピソードを思い起こすと、これが見事なまでに、ピアノ版に関することばかり。最も印象に残っている演奏会は、1976年11月27日13:30東京文化会館における、アレクシス・ワイセンベルクのものだし、何よりこの曲は、自分のピアノの演奏レベルを遥かに超えるのに、高校大学時代を通じて無理やり全部弾き倒してたから、細部にわたってピアノの和音で頭に刻まれてるし・・・オケ版を生で聴いたことがあったかどうかすら記憶にない。

が、だからこそ何か発見がありそうで、期待が持てます。こういうのが定期会員の醍醐味なのかも知れませんね。

|

« 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(3) | トップページ | 人は時給608円で生きられるか »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96638/2391881

この記事へのトラックバック一覧です: 28日は「展覧会の絵」:

« 2006年6月24日日フィル横浜定期演奏会(3) | トップページ | 人は時給608円で生きられるか »