トップページ | 2006年6月 »

M先輩を偲ぶ会

先週の土曜日は、亡くなって1年になるM先輩を偲ぶ会に行って来た。M先輩は、まだ58歳だった。

私が大学卒で入った出版社の15歳上の先輩だった。出版・編集・音楽のこともたくさん教わった。が、何よりもM先輩は、会社のテニス部の部長で、中学から中途半端にテニスをやっていた私を多いに鍛えてくれた。

同年代の人からは、孤高の人と思われていたようだったが、我々後輩には、ほんとに気さくな先輩だった。しばらく患っていた病気が回復し、会社も定年前に辞め、これから自分の人生を生きる、と最後に話を聞いたのが、一昨年の春。それから1年後に突然知らされた、全く別の病気による死だった。

だから、病状の重い先輩を見ていないから、未だに信じられない。今にも颯爽とした格好でテニスコートに現われ、得意のフラットなサーブやストロークを見せてくれるような気がしてくる。

偲ぶ会では、追悼文集が配布された。思いを込めて寄稿した私の文章も掲載された。会場の新宿・野村ビルを出ると、鉛のような空から、細く冷たい雨が降っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日フィルサントリー定期会員に

そういえば、20日土曜は、新日本フィルの9月からのサントリーホール年間定期会員券の申込みをしました。

朝10時から電話すること4時間、つながったのは、14:20。まずは、2階センター11列のB席から探すが、すでに13列しかなし。次に、1階センター21列のA席をあたるも、あまりに真ん中過ぎて、出入りが面倒そうなので、これも断念。

で、サントリーホールの未体験エリアである、2階センターのA席のなるべく前のほうを探したら、なかなかいいところがあったので、ここを購入しました。

現在、東フィルを一緒に行ってる、高校時代の友人と2席をキープ。なかなか魅力的な公演が多いだけでに、楽しみが拡がります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のテニススクール

今日は、半袖でも大丈夫ないい感じの天気だったので、久々にテニススクールに行ってきました。以前行ってた用賀のスクールが、サービスが低下してきてしばらく行ってなかったので、今日は体験レッスンで初めて「千歳テニス」へ。陽が照る午後14:20からの中上級クラスは、なかなかしんどく、ストロークでへたってしまった。。。

でもテニスはほんとに気分転換にもなるし、身体や気持ちのどろどろしたものを洗い流してくれる感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月20日東響芸術劇場演奏会

昨日は、東京交響楽団の演奏会に行ってきました。モーツァルトの木管楽器のための協奏曲中心に6曲、今年のモーツァルトイヤーを意識した、珍しいプログラムです。しかし、今回の席は3階席だったため、ただでさえ編成の小さいモーツァルトは、変化に乏しく聴こえてしまい。。。ソロパートを暗譜しているクラリネット協奏曲は、もちろんそれなりに楽しめましたが、やはりこういうものは小ホールで(もしくは前のほうで)聴くべきだったなあと。。

で、40代なかばの私としては、土曜の夜の池袋や新宿はあまり近づきたくないので、自宅に近い成城学園の「成城飯店」で、中華を食べて帰りました。かなり注文し過ぎの食べ過ぎで、倒れそうになってしまった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月19日東フィルサントリー定期公演

う~ん。しかし、今日はマナーの悪いガイジンが多かったなぁ。何かの招待客たちだったのだろうか。それに、シベリウスの2番の3楽章の途中からの異音!あれは、客から発していたとは思えない。サントリーホールの不備によるものなのだろうか。初めは耳鳴りかとも思ったが、それは4楽章の前半まで延々と続いた。興ざめもいいところ。もしホールの不備だったら、金返してほしいぐらいだよ。演奏じたいはなかなかよかっただけに残念。。。

で、アフターは、同じく定期会員の、高校時代のオーケストラの友人とその会社の先輩と3人で、カフェでビールとフィッシュ&チップス。初めは、今日の演目の話をしていたが、途中、ヤフオクの話から、60、70年代のマンガの話になり。あしたのジョーとか、巨人の星とか、これだから同世代飲みは楽しいっすよ。

で23時に店を出たら、雨がちょうどあがっていた。少しずつ夏に向けて、空気が湿感を伴ってくるこの季節の夜の雨上がりは、とてもいい感じ。冬なんかは、千代田線の国会議事堂前駅まで歩くのにすぐ地下に入ってしまうんだけど、この季節は溜池交差点を通って歩くのが、なんとも気持ちいい。少しまた雨が降ってくると、「あんたが好きでどうにもならない! 好きでもどうにもならないのにっ!!」と、「抱きしめたい!」の麻子になって叫んでみたくなるのでした。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ペール・ギュント」「ソルヴェイグの歌」と「秋の童話」

ということで、金曜は東フィルの「ペール・ギュント」第2組曲を聴きますが、管弦楽版につき「ソルヴェイグの歌」に歌がないのは残念ですね。この曲、中学のときにクラスの女子が歌ってかなり感動したのですが、以来、この切なげな旋律には、聴く度に心打たれます。

ちなみに、「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の「秋の童話」のラストシーンにこの曲が使われたのは有名ですよね。この曲の歌詞を知っている人だけが、ラストシーンで主人公が車にはねられたのは、事故だったのか自殺だったのか、また主人公は生きているのか死んだのか、がわかる、というのは、クラシックファンでよかった、と思う一瞬でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あこがれの君に再会」オリビア・ニュートンジョン

そうそう、昨日、ミュージックエアの「あこがれの君に再会」で、オリビア・ニュートンジョンが特集されていました。私の中のオリビアの印象は、70年代のアイドル然とした清純派的雰囲気と、80年代前半の「フィジカル」に象徴される女性性と肉体美を前面に出した感じの両方。

番組は、予想どおりというか、プロモーションビデオのシステムが確立した80年代のものだけで構成されていて、70年代の映像も少しだけ期待していた私には、ちょっと残念。「I honestly love you」は最後にやったものの、映像は90年代のものだったし。

今から約30年前、70年代中頃に自宅でVHSに録画したオリビアの映像を早くデジタル化しないと、と思ったしだいでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週19日、20日は東フィルと東響演奏会

今週の金土は、連日、オーケストラの演奏会。金曜の東フィルサントリー定期は、ペールギュント第2組曲、ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」、シベリウス交響曲第2番、と、わりと名曲コンサートっぽい曲目ですが、どれもかなり好きな曲ばかり。また、土曜の東響芸術劇場は、モーツァルトの木管楽器のための協奏曲集。クラリネット奏者で、木管を愛好する私としては、これも見逃せない演目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルトレーンのバラッド

連休中に家族で家に遊びに来るはずだった同い年の従兄弟が、腰を痛めて一人だけ来れなくなりました。来たら、一緒に聴いてコピーするはずだった、コルトレーンのCDを5枚ほどコピー。奥さんにことづけて渡したところ、「バラッド」がいちばんよかったそうです。さすが、ウルトラマンが仕事に疲れて家に帰ってきて、メシの前に聴くとっておきの1枚だなあと、改めて思いました(by 「かっこいいスキヤキ」泉昌之)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サインはV

今日から、「ファミリー劇場」にて「サインはV」がスタートしました!小学生のとき、「アタックNO.1」と続けて見てました。小学生男子としては、「アタックNO.1」は見るのが恥ずかしかったけど、「サインはV」はオッケーだった覚えがあります。

第1回には、ウルトラセブンの「盗まれたウルトラアイ」にも出てくるゴーゴー喫茶が出てきます。さすがに私はディスコ世代ですが、もう10年早く生まれてたら、60年代のゴーゴー喫茶、行ってみたかったなあ。ところで、ゴーゴー喫茶って、お酒を出すように見えるけど、なんで「喫茶」なんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラセブン第1~3話

■第1話「姿なき挑戦者」(クール星人)
それにしても、クール星人、弱っ!

■第2話「緑の恐怖」(ワイアール星人)
60年代に小田急線にほど近い世田谷に住んでたのでロマンスカーのホーンの音が懐かしい。しかし小田急電鉄、よくこのモチーフを許したなあと。当時は何も考えてなかったのか。

■第3話「湖の秘密」(ピット星人&エレキング)
幼少の頃は、ピット星人自称の「可愛い女の子」を素直にそう思っていた。2話、3話、一部シーンのアンヌのポニーテールみたいな髪型が、どうなってるのか不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラセブンをまた全部見ます

ウルトラセブンは、昭和42年から昭和43年にかけて放映されました。私が小学校1年生から2年生にかけてのことです。それから約40年が経過しているのにもかかわらず、また全部見ようと思うのは、すごいことだよなと思います。

ウルトラセブンの話は、どれだけしてもし足りないぐらいなので、いろいろなエピソードは追って書きたいと思います。今回は、昨年のGWの3日間、「ファミリー劇場」にて一挙放映しDVDにて録画してから見ていなかったものを順に見ようと思います。なぜか高校に入学した娘も興味を持ってるので、一緒に見られるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東響と新日フィル

今日は高校時代のオーケストラ部の友人が2人、自宅に遊びに。そのうち一人とは、現在、東フィルのサントリー定期の会員になっているのですが、さらに新日フィルのサントリー定期と、東響の秋季サントリー定期にも入ろうかと検討。それから、東フィルの5月定期がシベリウスの交響曲2番なので、うちにある12枚のCDの聴き比べをしました。評論家筋でも評価が分かれているこの作品、聴いた12枚では、ベストはカラヤン指揮フィルハーモニア管でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニスと焼肉&和菓子

昨日3日は、前の会社の人たちとテニス。かつては週1は欠かさなかったテニスも、最近は月1がいいとこ。今年はまだ3度目。。。かなり寒かったけど、5人で2時間、みっちり試合して、身体はぽかぽかな感じ。アフターは4人で、沖縄&奄美の「由ら」が満員だったので、隣りの「牛角」へ。韓国人のKさんと韓国通のMさんには物足りなかったと思うが、テニス&ビール&焼肉は最高で、23:30まで飲み食いしました!

4日の今日は、成城の和風喫茶「あんや」で、和菓子でお茶。娘と「冬のソナタ」(もう何度目だかもわからないけど)を見て。。あ、「うたばん」に大塚愛が出てきたので見なくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から

GWいかがお過ごしですか? 遅ればせながら、ブログをスタートします。1960年代以降の、音楽、テレビ、マンガ、スポーツなどのエンタメ系のことや、クラシック音楽を中心としたライヴのコメントなんかを書いていきたいと思ってます。よろしくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »